ナトホ

ミステリ新人賞

2019/05/06 (Mon) 14:58:14
1月末日 江戸川乱歩賞(講談社)350~550枚/30字×40行で115~185枚
2月末日 アガサ・クリスティー賞(早川書房)300~800枚
3月31日 新潮ミステリー大賞(新潮社)350枚以上
3月31日 ミステリーズ! 新人賞(東京創元社)30~100枚
5月10日 ばらのまち福山ミステリー文学新人賞(原書房・講談社・光文社)350枚以上800枚
5月10日 日本ミステリー文学大賞新人賞(光文社)350枚から600枚
5月31日 「このミステリーがすごい!」大賞(宝島社)40字×40行で100枚~163枚
9月30日 横溝正史ミステリ&ホラー大賞(KADOKAWA)40字×40行で50枚以上175枚
10月31日 鮎川哲也賞(東京創元社)360~650枚/40字×40行で90~162.5枚
11月30日 小説推理新人賞(双葉社)80枚以内
Pass :
ナトホ

Re:レス

2019/09/16 (Mon) 14:51:31
たみぃさんって、悠々自適な暮らしをしてるのかと思ったら、働いているんですねー。
多趣味なのに、すごいなぁ。

パスワードの確認、ありがとうございます。
これで安心して、たみぃさんの感想を待つことができます
Pass :
たみぃ

レス

2019/09/15 (Sun) 22:40:57
>ここまで書いてもらって、やっとわかった
>それって、わかったうちに入るのだろうか?

大丈夫だと思います。(いや、別にギャグの経験値を積む必要はさらさら無いんですけど)理想は砒素というワードが出て、『大きな声では言えませんが』ですぐに「言うと思った」くらいになれば免許皆伝です。『大きな声では言えませんが』で「なんでだろ?」と思ってから考えて判れば充分です。そしてヒントを読んで何とか判ったならギリギリ合格です(何故か偉そう)DAIGO風に『HSHS話』までのヒントを出しても判らなければギャグとは無縁の人生を送る事をお薦めします。

>ブログを読むのにパスワードが必要かどうか

はい。パスワード要求はありますよ。
一度設定したら変えない限り、その仕様のままです。
でも何かでいじって意図せずに変わってしまうケースもありますので
不明な点はどんどん聞いてくれればOKです。

>とりあえず小説ミッションに貼ります

凄いですね。1投稿で484枚分の文字が貼れるんですね。早速読みますと言いたい所ですが、明日は祝日「敬老の日」にもかかわらず、私は仕事です。年寄りを労わらない会社なんです(しくしく)
Pass :
ナトホ

三ツ島

2019/09/15 (Sun) 15:36:07
とりあえず、最後まで見なおしましたー
妹子ちゃんが新旧のメリーポピンズの映画を観たり、その他いろいろなテレビ番組がついていたりしたから、頭の中がこんがらがったけど、送っちゃいます
(ここではたみぃさんですね。となると、送るのではなくて、貼ればいいだけかな とりあえず小説ミッションに貼ります。それと申し訳ないのですが、ブログを読むのにパスワードが必要かどうか、確認してもらえますかその設定画面がわからなくなってしまいました。わたしはパスワードなしでも読めるので、ときどき心配になります。。。)

1話「弟」/2月の終わりのころ(72枚)
2話「マジシャン」+鶏と卵の密室事件/4月(97枚)
3話「地蔵」+別荘争奪戦/5月の終わりころ(99枚)
4話「泥棒」+リゲル王子の話/夏(62枚)
閑話「兄」/秋 (19枚)
5話「策士」+ウサギとカメ/11月の終わりころ(135枚)

全部で、484枚でーす

ちくわさんへ
セリフチェックのほうは、しばしお待ちください。
というか、ちくわさん、九月末締め切りに出しますよね
そのあとのほうがいいかな
でも、台詞を抜き出したら、送るだけでも送ります。
それとも、484枚をどこかの時点で読んでいただくことはできるでしょうか
と書いてみたものの、きっと大変なはずだから、台詞だけのほうがいいですよね。
四話・閑話・五話のセリフであります。
よろしくお願いいたします。
Pass :
ナトホ

Re: シアバター

2019/09/15 (Sun) 15:20:34
愛用していますが、
最近、使ってなかったせいか、
全然全然、わからなかったー


しや→しあ→しかも省略
しわ→しあ→しかも省略
高度すぎます

たみぃさん、すごいなぁ
Pass :
ナトホ

Re: バター

2019/09/15 (Sun) 15:14:26
>という会話が成されたんだけど、説明なしでは分からないかもじゃ。

絶対にわからーーーーーん
Pass :
ナトホ

Re:POISON

2019/09/15 (Sun) 15:12:56
>何故かと言うとそれは「〇△〇△話」だからなんです!

ここまで書いてもらって、やっとわかったー
(それって、わかたうちに入るのだろうか ほぼ答え)
Pass :
匿名ちくわ

Re:ミステリ新人賞

2019/09/14 (Sat) 14:56:40
>生活に染み付いたものが共通認識としてある前提で成り立つのでは
無いかと推察されます。

すばらしい! 

>『最近、顔のあちこちにシワが増えて
困っちゃう』と言っても同じように『バターでも塗っとく?』って
言いますか?」

言う!♪

長く一緒に暮らしていますとじゃね、符丁やらツボやら、そんなものが生まれるざんしょ? ほかの人が聞いても「それ、なんが面白いと?」と思えるようなものじゃね。横井正一やパウロ・コエーリョやイライザ・ドゥーリトルみたいな。

というわけで、たみぃさんの例えは正鵠を射てるんじゃな。

これね「シアバター」という油脂製品がらみのギャグなのでした。
なので「皺」でも使えるというわけじゃ。

以上、答え合わせしてみたらつまらない事象なのでした。ちゃんちゃん♪
Pass :
たみぃ

Re:バター

2019/09/14 (Sat) 08:07:38
>「最近、気のせいか視野まで狭くなってきたような気がするよ」
>「そりゃ大変だねえ、バターでも塗っとく?」
>あっはっは。

これは難解です。いわゆる難解ホークスってヤツです。
お二人の中では普通に通用するギャグなので地域性のものか
生活に染み付いたものが共通認識としてある前提で成り立つのでは
無いかと推察されます。
我が家の経済レベルでは想像も付かない事ですが
ひょっとしてちくわ家ではあのバターを使っているのかも知れません。
そこで探偵は探りを入れます。
「ちくわさん、もしも奥さんが『最近、顔のあちこちにシワが増えて
困っちゃう』と言っても同じように『バターでも塗っとく?』って
言いますか?」
そう思っても、とても言えないかも知れませんが(笑)
Pass :
匿名ちくわ

Re:ミステリ新人賞

2019/09/13 (Fri) 23:28:43
うむ。(えらそー)

妻が斜視になっちゃってやね、ものすごく目が疲れるらしい。
この世にはプリズム眼鏡というものがあってじゃね、それで矯正できるかどうか、17日に判断が行われるのじゃったよ。

「最近、気のせいか視野まで狭くなってきたような気がするよ」
「そりゃ大変だねえ、バターでも塗っとく?」
あっはっは。

という会話が成されたんだけど、説明なしでは分からないかもじゃ。
きっとこういうのが親父ギャグの耐性(というか単なる堕落)なんじゃないのかな。
おやじギャグの道は平坦ではないのだな。
Pass :
たみぃ

POISON

2019/09/13 (Fri) 21:46:39
>久し振りの生オヤジギャグに脳が対応できてなかった

ハイソサエティと思われるナトホさんの良い環境を忍ばせますね。

>うっすらたみぃさんのせいにする

いやいや、そこはちくわ師匠と責任分担で。

>たみぃさんとちくさんが呟いてくれないと、日常的に聞くことはできない貴重な体験だったり

普段から毒(おやじギャグ)に晒されていれば
それなりに耐性が付くと言います。これはやはり
私とちくわ師匠の不徳の致す所です。反省。

大きな声では言えませんが、丁度、読んだミステリで
「砒素」に対する耐性の有無が検討されます。
タイミング的にバッチリな話題なので、ここで小声で呟きます。
後ほど感想はアップしますが、少しずつ習慣的に砒素を摂取していると
毒に対する耐性が付いて同じ毒を飲んでも相手だけを殺害できるという
ミステリではお馴染みのお話です。

さて、この文を読んでナトホさんは違和感を感じたでしょう。
何で「大きな声では言えない」とか「小声で呟く」とか私は言っているのでしょう。
それはナトホさんからの要請に応えて、早速、ギャグを繰り出した結果なのですが、ギャグ耐性が弱っているナトホさんではきっと読み解けないでしょう。(若干高度なので)
そこで今回はヒント付きの大サービスです。

この砒素に関する話は小さな声でこっそりするべきなのです。
何故かと言うとそれは「〇△〇△話」だからなんです!

師匠、こんなモンでどうでしょう?
Pass :
ナトホ

Re:まさかの

2019/09/12 (Thu) 08:16:06
ひょえ~。

久し振りの生オヤジギャグに脳が対応できてなかったー。
(↑うっすらたみぃさんのせいにする)

>そりゃ、あかんわ。
>・・って答えちゃいますよね。一応、作法として。

たみぃさんって「あかん」を使うんだー、とちょっと思いました。
あかんって、西日本のイメージです。

それと、作法って?
突っ込む作法 とは思ったのですが、それ以上、頭が作動しなかったー

避難梯子とカメラの存在には気づいたのだけど、それがトリックに使われるとは思いもしなかったダイゴーみたいだー(←「策士」より)
定期的に、オヤジギャグを呟きに来てくださーい
たみぃさんとちくさんが呟いてくれないと、日常的に聞くことはできない貴重な体験だったりして





Pass :
たみぃ

Re:まさかの

2019/09/12 (Thu) 00:37:20
>ややこしいけど、結局、いいってことでしょうかね

解説不要の山なりスローボールのつもりでしたが
まさかのキャッチボールエラー!?

失礼しました。解説を入れますね。

そりゃ、あかんわ → そりゃ、あ(閑話)
作法としては → (おやじギャグの)作法としては

という事です。
確かに関東圏では「あかんわ」という話し言葉は通用しにくかったかも。
なので、
「ホントは」以降だけレスとして受け取って下さい。

Pass :
ナトホ

Re: 閑話

2019/09/12 (Thu) 00:21:06
ううーー

ややこしいけど、結局、いいってことでしょうかね
外すのは簡単なので、とりあえず入れておくことにします。


1話「弟」/2月の終わりのころ(72枚)
2話「マジシャン」+鶏と卵の密室事件/4月(95枚)
3話「地蔵」+別荘争奪戦/5月の終わりころ(98枚)
4話「泥棒」+リゲル王子の話/夏(62枚)
閑話「兄」/秋 (19枚)
5話「策士」+ウサギとカメ/11月の終わりころ(133枚)

およそ480枚です
(なんか増えてるー)

もう一回、ざっくり読み直したら、送りますねー
Pass :
たみぃ

Re:閑話

2019/09/11 (Wed) 23:50:29
>閑話として入れるなんて、どうかな

そりゃ、あかんわ。

・・って答えちゃいますよね。一応、作法として。

>ど、どうでしょう

いや、ホントは全然、構わないと思いますよ。むしろ良いかも。
最終話にかかる比重(期待)はさらに増しますね。うん、うん。
ここ(最終話)の着地を決めれば全て良し!です。
Pass :
ナトホ

Re:

2019/09/11 (Wed) 08:52:12
閑話だ、閑話ー

閑話として入れるなんて、どうかなー
その場合は、

1話「弟」/2月の終わりのころ(72枚)
2話「マジシャン」+鶏と卵の密室事件/4月(95枚)
3話「地蔵」+別荘争奪戦/5月の終わりころ(98枚)
4話「泥棒」+リゲル王子の話/夏(およそ62枚)
閑話「兄」/秋 (およそ20枚)
6話「策士」+ウサギとカメ/11月の終わりころ(およそ132枚)

各話のタイトルとしては。

一 弟
二 マジシャン
三 地蔵
四 泥棒
閑話 兄
五 策士

ど、どうでしょう
Pass :
ナトホ

三ツ島

2019/09/11 (Wed) 08:32:15
5話「兄(夕陽)」をやめて、「ウサギとカメ」を「策士」にくっつけて、これを5話にする。

やってみましたが、これもいいかもと思えました。まだ冒頭部分しか見直してないけど。
しかしながら、5話「兄(夕陽)」を間奏曲的に、間奏話としていれてみるのもいいではないか
「間奏話」という言葉で検索したら、ヒットしないので、造語になっちゃうけど

そういうヤツなんていうのかな
話の間に入っている、ちょっとした小話。。。
(苦し紛れな感じもするので、やめたほうがいい)
Pass :
ナトホ

5話「兄(夕陽)」

2019/09/09 (Mon) 22:10:36
5話が40枚しかないんですよねー、と知人に話したことがあるんです。
そしたら、5話をやめるっていう選択もあるよ、と言われたりもしたのですが、
5話は削れないんですよねー、と答えました。

でも、5話をやめるというケースも考えてみようかな、とも思いました。
なんでやめられないと思ったのかと言いますと、
5話の「夕陽」に出て来る「兄」と主人公のダイゴーを被らせたかったからです。
妹のために頑張っているのだけど、逆に妹に心配をかけていた、という点ですね。
そして、「ウサギとカメ」の推理クイズのほうの流れで、6話の民宿へ行くということになる。

「夕陽」はあきらめて「ウサギとカメ」の推理クイズを6話の枕話にするという手もあります。
その場合は、「ウサギとカメ」が6話の事件にどのように関わってくるか

そこが今のままだと、あまりないでーす。
5話のほうの話になつてるし。
6話にもってくると、ウサギが妹のために寝たフリをした、という部分を活かすこにとなるのかなー

ダイゴーが睡眠導入薬で寝ている間に、牛沢が活動してるっていえばしてるのでありますが。。。

「夕陽」をやめて、6話の冒頭に「ウサギとカメ」をつけるとどうなるか
ちょっとやってみようかなー
Pass :
ナトホ

5話「兄(夕陽)」

2019/09/09 (Mon) 17:41:59
4話はさらっと見直して終了です

それでいよいよ難関の5話です。
40枚くらいしかないので、どーしよーか、という感じです。ところでこの話に出て来る妹の病名、どうしよう
実際には書かなくても決めておかなくては、と思ったのですが、
前にも考えたことを思い出しました。
何かの病気の治療法を検索して、新しい治療法を試すんだったら、先生からお話があったあとに、これくらいの期間で始めるだろうな、というぎりぎりの日程で話の進行を考えたことを思い出しました。それで最初の話からちょっと日程の設定がずれているのです。
しかーし、何の病気にしたのか、忘れましたー
きっと忘れないようにどこかに書いたはずだけど、小説ミッションにもブログにもない。。。

何かをイメージして日程調整したのだからいいかな
それにしても、今の形だとやっぱり40枚です。
無理に膨らませてもしょうもない。

最終話へのステップとして、とりあえず、このままでいくか。。。
作品を読んでくださるとき、この点につきましてどう思うか、
よろしくお願いいたします。
(ここを読んでる人でお願いするのは、今のところ、たみぃさんだけでーす[e:420)

最終話に進みます



Pass :
ナトホ

3話「地蔵」

2019/09/09 (Mon) 09:20:19
これは先月テキストに提出するために書き直したばかりなので、ちょっと直しただけで済みました。というより、自分ではもうよくわからないです。

なので、4話に進みまーす

1話「弟」/2月の終わりのころ(72枚)
2話「マジシャン」+鶏と卵の密室事件/4月(95枚)
3話「地蔵」+別荘争奪戦/5月の終わりころ(98枚)
4話「空き巣+傘」+リゲル王子の話/夏(およそ62枚)
5話「兄(夕陽)」+ウサギとカメ/秋 (現在およそ40枚)
6話「策士」/11月の終わりころ(およそ108枚)

合計でおよそ475枚
Pass :
ナトホ

2話「マジシャン」

2019/09/08 (Sun) 17:02:56
一応、2話「マジシャン」を最後まで書きました
少し時間をおいて、読み直す必要はありますが、とりあえず

1話「弟」/2月の終わりのころ(72枚)
2話「マジシャン」+鶏と卵の密室事件/4月(95枚)
3話「地蔵」+別荘争奪戦/5月の終わりころ(およそ97枚)
4話「空き巣+傘」+リゲル王子の話/夏(およそ62枚)
5話「兄(夕陽)」+ウサギとカメ/秋 (現在およそ40枚)
6話「策士」/11月の終わりころ(およそ108枚)

合計でおよそ474枚
着々と少しずつ増えてます。
減るはずだったんですけどねー

次は、3話「地蔵」+別荘争奪戦です
これはですねー。
確か、ここにメモしたような。。。

3話「地蔵」
●これはとくにトリックはない話。
●謎はある。
2話の講評聞いてあらためて思ったことは、メインの解答となる問題について、最初から書く。
ジローはユウコが抜け道を通ることを阻止ししたかった。
それを明確に書く。
ラストは、なぜ、阻止したかったという形になっているので。
理由については、最初の時点では「校則違反」とし、後にほんとうのことがわかる、という形でいく。ただし、「校則違反だからダメなのか」と読者がちょっと思うように書く。
●ちょっと長い枕話については、「イエスorノー」のやりとりを、途中の研さんのヒントのところと、ラストでのダイゴーVSジローのところでしつこく使ってるから、ゆるしてください ということにする。全体から見たら、研さんの過去について書いてる、という形になってるし
●時朗と結子の母親たちが、仲良かった、というところをチェック。
事故のあともときどき会っていたというところが自然かどうか。

結子の家はわざわざ引っ越したけど、時朗母子とはときどき会っていた、ということになってます。そこが大丈夫かどうか、次に書き直すときに確認します。

*****************
この話のチェックポイントは、読者が考える「謎」を最初のほうで明確にするってことかなー

2話よりも早く見直せると思いますので、がんばりまーす
Pass :
ナトホ

Re: 方言

2019/09/07 (Sat) 07:29:21
ありがとうございます

>「おお、なかなかいいとこをつくやん」

「やん」のパターンの存在を忘れてました
これは、姫路出身の知人がよく使ってるので、なんとなく混ぜやすいです。
今度、使ってみよう。←適切かどうかはなぞ

>この文は割といいす。

前にちくわさんが考えてくれたセリフに、後ろの文を足しましたので
「使えりぃ」はちがう! と思ったのですが、「使いぃ」は思いつかなくて、検索してもわからなかったので、とりあえず書いてみました。

そうかー、「え」もとるのかー。
他のパターンから考えると、その通りなのに気づかなかったー。残念。

ありがとうございました。
Pass :
匿名ちくわ

Re: ミステリ新人賞

2019/09/07 (Sat) 00:18:04
>「なかなかいいとこをつくっちゃ」

「おお、なかなかいいとこをつくやん」かな。「ちゃ」は多いんだけど、このケースではちょっと違う。

>「時間はあるっちゃけ。おまえなら、必ずできるけ。鶏の親子関係に注目した感性を使えりぃ」

この文は割といいす。ただ最後の「使えりぃ」は使わないカタチじゃな。
「使いぃ」或いは「使いいばい」じゃな。
Pass :
ナトホ

Re: 方言

2019/09/06 (Fri) 14:49:20
またまたすみません。

 その夜、研さんに文句を言うと、
「鶏の謎事件では、ダイゴーが余計なこと言わんやったら、多緒はキャビネットから出てこんやった。時間があったならきっと謎は解けたやろう」と仏のような笑みを浮かべた。
「しかも密室トリックで、鶏の親子関係に注目するとは、目のつけかたがよか」←ココ
「注目だから、目のつけかたですか」
「いや、ほめてるだけや」←ココ
 どうやら普通に言ったらしい。
「アパートの謎は?」
「若い娘の恋愛問題は、若いものに任せる」
「恋愛問題?」
 密室の謎じゃないのか?
 ダイゴーは美希の話を思い返す。
 もしかして、彼氏のことを疑ってるとか?
「オレ、無理っす」
 女の子の恋愛問題に対応するのが無理だし、「彼氏への疑惑」に気づかなかった。
「時間はあるっちゃけ。おまえなら、必ずできるけ。鶏の親子関係に注目した感性を使えりぃ」←ココ
 できる、できる、できる……、と研さんが目の前で人差し指を振る。繰り返し言われると、できるような気がしてきた。
Pass :
ナトホ

ちくわさん

2019/09/06 (Fri) 14:17:28
4話以降の方言チェックは、後日、まとめてお願いいたします。
(新人賞の締め切りとかもありますよね。)

その前に3話までの追加のセリフの方言チェックを、ちょこちょこお願いします。

2話「マジシャン」より

「密室……。しかし殺人事件じゃなくて、逆にヒヨコが生まれていた。深い意味がありそうですねえ」(←ダイゴー)
 適当に軽く言ったら、
「なかなかいいとこをつくっちゃ」と研さんがにっこりした。←ココ
 オヤジギャグとしては真っ当すぎる気もして、ダイゴーは照れる。
Pass :
ナトホ

Re: 2話「マジシャン」

2019/09/06 (Fri) 11:51:39
(ほとんどの人たちにとって、意味不明の記事ですみません。)
美希が研さんにどこまで相談したのか考えます。
それによって、研さんのアドバイスが変わってきます。

ダイゴーに対する相談
①密室の謎について相談した。侵入できるのかどうか?
➁当日、現場で、美希が事情を説明。

研さんに対する相談
①密室の謎について相談した。侵入できるのかどうか?
→普通に考えて、研さんは亮に事情を聞きますね亮が侵入したのかどうかを疑っているとすぐにわかるし。
➁亮は事情を説明する。
③ダイゴーを挟むことによって、日にちを稼げる

わー、これはもう研さんの策略でもある

って、今頃、気づくなよー
薄々は感じていたのではありますが。。。

よーーーし、これで行こう

鶏と卵事件も活かせるけど、
研さんの策略まで、うまく書けるかなー

がんばりまーす
Pass :
ナトホ

Re:2話「マジシャン」

2019/09/06 (Fri) 11:21:28
第2週の飲み会を週末じゃなくて水曜日にしたら、4月中におさまりましたー

4月
第1週、亮と母親が会ってるところを目撃される。
第2週、杖道の会の飲み会で、美希がその写真を見る(水曜日)。
第2週、引き出しの中を見るな、と言う。→部屋への侵入疑惑(土日)。
第3週、研さんに相談(水曜日)
第3週、鶏と玉子密室事件(日曜日)
第4週、美希が三ツ島に来る(水曜日)。
第4週、美希のアパートへ行く(土曜日)
Pass :
ナトホ

2話「マジシャン」

2019/09/06 (Fri) 11:11:40
いろいろな出来事を具体的に並べてます。
4月の最初に、事件がスタートすると、美希が三ツ島に相談してにくるのが、5月の連休に突入してしまいます。
3月にスタートをずらすか、5月にスタートさせるか、考えます。
Pass :
ナトホ

Re: 奇跡のまち

2019/09/04 (Wed) 14:02:45
奇跡のまち、と市役所がホームページで謳っている、と書くと、自画自賛しているみたいですが、実際には、奇跡のまちして国内外に紹介されるようになった、と書いてあります。他の人たちがそう言ってるんだぞ という感じですね。

ま、いいかー。
その市役所に気を遣った細かいところのニュアンスは、受賞してから考えよう

出版できて売れたら、感謝されて招待されることはあっても恨まれることないでしょう。
って、まずは締め切りまでに応募で、次は一次予選通過が目標です 
Pass :
ナトホ

1話冒頭

2019/09/04 (Wed) 13:55:57
 東京、大阪に次ぐ都市といえば、福岡である。
 と信じている地元民はかなりいる。その間に他の都市もあるはずだが、意識の中からなぜか抜けている。この場合の福岡は福岡市を指す。ところでこの県の第二の都市は北九州市で、両市ともに政令市である。
 北九州市は本州から関門海峡を渡ったところに位置し、明治時代に八幡製鉄所が操業を開始して以来、工業都市として発展した。しかし海も川も空もきれいである。市民、企業、行政の一体となった取り組みにより、環境再生を果たした奇跡のまち、と市役所がホームページで謳っている。
 会社をやめて自転車の旅に出たダイゴーは、東京から一か月近くかけて、この地にやってきた。

こんな感じでやってみようと思います。

で、1話はだいたい書き直したので、2話に進みまーす
Pass :
ナトホ

Re: 校正作業

2019/09/02 (Mon) 08:01:47
たみぃさん、ありがとうございます!

誤字脱字などだけではなく、内容にも触れていただけると嬉しいです。

ここでこう書いているのに、あそこでああ書いている、なんてことはよくあるし、
普通に考えてそれはなっしょー、なんてことも書いてしまったりするので

最近みつけた例。

「あなたは彼が家族のことを庇ってると言いましたよね」←というような台詞かあるのですが、「あなた」は「家族のことを庇ってる」と言ってませんでしたー
似たような発言はしているので、言わせたつもりになってましたけど。ということで、言わせました

それからダイゴーが現地に到着した時期も変更する予定です。
怪我の治り具合をカレンダーつくります。
(実際にケガした人のブログを見て、たとえば松葉杖はいつごろ片方になって、いつごろとれたとか。杖はどけくらい使ったとか、日にちを確認。)

法事のために親族が集まるという設定だったのですが、無理があるので、やめました。
そうなると、卓也が実家に帰る時期を11月末にするのは、どうしたらいいんだ? 
やっぱり普通に年末年始とか?

もしくは、百回忌だったとか。
11月末に百回忌があるから実家に帰ることを2月2月までくらいの時期にダイゴーの妹は卓也に聞いていた。百五十回忌とか二百回忌とかのがもっと「おいおいー」という気がするからいいかな二百回忌という純文系作品あるけど。

だからそれに向けてダイゴーは旅立ったのですが、事故に遭ってしまい、年末年始も無理だった。

それだったら、今年は法事がなくて済むから、いい。
そうなると、その法事のことも触れないダメかなー。
小説の『二百回忌』は親戚で持ち回りでやってるという設定だったことを思い出したこれはね、ご先祖さまの霊たちも集まるというとんでもない話なんですが

やっぱ百回忌にしておくか。これだって十分にすごいー


 
Pass :
たみぃ

校正作業

2019/09/01 (Sun) 23:34:13
原稿の形はどんなでもOKです!
Pass :
ナトホ

Re: ミステリ新人賞

2019/09/01 (Sun) 21:57:53
たみぃさん、よろしくお願いします。
全体的に書き直したら、読んでいただきたいのですが、
「小説ミッション」にアップするということでよろしいでしようか
Pass :
たみぃ

Re:ミステリ新人賞

2019/08/31 (Sat) 08:11:25
ナトホさん。何もお手伝いできなくて申し訳無いです。
私の能力から言って、一番活躍出来そうな工程はダントツで
「校正」です。書き直す前でも、後からでも良いので
文字校くらいは是非、お手伝いさせて下さい。
Pass :
ナトホ

Re: 6話「策士」

2019/08/30 (Fri) 10:15:36
直近に書いたところを見直しました。
やっぱり変なところがあって、書き直しました。
1095行だから、110枚ですね
昨日、108枚と書きましたが、そのときすでに109枚でして、つまり1枚増えました。

次は、6話「策士」を最初から見直します
Pass :
ナトホ

Re: 6話「策士」

2019/08/29 (Thu) 09:56:03
8月28日12:24
>93枚になったけど、話が終わらなーい
と書いてますね。そして、
8月28日16:43
>現在、102枚です
9枚書いたんだ。すごいなぁ
って、およそ4時間で9枚だから、別にすごくないか。。。
時速2枚か3枚くらい。通常通りですね。
他のことをやったりもしてたけど。

その後、夜は寝てしまいました。。。
でも、朝、書いたので、とりあえず最後までいきましたー

およそ108枚でーす。
内容は怪しいでーす。

今後の予定

6話「策士」を見直す。
全体を見直す←特に第1話。
4話から6話のセリフを抜き出して、ちくわさんに送り付ける。じゃなかった、方言チェックを丁寧にお願いする。
9月に読んでくれる知人をゲットしてるので、送る。この時点ではざっくりとしか見直せてないし、方言チェックもまだの状態です。安心してください。ちくわさん。

そこで、たみぃさんに質問なのですが、どのタイミングで作品を読んでいただけるでしょうか
知人に読んでもらって書き直してから、とも思ったけど、10月末に応募するんだったら無理ですよねー。
と書いて気づいたのですが、10月に書き直したものを読むなんて、たみぃさんじゃなくても誰でも無理でしたー



Pass :
ナトホ

Re: 6話「策士」

2019/08/28 (Wed) 16:43:18
現在、102枚です
事件は解決したので、全体の締めくくりにはいりまーす。

全体の話
①ダイゴーが自転車の度に出た件→妹の元彼の松原卓也との対決。
➁ダイゴーの美音さんへの恋心の行方。

二つもあるんかー
Pass :
ナトホ

6話「策士」

2019/08/28 (Wed) 12:24:13
93枚になったけど、話が終わらなーい
でも、もう少しです。
謎解きはほぼ終わったので、あとは事態の回収です。

それと連作短編全体としてのラストです。
こっちはまだ全然です

このままだと、百枚を超えそうですが、超えたら超えたで、あとで削ります。
百枚以内にしなければならないということはないのですが、余分なことをたくさん書いていそうです。逆に足りないところもありそうだけど。。。
とにかく頑張りまーす
Pass :
ナトホ

Re: 6話「策士」

2019/08/21 (Wed) 23:00:42
『カメラをとめないで』という映画をついに観ましたー
案外、面白いよー、という人たちがいるので、見たいなー、と思ってたんです。
それと、6話「策士」はカメラが回ってますからねー

そうなんです。
映画撮影シーンがあります。
撮影したことないし、困ったなぁ、と思いつつ、うやむやにしていたのですが、自主制作映画の作り方の記事をみました

三ツ島の場合、カメラマンが二人と照明一人にしてみたんですけど、
照明なしでもいけるかも、と思えました。
照明に拘るより、完成させることのほうが重要とあります。
だって、照明を入れるとしたら基本的には3つ必要みたいだし
そもそも照明ってとっても難しそう。
それに、カメラマンが二人いて、互いに撮ったりもしてるのだから、照明の位置が固定されていいのか
いやいや、もしかして照明がいるってことに意味があるのかも
やっぱりそのままにしておこうかなー
(ちなみに「カメラをとめないで」には照明がいない気がしました。)

ダイゴーたちが訪れた松原家の広間で宴会をやつている人たちのメンバーは、
主人…ポアロ
主人の妻
主人の義弟(客)…コロンボ
主人の姉(客)
主人の娘
主人の息子…若きコロンボ
カメラ1…ホームズ
カメラ2(主人の甥)
照明…金田一
ダイゴー…ワトソン
牛沢
元刑事(客)

短編のクセして、人数多し
Pass :
ナトホ

Re: 6話「策士」

2019/08/21 (Wed) 03:01:48
現在、47枚でーす。
他のところにも書いた通り、事件はまだ起きてませーん
Pass :
ナトホ

6話「策士」

2019/08/16 (Fri) 01:24:24
1日4枚以上書く ということを目標にしました。
8月末までに書くという目標を達成するのは無理だーと思っていたのですが、現実を直視して枚数を数えてみたら、1日4枚書けばいけました
ただ、書けない日もあるはずなので、4枚以上を目指します。

この枚数は、6話「策士」を90枚と設定してます。実際に何枚になるかはわからないのですが、それくらいあったほうがいいだろうな、と思いました。
今日、どうにか4枚書いたので、現在は28枚です。

話の流れとしましては、
まず主人公のダイゴーと牛沢が、民宿に行きます。
広間での宴会に参加します。
そして翌朝、民宿の主人である辰三が蜂に刺されてアナフィラキシーショックを起こしたことがわかります。
部屋に蜂がいることが不自然なので、誰かが仕組んだのではないか、ということになります。
これが、今回の事件なのでありますが、事件が起きるのは翌日ということになるので、それまでが長くなってしまいます。
最初に、事件を書いて、前日に話を遡らせるという方法もありますが、他の話はみんな順番通りにやっているので、これも時系列でいこうと思ってます。

と書いて、今、気づいたのですが、他の話は相談者がやってきて、相談事を持ち込みます。
でも、この話はちがうんです。
それでも、民宿へ向かう車の中で、牛沢がダイゴーに「仕事」を頼むから、それを相談ぽくしようかな
その点につきましては、明日、考えます。

28枚書いた時点では、まだ宴会中です。
このあとに、書こうと思ってることがいろいろあるので、明日の朝になるまであれこれある。
●宴会では、辰三が参加者全員についての問題を指摘する。←動機になる。
●宴会の後、辰三は離れに行く。そのときダイゴーに裏庭を見せる。
←人の出入りと部屋にあるものをダイゴーが見ることによって、翌日、推理する。
●ダイゴーが宿泊する部屋をチェックする。←翌日の推理の伏線となる。
●寝る前に、牛沢とダイゴーが話をする。←連作短編全体の話に繋がる。
やっぱり事件が起きるまでが、長いかなぁ。
とにかく書きまーす
Pass :
ナトホ

6話「策士」

2019/08/11 (Sun) 18:42:58
ちょっと書き始めてますが、難し―

短編映画の撮影現場に、ダイゴーは行くことになるのですが、
その映画について、牛沢がダイゴーにどれくらい説明すべきなのか

話(事件)が始まってないのに、長々と書くのは今ひとつだけど、伏せておくのはきっと読者にとって今ひとつだろうなぁ。
大事なことを隠すのはよくない。
犯人か自分の犯行を隠すのはいいでしょうけどねー。

よし
やっぱりテキパキと説明しよう

Pass :
ナトホ

3話「地蔵」 メモ

2019/08/11 (Sun) 00:15:04
提出したりすると、そういえばあそこ と思うことが出て来るんですよねー。
というわけで、今、気づいたことをメモしておきます。

●時朗と結子の母親たちが、仲良かった、というところをチェック。
事故のあともときどき会っていたというところが自然かどうか

結子の家はわざわざ引っ越したけど、時朗母子とはときどき会っていた、ということになってます。そこが大丈夫かどうか、次に書き直すときに確認します
Pass :
ナトホ

3話「地蔵」

2019/08/10 (Sat) 22:15:15
やっと教室に提出しましたー(^^;)
日にち的にやばいけど(8月末までに最後まで書く)、出せたのでよかったです

1話「弟」/2月(およそ70枚)
2話「マジシャン」+鶏と卵の密室事件/4月(およそ89枚)
3話「地蔵」+別荘争奪戦/5月(およそ97枚)
4話「空き巣+傘」+リゲル王子の話/夏(およそ62枚)
5話「兄(夕陽)」+ウサギとカメ/秋 (現在およそ40枚)
6話「策士」/11月

次はとにかく、6話「策士」ですが、翻訳をちくわさんにまとめてお願いすると申し訳ない気がするので、近々、4話と5話の方言チェックをお願いしますね。この2つは、割と少ないです。5話は書き終えているとは言えませんが、とりあえずです。6話は、地元の人がいっぱい出てるので、多いかも。でも、まだ書いてないので、どうすることもできません

ところでちょっと前に、『よろずのことに気をつけよ』を読み始めてしまったので、最終話に行く前に、これを読みまーす
Pass :
ナトホ

Re: ちくわさん

2019/08/09 (Fri) 09:29:07
ありがとうございました
とても助かってます。

地蔵は3話で、三ツ島シリーズは6話まであるという、申し訳ない問題もありますが、
とにかくこれを早く教室に提出できるように頑張ります。
方言や他の部分も含めて最後まで書き直しましたので、もう一回くらい見直したいと考えてます。


Pass :
匿名ちくわ

Re:ミステリ新人賞

2019/08/08 (Thu) 23:12:01
伝聞であるならばじゃね。
「古い民家がいいて若いもんやら外国人の観光客まで来るらしいとよ」
でオッケーかもじゃ。

よくわからないままで翻訳した部分あるので、背景が違うみたいなとこはどんどん指摘してくださいな。
Pass :
ナトホ

ちくわさんへ

2019/08/07 (Wed) 11:07:53
すみません。「質問」を入れなかったため、状況が不明のまま、お願いしてしまったところがありました。

三ツ島酒店にきた研さんの後輩たちが、研さんとは同学年の映研の松原さんについて、ダイゴーと話しているところです。ダイゴーの旅の目的は、松原海岸で民宿をやっている松原屋に行くことでした。なので、ここで話に出て来た松原海岸の松原さんが、民宿をやってる松原屋の松原さんなのかどうか、探りを入れてます。その結果、目的の松原さんだとわかったのですが、読者には松原海岸についてのただの会話に見えてるところです。

ダイゴー「「じゃ、その映研の松原さんも農家やってるんですか」
研さん後輩「そうね。けど、民宿もやっとるね。古い民家がいいと若いもんや外国人の観光客もくるんよ」←松原海岸には、若いやもんや外国人の観光客もくることは地元民の一般的な知識として知っているが、松原屋に宿泊することは、先輩である松原さんから聞いて知っている。つまり、高校時代の部活の先輩からの伝聞なのですが、どうでしょうか?(とくに末尾)
研さん後輩「松原さんとこの風呂は、鉱泉やけ。兄ちゃんも行ってみたら?」
「ぜひ、行きたいですねー、そのうち」
 ダイゴーは松原海岸の松原屋についてはインターネットで調べていた。旅のサイトでも紹介されているし、ホームページもあるのだ。けれども主が研さんと同窓生だったとは驚いた。知り合いだなんて面倒だから、松原屋に行きたいことは秘密にしようと考える。

Pass :
ナトホ

三ツ島第1話

2019/08/06 (Tue) 10:54:03
3話を見直す前に、1話の冒頭を変更することにしましたー。

日本のどこか、という感じで書いていたのですが、北九州が舞台だってことにしようと思います。
北九州をモデルにした架空の街なんですけどね

というわけで、最初に北九州だと書いたのちには、地名は書いてないです。
それでも大丈夫かな
Pass :
ナトホ

3話「地蔵」

2019/08/06 (Tue) 09:06:30
ちくわさんが翻訳してくれたので、全体的に書き直してから、教室に提出しまーす

ところで、ここのタイトルに3話「地蔵」と入力したら、3話「地蔵」メモと表示されました。
おおーー。前にそのタイトルで記事を書いたらしいー。って、「地蔵」を書き直すときのためのメモだ

メモしたな、とは思っていたんですけど、ある意味、忘れてました。。。
どの話でメモしたとか
これから、見に行きまーす
Pass :
ナトホ

Re: ミステリ新人賞

2019/08/04 (Sun) 17:18:41
プロットできてないけど、書き始めることにします。書いてるうちに何か思いつくかもー
何かって、何だ
一番重要なのは犯人です。そこ、決まってません。書いてるうちにこの人がいいぞねと思えることを期待します。
どっちにしろ、登場人物の中の誰かなんですけどね。
ちょっと並べて、考えてみますね。

松原辰三…民宿の主
松原和葉…妻
松原卓也…長男
松原綾香…長女(妹)
阿部陽子…辰三の姉
阿部丸男…陽子の夫
阿部翼…高校二年生
林牧夫…近所の内科医
北山功…元刑事
ダイゴー
牛沢幸雄
うーーーーーん
とりあえず、可能性についての設定はあるので、どれを活かしていくか、
話の流れの中で考えます。
Pass :
ナトホ

三ツ島

2019/08/04 (Sun) 10:45:38
連作短編のそれぞれの話の注意点です。
おそらく、人間をいかに描けるか
動機勝負になってくるようです。
ミステリーとしてよく使われている動機だと既視感をもたれてしまう。しょうがないけどね。←ミステリマニアの人の話。


1話「弟」
●デッドポイントという考え方はよかったと言われた。
●もう少し実現可能と思えるように書く。

2話「アパート」→「マジシャン」に変更。
●トリック部分がなくても話が成立するのではないか、と言われた。タイトルを「マジシャン」に変更することにより、トリック部分の意味がある作品にする。
●人間を描く。
●動機について再考する。片方が養子問題。もう片方が、離婚した母との問題。どちらのテーマでもきちんと描けば長編にもできるような題材なので、せめて一つにする。ややこしくて、他の部分が霞む。前半、密室系の話。後半が親子問題の話になつているので、密室系がなくても成立するのではないか、とか、話が始まるのが遅すぎるということになったようです。最初の密室クイズのところから、「鶏と玉子」ではなくて、親子問題を入れておく。でも、鶏と玉子(ヒヨコ)も親子だから、そこに読者の意識がいくように書こうかな、と思いました。実は、「親子」ということで、最初に堂々と書いてるのですが、そこに触れてない。自分で気づけ的なので、そこも書かないといかんな、と思いました。蓋をしていることが多すぎるとも言われたのでありますが、伏線の回収は、そこに書いたじゃないか、という指摘も含むんだな、と思いました。「これは密室の話ではなく恋愛問題である」とは書いて、「親子問題が絡んだ恋愛問題の話だった」ということにしたのですが、「これは密室の話ではなく親子問題の話である」と堂々と書いておこうと思います。そのあと、密室の話ががんがんくるんですけどね

3話「地蔵」
●これはとくにトリックはない話。
●謎はある。
2話の講評聞いてあらためて思ったことは、メインの解答となる問題について、最初から書く
ジローはユウコが抜け道を通ることを阻止ししたかった。
それを明確に書く。
ラストは、なぜ、阻止したかったという形になっているので。
理由については、最初の時点では「校則違反」とし、後にほんとうのことがわかる、という形でいく。ただし、「校則違反だからダメなのか」と読者がちょっと思うように書く。
●ちょっと長い枕話については、「イエスorノー」のやりとりを、途中の研さんのヒントのところと、ラストでのダイゴーVSジローのところでしつこく使ってるから、ゆるしてください ということにする。全体から見たら、研さんの過去について書いてる、という形になってるし

4話「空き巣」
●暗号の謎
●離婚した母親問題が2話と被ってるなー、と思っていたけど、2話のほうの設定をやめたからいいかもー。まあ、親子問題は、ミステリにはよくある話となってしまいますが、それはしょうがないですよねー。この話は、2話で出会ったダイゴーとヨシネさんの関係が進展するというところでもありますし。ヨシネさんは親子問題を抱えている人なので、この「暗号の謎事件」に遭遇したダイゴーは、ヨシネさんについても何か思ったほうがいいですね。そこを書いてませんでした。

5話「兄」
●トリックなし系
●兄は妹のためにがんばっていたのだが、家族や妹に心配させていた、という話であることを明確に書く。
●ミステリーとしては、最初に謎を提示したいけど、兄視点の描写で妹のことを書きたいので、今の形になっちゃうかなー
兄視点での妹のこ。→母親が「兄」のことを心配して相談にくる。(依頼・第一の問題提起)→研さんの変な助言で、ダイゴーが兄と会うことになり、最初のシーンの話となった。→
では、兄は何をしようとしていたか、という問題が出される。→解答編→次の話にいく。
●やっぱりこの形でいこう。ちょっと短いけど、最終話に行くための話とする。少し枚数をかけるとしたら、兄の様子を見に行くとか やっぱりそれを入れるか

6話「策士」
●トリックは小粒でも丁寧に入れることで許してもらう。ほんとに丁寧か という気もするけど。
●動機は
映画製作の過程で、事件前のみんなの話と、事件後のみんなの話の変化をうまく描ければ、面白くなるかも、と知人が言ってくれたので、そこに希望をもって、がんばる
と言っても、事件前のみんなの様子は、「辰三に正論を言われて、むすっとしてしまう」だけなんですけどねー。翌日に、「みんなのそれぞれの思い」を書く。その中に動機が隠されている。といっても、みんな、それぞれの動機を語っていることにはなるのですが。。。

全体としての話。
●ダイゴーはなぜこの地に来たのか
5話で、そのことについて語られ、この話で結果が出る。
●ダイゴーとヨシネさんの恋愛問題。
2話で出会って、4話で進展して、5話で問題がちょっと浮上してるので、6話でそのことに踏み込んで、ラストで結果を出す。踏み込むところは、宿で寝る前の時間かなー。いろんな問題を抱えたダイゴーが、睡眠導入剤を呑む、という形にする。

鮎川に出せたらいいけど書き切れてなかったら(とりあえずは書けるはずだけど)、
アガサとか新潮とかでもー
Pass :
ナトホ

Re: 方言

2019/08/04 (Sun) 00:09:28
>あれはどこかにあんの?
メール来てないよね。

小説ミッションのブログにアップしてます。
一応、ここでお知らせはしたのですが、
催促しては申し訳ないと思ってましたー。
コメントをがんがん書いていたので、お目にとまらなかったのだと思います。

本文全文と、会話をピックアップしたものがあります。
念のため、会話ピックアップをメールで送ります。
よろしくお願いいたします。
Pass :
匿名ちくわ

Re:ミステリ新人賞

2019/08/03 (Sat) 15:08:27
あれあれ、そう言えば、方言お直しの話があったんじゃなかったっけ?

あれはどこかにあんの?
メール来てないよね。
Pass :
ナトホ

Re: 6話「策士」

2019/08/02 (Fri) 09:21:08
ダイゴーと北山元刑事のやりとりの前に、事件について考えねばいけないと思いました。

というわけで、まずはどんな映画を撮影しよとしていたのか。
それから、登場人物たちの動機と機会。
これは、みんなに動機と、仕掛けをする機会があることにしました。
それじゃ、ミステリーにならないかな
機会はあるように見えても、無理だという感じで潰す

普通はアリバイがあるように見えて、犯行可能であった
という流れになるのではないかと思えますが、どうでしょう
そうなると、無理だと潰していたところに、「可能だった」を混ぜることになるのかな
うーーーーーん

まあ、とにかく、階段下の近くにプライベートスペースの出入り口があり、ここのプライベート側に防犯カメラが設置してあります。プライベート玄関およびパブリックスペースからの出入りが記録されてます。またパブリック側にある階段の灯りが一晩中ついているため、ここを人が通ると、扉の隙間灯りの動きによってわかります。
被害者である辰三がいる離れに行くためには、ここを通らねばならない。
実は深夜過ぎに撮影を行っていたのですが、そのあとは朝まで誰も通っていない、という設定になってます。
離れに仕掛けをするとしたら、映画の撮影以前となります。
また、妻の和恵が離れに布団を敷いたときは、とくに変わった様子はなかった、と話します。和恵が犯人でなければ、もしくは、和恵が気づかない仕掛けでなければ、これ以降となります。また蜂は夜に活動を休止するため、陽が落ちてから、仕掛けたはずです。

仕掛けは「蜂」です

それと、誰が犯人だと、一番おもしろいかなー という問題もありますね
もちろん物語上の必然性ということが重要ですが、この人にしよう

誰がいいのかなぁ

トリッキーなヤツは一つ、ミスディレクションみたいなもので使いました。
第1話で使ったロープものです。
そう考えると。。。
2話は、密室系。これは使えないな。。。マジシャン系は意識すべきだとは思うけど。
3話は、とくにない。枕話では算数クイズだし。
4話は、暗号トリック。枕はリゲル王子の話。星を見て、あれがリゲルとベテルギウスだと思うくらいしかできないなー。
5話は、うさぎとカメで、寝たフリしてアリバイ工作。これはミスディレクションで使った

現時点で、作者が犯人候補として考えてなかった人たちがいます。まずはダイゴー。探偵役で主人公ですらね。これを犯人にしてしまうと、叙述トリックになってしまいます。それは避けたいと考えています。もしかして、まさか叙述 と読者に思わせるのはいいかもですね できるかな

で、犯人から除外していたのは、映画のことを詳しくは知らない辰三の息子の卓也です。家を出てから一晩中、友達の家にいたことになってます。また、崖から落ちたことにして被害者②にしようかな、と考えていたので、犯人候補から外してました。
それに卓也が犯人だと後味がすごく悪い。その後の展開も今ひとつ。
でも、辰三が死なないことにしたからいいかな

そうだ
5話の推理クイズは、「うさぎとカメ」で、ウサギは妹のためにアリバイを作って行動した、という話です。
これは、最終話の伏線になるはずの話でした。
「妹」がいるのは、ダイゴーと卓也です。
やっぱ、犯人は卓也か


Pass :
ナトホ

Re: 6話「策士」

2019/07/30 (Tue) 09:26:02
古民家物件を検索して、松原家のモデルになるような平面図を印刷しましたー
これを元にして、人物を動かせます。
プロット的には、ダイゴーたちが一泊した翌日です。
事件はすでに起きていて、一人ずつ、北山元刑事が話を聞いていきます。
一番目はダイゴーです。事件について教えてもらえます。
(読者にも、何が起きたのか、わかる)
そのあとは、ダイゴーもいっしょに他の人の話を聞きます。

というわけで、ダイゴーと北山元刑事のやりとりを考えまーす
Pass :
ナトホ

Re: 6話「策士」

2019/07/28 (Sun) 16:46:44
辰三は死なないことにしようかな、と思いました。
アナフィラキシーショックを起こして、近所の林クリニックで点滴してます。
という設定であります。

いやいや、ほんとにアナフィラキシーショックを起こしたほうがいいかな
ほんとにそうだったら、映画製作どころではないですね。

そっかー。
「アナフィラキシーショックを起こしたら映画製作どころではない」
映画を製作したくない人がやった。
その動機は保留にしますが、
もともとアナフィラキシーショックを起こす予定でした。
だから、予定通り、撮影を続けます。
犯人は、失敗したと思います。
っていうか、もともと「この人が犯人」という設定がある上での、誰ができるかを推理する話なので、犯人役の人がそのまま犯人になっちゃうなー。
そこに予想外の展開を入れるとしたら
もともとのシナリオがないと、予想外もできない
では、もともとのシナリオを考えましょう。
それはここでやることではないのですが、
ここで呟くと、いろいろと思いつくー
残念ー


Pass :
ナトホ

Re: 6話「策士」

2019/07/28 (Sun) 15:24:34
今日は蜂のほうを調べてまーす
11月はイチゴハウスにハチがいるようです。
でも、イチゴハウスをやってると、呑気に映画なんか作れない。
そもそも農家だったらそんなことやってる時間はないと思える。
っていうか、民宿ってことにしてたよねー
民宿で農家もやってる。。。

松原家の設定は。
海水浴場が近くにあるので、夏の間、民宿はとても賑わう。
その他の期間も、民宿をやってないことはない。

農家のほうは、家庭用菜園程度で民宿で利用する。
もしくは、産直販売所みたいなところに出している。
栽培しているものの中に、ブドウがある。
ブドウにはミツバチが来るので、辰三は刺されたことがある。
夏の宿泊客たちは、ブドウ狩りもできる(別料金)。
近くにイチゴ農家があるので、春はイチゴ狩りができる。

観光農園で調べてみると、
豊前市にあるフルーツランドでは、
ぶどう<収穫可>
時期:8月下旬~9月下旬
栗<収穫可>
時期:9月中旬~10月上旬
さつまいも<収穫可>
時期:9月上旬~11月中旬
みかん<収穫可>
時期:10月中旬~11月下旬
いちご<収穫可>
時期:1月中旬~4月
品種:あまおう

おおー、これだと、1月から11月のであれこれ収穫できますね。
ちなみにイチゴを出荷する場合は、11月くらいからもシーズンです。
クリスマスが近づいてきますからね
みかんをなしにすれば、
1月中旬から11月中旬までの営業。
11月の後半の連休まで営業してることにしようかな。

松原家は、観光農園と民宿をやっている。
辰三の姉夫婦とともに。
農園の休みは毎週水曜日。

ダイゴーが松原屋に行くのは。。。
火水にする
それとも収穫時期が終わってるということで土日
映研の人たちが集まりやすいということで土日にしよう。

登場人物としては、
阿部陽子…辰三の姉
阿部丸男…陽子の夫
阿部翼…高校二年生
この人たちを復活させる
夜の宴会に顔を出すくらいはできるだろうし。

そうなったら、カメラ係は翼にしようかな。
この3人は近所に住んでるので、家に帰る。

そっかー。だったら、イチゴ農園だけでもいいかな。
11月はイチゴの出荷で忙しいから、翌日は朝早くから収穫している。
陽子は近所のイチゴ農家に嫁いだのだ。
高校生の翼は、映研です。

松原家は、栗・サツマイモ(9月~11月中旬に収穫)、その他の農作物をやっていて、収穫体験やったり、販売所に出している。
夏の期間は海水浴客。秋は収穫体験など。鉱泉の風呂もある。いやいやだったら、旅館業に徹したほうがいい? しかしそれほどでもない。

春と秋、蜂はイチゴハウスにいる。
辰三は、イチゴを手伝って、刺されたことがある。
春にはアナフィラキシーショックを起こしている。
今度、刺されたらまずいので、イチゴは手伝わない。
栗にはミツバチは来ない。

よーし、これでいくか
Pass :
ナトホ

Re: 6話「策士」

2019/07/28 (Sun) 00:56:24
蜂について調べてまーす
という段階でーす

自主映画製作について調べたいですが、
気が遠くなりそうな気分になります。

撮影のプロの話で、ズームアップしないほうがいい、という記事を読んで、なるほどー、などと思ったりしまたが、それだけじゃ、無理だろー
映画製作をモチーフにした作品なんか、書けるのかな

でもでも、先日たまたま、現代アート展みたいなものを見にいったんです。
ショートフィルムもいくつか展示されていて見ました。
意味不明なのもありましたが、すごいなぁと思ったのもありました。

ああいう感じのものを作ればいいのかな
たぶん、ちょっとちがうと思うけれど。
いや、かなりちがうか

でもあくまでもイメージです。
それにしてもまさかここで役立つとはびっくりです。
役立つかどうかはまだわからないけれど、ああいう感じ(どういう感じだ)のショートフィルムを見たことないよりはずっといいと思います。
チケットくれて誘ってくれた知人に、今度、話そうっと

Pass :
ナトホ

6話「策士」

2019/07/27 (Sat) 18:32:02
登場人物に、沢田先生とアンナを出したいと呟いてましたが、
林医師と北山元刑事はやはり本物にしようと思います。

松原辰三…民宿の主←被害者役
松原和恵…辰三の妻←後妻役
松原卓也…長男←辰三が離れに行く前に外出したまま、戻ってこないという立ち位置←帰ってこないので怪しい。←崖から落ちて死亡という設定にする
松原綾香…長女(妹)

林牧夫…近所の内科医
北山功…元刑事←探偵役

ダイゴー
牛沢幸雄←早くに嫌疑がかかるので、ミスディレクション感がある。

もう一人、カメラマン役が必要である。
人を増やさないでやるとしたら、綾香かなー。

綾香は大学生だけど、劇団に入っている。
そこを辰三に激しく叱られる、という設定です。
動機がない人にカメラマン役はやらせたいけど、逆に動機があってもカメラマン役でもいいかな

いやいや、初日の宴会で、綾香は辰三にののしられる。このとき、撮影しているわけですから、別の人がいいですね。
そっか、北山元刑事にやらせるという手もある。
これは、元映研のメンバーが中心になってやってます。北山元刑事は引退してから、そこに加わった。あ、ダメだ。次の日、北山元刑事はみんなに質問する役だった。いや、質問はダイゴーにさせて、自分はカメラを回す。カメラを回しているときの話と、カメラをとめたときの話があるのでいいかも。
ちょっとこれで考えてみます
Pass :
ナトホ

5話「兄(夕陽)」

2019/07/27 (Sat) 18:09:00
書き忘れたとこを書き込みまして、再アップしました
夕陽が見えるシチュエーションにつきましては、ここでぶつぶつ言ったおかげで、ま、いいか、と思えるようになりました

それでいいのか という気もしますが、とにかく前に進みます。
Pass :
ナトホ

設定

2019/07/27 (Sat) 17:26:29
迷うことがあると、ここで呟いてます

今、「夕陽」を少々書き直しているのですが、前かにちょっと気になっていることと直視することになりました。
「夕陽」では家の前にビルが建ち、海が見えなくなるという設定になってます。
夕陽が沈む海です。

舞台となってる町の周辺では、そのようなところを設定するのが難しいです。
街じゃないと、ビルとかないし、せめてマンションにしたとしても。
海の近くで夕陽が見えるところは工場地帯だし、そこから外れたところは、マンションはない。ビルもない。内陸に食い込んだ「湾」に面したところならマンションあるけど、海に沈む夕陽は見えない。
東京、大阪、名古屋、横浜辺りだったら、ありそうだけど。。。

別のこともあり、市の人口ランキングでいうと、モデルの市はかなり上位です。この市より人口が少ない県はいくつもあります。ってことは、市で芸術祭もできるな←芸術祭をやりたい。
実際にはない「芸術祭」をやってしまうんだから、マンションの間から夕陽が見えるシチュエーションもいいかなぁ。

地名も出してないし、といっても明らかどこかはわかるのでありますが、問題はないのだろうか

ま、いっか

実はマンションの一室を購入してしまおうかと考えたのですが、分譲マンションが現実的だと思えなくて、困りました。やっぱ、借りましょうー
Pass :
ナトホ

Re: ミステリ新人賞

2019/07/27 (Sat) 13:43:47
読者を騙すのはよくないです。
読んでいてもガッカリしてしまいます。

伏線をきっちりはり、情報もしっかりと提供していれば、やられたー
と感心してもらえるでありましょう。
叙述トリックは、そういう感じで楽しむことになるとは思うのですが、叙述トリックだったら嫌だなぁ、と思うこともあります。叙述トリックを匂わせて、別の意外な犯人だった、なんていうのは好きです。って、叙述にしてもそうでないとしても、その作品自体のうまさがモノを言う。叙述でも、これはいい、と思うものはいい。

で、何を言いたいのかと言いますと、
「映画の撮影だった」というのは、ガッカリ系だな、という思いがひしひしとしてきました。叙述系じゃないですけどね。
最終話については、研さんのラブストーリーでもいいんじゃないか、とたみぃさんが言ってくれました。それまでに出て来た人を使って、ダイゴーががんばって、結末にもっていく。

コージーだから、そんな感じでもいいのかな、と思いつつ、何か事件がほしいな、考えました。でも、殺人事件じゃないほうがいいはずなので、苦心したはずなのでありますが。

それでまたあれこれ思った結果、いっそのこと撮影しているってことを堂々と書いてしまえばいいのではないか
その中で繰り広げられているミステリー劇の謎を解く
ミステリー劇ですから、台本があるはずですよね。
だけど、飛び入り参加したダイゴーは台本を知らない。
というか、まず民宿に到着して宴会に参加している辺りはなんか変だな、というくらいにして、翌日になってからわかる。
そもそも、このシリーズには、2話から5話まで、推理クイズが入ってるのですから、最終話を推理クイズにしても、様式美的オーケーなんじゃないか

研さんの恋愛は入りませんが、ダイゴーの恋愛話はそれまでの流れを展開させて、ラストで決着させます。その展開でも、やりすぎなのではないか、と悩んでる部分もあります。

というわけで、映画の撮影しているということがわかる方向のので、プロットを作ってみようと思ってます。
どっちにしろ、「芸術祭」についての記述を、前のほうの話で入れねば。
今回は「あとで」と言わずに、入れます。

それと、5話の「夕陽」ですが、夕陽を見たあとに事情がわかる予定だったのですが、その事情を書き忘れましたー
それはこれから書きます



Pass :
ナトホ

Re: 「策士」登場人物

2019/07/26 (Fri) 14:02:04
ダイゴーと牛沢は民宿に到着すると、広間での食事会に招かれます。
このとき、ダイゴーと牛沢のほかにいるのが家族だけだと変かな
元の通りの親戚たちもいたほうがいいような。。。。

牛沢が強引に宿泊させてもらってるから、家族だけでもいいかなー
うーーーーーーーーん
Pass :
ナトホ

Re: 「策士」登場人物&犯人

2019/07/26 (Fri) 13:48:40
現状では、林医師と北山元刑事以外は、全員、辰三に対して動機らしきものがあるので、「オリエント」風にしてもいいですけどね
その場合は、とってもオリエント風に見えて、ちがうーって感じ。
とってもオリエント風に見えるって、どうやればいいのかな

登場人物が決まったので、プロット考えまーす
Pass :
ナトホ

Re: 「策士」登場人物

2019/07/26 (Fri) 13:35:57
松原辰三…民宿の主←被害者
松原和葉…妻←アンナにやらせたいが、事情を知らない卓也がいるので、ここは本物で。
松原卓也…長男←辰三が離れに行く前に外出したまま、戻ってこないという立ち位置←帰ってこないので怪しい。←崖から落ちて死亡。被害者②もしくは、自殺?
松原綾香…長女(妹)

林広見…近所の内科医←アンナ
北山功…元刑事←探偵役←沢田先生にやらせる

ダイゴー←カメラマン役←アリバイはない。
牛沢幸雄←容疑者←早くに嫌疑がかかるので、ミスディレクション感がある。←アリバイがない。

このメンバーで犯人だとわかったときに、読者が一番びっくりするのは誰か

犯人の可能性として。
①辰三←事故死か自殺、つまらない。しかし卓也への犯行も含めて考えればオーケーか。
②和葉←ちなみに後妻役です。普通
➂卓也←容疑者にするとしたらミスディレクションかな
④綾香←普通
⑤林医師←つまらない。
⑥北山刑事←つまらない。
➆ダイゴー←設定上ありえない。
⑧牛沢←ミスディレクション候補

このようにして考えてみると、
①辰三か
今までこのケースはまったく頭になかったので。。。

Pass :
ナトホ

「策士」

2019/07/26 (Fri) 12:42:42
登場人物
松原辰三…民宿の主
松原和葉…妻
松原卓也…長男
松原綾香…長女(妹)

松原恒三…辰三の叔父
松原ナナ…その妻

阿部陽子…辰三の姉
阿部丸男…陽子の夫
阿部翼…高校二年生

林牧夫…近所の内科医
北山功…元刑事

ダイゴー
牛沢幸雄

多い
短編なのにー
法事で親戚が集まってるので、これくらいはいるよなー、とは思うのですが、
短編ミステリとしては多すぎるー


絶対に必要なのは、
松原辰三…民宿の主←被害者
松原和葉…妻
松原卓也…長男
松原綾香…長女(妹)

林牧夫…近所の内科医
北山功…元刑事
ダイゴー
牛沢幸雄

できれば、
松原恒三…辰三の叔父←沢田先生がやる。
松原ナナ…その妻←アンナがやる。
阿部翼…高校二年生←撮影係←先に一人で宿泊してることにする?(両親を減らせるが、翌日に来ないと変。そうなるとやはり親も必要か。。。)

ちなみに、横溝正史の「本陣殺人事件」は、主な登場人物は被害者の他には弟と怪しい男だけだったような? これは特殊な犯人像のせいもありますね。。。

最近、読んだ短編だと、、、世界短編傑作集3(江戸川乱歩編)の中で、最初から登場人物が確定しているけど犯人が特定されてないものとして(犯人が特定されていると、濡れ衣を晴らす方向になる)、
「偶然の審判」
チョコレートを送られた人
そのチョコレートをもらった人
チョコレートを食べて死んだ人
容疑者は、誰だかわからないチョコレートを送った人
やっぱり少ないなー。
少ない中でやるのが短編の醍醐味となるのでしょうか。
そうなると




Pass :
ナトホ

三ツ島

2019/07/26 (Fri) 09:00:34
読者限定ブログに作品をアップして、作品制作関係者に読んでもらってます。
今回、3話の台詞チェックをお願いするために参考までに、3話全体もアップしました。
で、これまた参考までに、とりあえず40枚書いた5話もアップしました。

1話「弟」/2月(およそ70枚)
2話「マジシャン」+鶏と卵の密室事件/4月(およそ90枚)
3話「地蔵」+別荘争奪戦/5月の終わりころ~6月の梅雨前(およそ95枚)
4話「空き巣+傘」+リゲル王子の話/夏(およそ62枚)
5話「兄(夕陽))」+ウサギとカメ/秋 (40枚)
6話「策士」/秋←目標90枚

こんな感じでいこうかなー。
5話40枚は短いですよね
ここを増やすとしたら、夕陽の部分を書き込む感じかなー。
たみぃさんみたいに兄と妹の部分を書くのではなく、ダイゴーが行動する部分を書く感じにするかも。でも40枚のままでもオーケーでしたら、そのままいっちゃいたーい
↑怠惰。
いえいえ、とにかくミステリは、最後まで書いてからのバグ潰しが大変だと聞いてます。すでに書き直すべきところはたくさんあるはずなので、なるべく早く最終話を書いてしまいたいです。
というわけで、5話は40枚のまま、いよいよ6話「策士」に進みます。
これはプロットっぽいものがないので、大変だー。
って、まずはプロットを作ったほうがよくないか と今、思いました。
アリバイ系ミステリですからね。
人の出し入れをあらすじでやってみようかな

で話は戻りますが、とりあえず参考までに5話40枚をアップしたら、4話をアップしてないことに気づきました。これ、とりあえず最後まで書いてから見直してないし、翻訳チェックもしてもらってません。
でも、4話だけないのも変なので、これもアップしました。
これで、去年に書いた1話から5話までとりあえず揃いました。
枚数的には、70+90+95+62+40=357枚
下限は360枚です。
おお~~
Pass :
ナトホ

Re: 北九州弁

2019/07/25 (Thu) 23:45:37
北九州弁翻訳希望セリフ、小説ミッションにアップしました。
翻訳しないダイゴーのセリフも混ざってます。
では、ちくわさん、よろしくお願いいたします。
(8/4くらいまでにやっていただければ、大丈夫です。)
Pass :
ナトホ

北九州弁

2019/07/25 (Thu) 22:45:49
3話地蔵の冒頭は、算数クイズです。
高校生たちのセリフは標準語にしてます。
でも研さんが標準語だと変なので、北九州弁にします。
そうなると、ほかの高校生が標準語なのは変でしょうか
全部、北九州弁っていうのは、どんなんでしょう。
ほんのり、北九州弁にしていただいたほうがいいかな

ちくわさん、申し訳ないです。
Pass :
ナトホ

5話

2019/07/25 (Thu) 21:47:30
夕陽とウサギ・カメと次へのアプローチで、40枚はいけるだろうな、と思ってました。
50枚いけたら、全6話の第5話にできる

それで書いたら、やっぱり40枚になってしまいましたー。
予定通りというか、鋭い勘というか、なんというか
でも、そもそも50枚以上を目指す場合は、夕陽の部分を増やさないと無理だろうな、と思っていたんです。
もともと「兄(夕陽)」を今月末までに書く予定でした。
だけど、無理そうなので最終話にいくこうとしました。
って、前にも書いてような気もしますけど。
とりあえず、40枚書いたので、夕陽の部分を増やして、50枚以上を目指すかどうか
ということになりますが、その前に、3話「地蔵」を見直して、ちくわさんにセリフチェックをお願いしようと思います。
でも、今、地蔵を見直す気力がないので(たぶん最終話をどうするかで頭がいっぱいです)、台詞を抜き出すという作業のほうになりそうです。なんか気づいたら、書き直す程度で。

ということで、よろしくお願いいたします。
まだ、やってなくて、これからですけど、いきなりセリフチェックがくると、ちくわさんも驚かれると思うので、予告しました



Pass :
ナトホ

残念ながら訂正

2019/07/23 (Tue) 10:16:30
>新5話は40枚くらいです。

25枚くらいでした

というわけで、
>5話「兄」+ウサギとカメ/秋 ←目標50枚以上

無理です

そうなるとやっぱり、
1話「弟」/2月(およそ70枚)
2話「マジシャン」+鶏と卵の密室事件/4月(およそ90枚)
3話「地蔵」+別荘争奪戦/5月の終わりころ~6月の梅雨前(およそ95枚)
4話「空き巣+傘」+リゲル王子の話/夏(およそ62枚)
5話「策士+ウサギとカメ」+夕陽/秋 ←目標100枚以上



Pass :
ナトホ

様式美

2019/07/23 (Tue) 09:58:33
枕話→本編という形にしてますが、5話は逆になります。
でも、
2話/鶏と卵の密室事件(推理クイズ・元推理研の研さんからの出題)
3話/別荘争奪戦(推理クイズ・沢田先生からの出題)
4話/リゲル王子の話(推理クイズ・元推理研の甘利からの出題)
5話/ウサギとカメ(推理クイズ・元推理研の甘利たちからの出題)

というのが入ってると考えれば、どうだー
Pass :
ナトホ

5話と6話、そしてちくわさん

2019/07/23 (Tue) 09:44:34
別の場所でやってるブログで、ぶつぶつと呟いた結果、
最終話に予定していた話を5話と6話に分けてみることにしました。
もともと5話だった「夕陽」を復活させる、という考え方もできますが。

そうなると、
1話「弟」/2月(およそ70枚)
2話「マジシャン」+鶏と卵の密室事件/4月(およそ90枚)
3話「地蔵」+別荘争奪戦/5月の終わりころ~6月の梅雨前(およそ95枚)
4話「空き巣+傘」+リゲル王子の話/夏(およそ62枚)
5話「兄」+ウサギとカメ/秋 ←目標50枚以上
6話「策士」←目標90枚以上

6話が90枚以上書けるか
という問題がありますが、全体的に流れていた解決せねばならない問題もありますので、それくらいは書かないとダメかな

ところで現在、新5話は40枚くらいです。
新5話をとりあえず最後まで書いたら、3話の地蔵を見直します。
そして、台詞を抜き出して、ちくわさんにお願いしますので、よろしくお願いします。
(今日は無理なので、明日以降になると思います。すみません。)


Pass :
ナトホ

Re: ウサギとカメ

2019/07/23 (Tue) 07:42:29
事務室で電話していたダイゴーが、研さんに呼ばれて店に戻る。
そこに、牛沢や甘利たち、常連の税理士、美音がいた、という設定です。

ここで「ウサギとカメ」の話をやるか、やらないか、ということでした。
ただざわざわしているのもいいけど、短く入れてみようかな、とやっぱり思いました。

挫折したときは、たみぃさんの原案のように、推理クイズ対決という形にしていたのですが、今回は、牛沢や甘利たちが話していることが聞こえてくるという形です。
常連の税理士が、「面白いことを話してるよ」と言って、ダイゴーを椅子に座らせます。
そんな感じでやってみたら、「ウサギとカメ」の話は3枚くらいになったので、いいかなー 入れてみようかなー


Pass :
ナトホ

ウサギとカメ

2019/07/21 (Sun) 19:33:37
実際に書いてみると、長くなりそうです。
たみぃさんが考えてくれたものより長くなる、という意味ではなくて、
短くしようとして短くするのが難しい。短くはしてるんですけど。
そして夕陽のあとに入れる話ですから、長さという点で重く感じてしまう。
内容は軽いのにね。
というわけで、断念する方向に進みます
「ウサギとカメ」の話をなしにして、どうにか次のステップにいく感じで書いてみます。
「やっぱり入れる」なんてこともあるかもですけど、今日は挫折します
Pass :
ナトホ

Re: 観覧車

2019/07/21 (Sun) 14:42:59
楽しみでーす。

>この後から作る枕のとっかかりになるかも知れませんのでキーワードを何個か参考までに上げて下さい。

三ツ島では枕はすでに足りてるので、やっぱり「策士」のアリバイトリック系かなー。
(「続三ツ島もやるんでしたら、枕はいくらあってもいいですし、本編にも使えます。)

で、「策士」ですが、
夜、早い時間に離れに引きこもった松原(民宿の主)は、翌朝、死んでる状態で発見される。近所の医師が来て、蜂によるアナフィラキシーショックだと診断する。しかし、蜂がいたことがおかしいのではないか、と考えたやはり近所に住む元刑事が、場合によっては警察に通報せねばならない、と言って、みんなの話を聞く。
その話の中から、誰が蜂を仕込むことができたのか、ということを推理することになるのですが、研さんのことを知っている元刑事がダイゴーを助手とする。ダイゴーは牛沢に勧められて導眠剤を飲み、朝までぐっすり寝ていたのでありました。(ダイゴーが夜中に起きたりすると、いろいろと都合が悪いので、眠らせたのであります。)

このみんなの話を聞いているうちに、この人が怪しい、と推理するところをまったく考えてないものですから、知人にこぼしましたー。
そしたら、そういう場合は、たとえば「オリエント急行」を思い出すといい、と言われました。細かいところはさっぱり忘れていて、思い出せないんですけど、要するに被害者が殺害された時刻をいろいろな情報から絞り込む。そこに間違いというか、ミスディレクション、とか仕掛けをする。「オリエント」の場合も、いろいろと大きく展開、転回したのち、あのラストに辿り着くわけですが、「策士」の場合も、蜂を仕掛けられる時刻をせばめていく。松原が蜂が仕込まれているものに触れるなりなんなりする可能性や仕組みを絞り込んでいく。蓋然性の事件でもあるので、その準備や練習していた形跡がわかる証言を入れるとか。
あと、みんなが集まっているシーンでの、人の出し入れとか。
よくある例として、トランプをしていたとか、何かのゲームをしていたとか。
それで思い出したのですが、このミッションに取り組むときに「白馬山荘殺人事件」を読みました。参考になるといいな、と思ったのです。東野さんが初めて書いた長編だそうです。白馬山荘では、宿泊客がポーカーしたりバックギャモンしてるときに、そこになかなか来なかった人が死にましたー。その事件やその後に起きる事件について、白馬山荘に宿泊している人たちや従業員の動きの中で、誰がそれをできたのか ということが、ポイントの一つになってます。「屍人荘」でも宿泊場所で、いつ誰がどこにいた、という描写の中にトリックが潜んでます。これはこういうミステリの基本なんですよね。なので、それをやりたいんですが。。。
Pass :
ナトホ

Re: 枕

2019/07/21 (Sun) 14:14:32
>枕は当然、一話に一個です。使えない枕や設定が合わない枕は
ドンドン、ゴミ箱に入れて下さい。

「夕陽」に没頭していて、コメントを見落としてました。。。

現状では、「夕陽」も「ウサギとカメ」も使いたくて、困ってます。
2つ入れのは、やっぱマズイですね、とほほ。

そうなると、第5話は、間奏曲ということで、
「夕陽とウサギとカメ」にしちゃうとかー
↑ きっとダメだ。

*********
話の流れとしましては、
まず、「夕陽」です。
母親から相談を受けた研さんは、
例の変な意見によって、淳一ととダイゴーが会うことになります。
そして状況を語った淳一はダイゴーに、今年の妹の誕生日のプレゼントは何か、という問題?を出します。

順番的には、淳一の語り→なぜ、淳一の話をダイゴーが聞くことになったか。→淳一の出題とダイゴーの答え、です。

そして妹の誕生日の出来事については、淳一の母親からの電話でダイゴーは知ります。
三ツ島酒店の事務室でその余韻に浸りつつ、自分のことと重ね合わせていると、研さんに呼ばれます。
角打ちには、推理研のメンバーと牛沢が来ていて、これからミステリーの考察をやるから、観客になれ、とのことです。
しょうがないので店に出ると、美音さんや常連の税理士も来てました。
そして「ウサギとカメ」の話が始まります。

このあと、推理研のメンバーと研さんは別のところにいき、店を閉めるのですが、ダイゴーは牛沢に自分の妹のことを相談します。その前に、常連の税理士に、美音が桜に似ていると言われます。桜は、牛沢の亡くなった妻です。なので、美音のことをどう思うか、ダイゴーは牛沢に聞いてみるのですが、という感じです。

「夕陽」はダイゴーが抱える問題と重なるのでぜひ入れたいと思えるのですが、ミステリとして「ウサギとカメ」ですよね。でもやはり、妹の話がないと、「策士」の舞台となる民宿へいく推進力が足らないように思えます。

なので、「ウサギとカメ」を削るとすると。
ダイゴーは淳一の母親の誕生日のプレゼントの話を聞く。
研さんに呼ばれて店にいく。
常連の税理士と美音、牛沢と推理研のメンバーがいる。
ウサギとカメをやらずに、研さんと推理研のメンバーはどこかに行き、
同じ展開にすればいいかな

それなら、「ウサギとカメ」を入れたままでも大丈夫か、外したほうがいいか、というだけの問題になるので、そこまで書けたら、たみぃさんに読んでもらいますね。

「ウサギとカメ」が入っているのと、入ってないのでは、その後の「策士」の書き方がちょっとちがってくるはずですので。

小説ミッションにアップします。
まだ書けてないので、しばらくお待ちください
Pass :
ナトホ

業務連絡

2019/07/19 (Fri) 10:50:59
うっかりしてましたが、4話「空き巣」はまだアップしてません。
「小説ミッション」にあるのは原案の「泥棒」のほうです。

「空き巣」は教室に提出つもりで、と書いたけど、ん
ちがったー
次に提出するのは、3話「地蔵」でした。
これを書き直して、なるべく早く提出します。

4話「空き巣」も、もう一回くらい見直してから、20日以降にアップします。
その前に、台詞の部分を抜き出して、どこかに書きます。

今、5話の冒頭して、「夕陽」書いてますが、よく考えてみたら、7月中に5話「夕陽」を書いて、8月は最終話へ突入する、という予定でしたので、もしかしていい感じじゃないかーと思ってました。
「川」の話をやめたことは、もう済んだことにすると。。。

いい感じだけど、やることはいろいろとあるなー。

っていうか、ちくわさんにセリフチェックしてもらうのは、今回、教室に提出する予定の3話「地蔵」ではないか

だめだー、混乱してるー。
整理します。

3話「地蔵」を見直して、台詞を抜き出し、小説ミッションには枕を含めた本編をアップする。セリフチェックができたら、教室に提出する。
4話「空き巣」も見直して、台詞を抜き出し、小説ミッションには枕を含めた本編をアップする。

来週には、最終話の本編に入る

Pass :
ナトホ

Re: 「夕陽」

2019/07/19 (Fri) 09:57:08
問題編終了です。
およそ16枚です。
いよいよ解答編です
Pass :
ナトホ

三ツ島のメモ

2019/07/19 (Fri) 09:12:59
なんと最終話で、三ツ島酒店がある街について説明してます。
これは第一話で入れなくちゃね。

とりあえずここに書いて、あとで直しま~す
そのようなことは他にもあったな、と思い、ここを眺めました。
(メモしたことだけ記憶に残り、内容を忘れる。。。)

相談処のシステムでした
Pass :
ナトホ

Re: 「夕陽」

2019/07/19 (Fri) 00:43:56
海辺の町であることを実際に最初に書いたら、あっさり入りました。
あれこれ考えるより、実際に書いてみるのが一番ですね。

それで、もう一つ気になっていたことがあるのです。
昨年の誕生日のこと、ビルの基礎工事が始まる、景色がなくなるとわかる、新しい治療のこと、これらが出て来るタイミングと、新しい治療が始まるのが今年の誕生日のあとというのが、なんだかしっくりこないー。今年の誕生日の前にはビルが完成してなければならない、という都合もあるからしょうがないんですけどね。
その解決方法にも悩んでいたのですが、まずは最初の入院に一か月くらいかかり、その後、入退院を繰り返すという路線でいけば、最初の入院のあとで、誕生日は家で過ごせることになります。それにしても、新しい治療を始めるのに月日がかかりすぎてる感じもしましたので、どうしようかな、と思いました。で、会話でのやりとりをやめて、さらっと地の文で書いたら、もしかしてオーケー? という気がしました。
ビルの工事が始まる。→海が見えなくなる。
普通、すぐに気づくのではないか、というところで違和感があったようです。すぐに気づくと困るのは、そのやりとりに新しい治療を絡めなければいけないからなんですよね。会話をやめたので、そこで絡めなくてもよくなりました。
 短編をイメージすると、書き込まなければなりませんが、枕なのでばっさばっさと切れます。やっぱりこの話は、枕の長さのほうがいいかもです。ミステリー要素が少ないのに兄と妹の会話を長くしてもミステリーとしてどうか、という感じだし、そもそもラストの落ち勝負の話は、長く書くと、そこまでいらないんじゃない、などと言われます。もしくは、ラストのための話になってるんじゃないか、とか。
「夕陽」の話はラスト勝負の面もありますので、ラスト勝負にします
つまり、ラストを当てる「推理クイズ」にします。
それなら、ラスト勝負の形でもいいっしょー

つまり最初のほうは問題文でーす。←大丈夫か





Pass :
ナトホ

Re: 「夕陽」

2019/07/18 (Thu) 08:42:23
つづきです。

そうそう、場所です。

海があって、紅葉するような木々があって、ビルが建っていて、家がある。
海から順番に見た配置としては、そんな感じです。
日本ではよくあることかもしれませんが、それでも二階の部屋から海が見えて、ステキ―! という状況は、特殊と考えていいような。
ずっと住んでると平凡だと感じているにしても、最初に提示しておきたい部分かも。
今の位置でも最初のうちに入るかもしれないし、いつもと同じ光景、という言葉も入ってましたが、その同じ光景というのが、ビルの合間に見える海と紅葉って。。。

家がなくなったことで、海まで見えるようになったのなら、やはり海が見えてることで、いい眺めだと思いそうです。もともと見えているのなら。。。
海のことを書かずに、いきなり海と紅葉と夕陽はどうか

すみません。わたしの書き方の問題です。
どう書くか、考えてるところなのです。
海が見える町であることは、もっと最初にいれておいたほうがいいかなー、と思い、最初から見直す度に、とくに入らない。
海と紅葉と夕陽のシーンが割と最初なんですね。
それでも、なんか違和感がー

どうにかやってみます

Pass :
ナトホ

Re: 「夕陽」

2019/07/18 (Thu) 08:27:00
また書くことによって考えまーす。

やっぱり妹の部屋から見える景色について、気になりました。
ビルの間に、海と紅葉が見える。そして日が沈む。
日が沈むのは、西向きということでオーケーです。
季節によって、その位置は変わるから、誕生日のころにちょうどいい感じになる。
11月の中旬と1月の中旬は同じところかもしれないけれど、そのときは木々は枝だけになってますもんね。それはそれでステキそうだけど。。。

問題は、海と木々です。
まず、どんなところなのか
海があって、海岸に木々があって、街がある。そりゃそうだ。
海岸の木々も紅葉がきれい、となると、公園ですね。
海→山ならともかく、海→平地→街となると。
もしくは、庭とか敷地の紅葉というのもありかもですが。
とにかく、二階の部屋の窓から眺めて、紅葉の先に海で夕陽が沈む、となると、
その間には他の建物がない、という状況です。
または高台にあって、海を見下ろせるとか。
丘陵の途中の木々が紅葉していて、ビルの間に見える。
西向き傾斜ですね。

幸いにも、舞台にしているところは海に日が沈みます。
ビルがぽんぽんぽんと建っていて、その手前に一戸建ての住宅もあって、海と紅葉が見えると、平地に近いほうがいいような。
別の場所で、海まで見える光景を思い出してみたのですけどね。

あっ、でも、低いところから見るから、街並みが見えず、紅葉と少し遠くの海だけが見えるって感じならいけるか
ビルもマンションにすればいい。
でも、海が見えなくなるなんて、住民が猛反対しそう。
そもそも最初に建っている「ビル」も無理そうだなー。
法的にも。
やっぱもっと海に近いところの町で、ビルの間から海が見えるっていうのがいいかも。

実は、イメージしていたのはこちらだったのですが、そうなると、というか、少し離れていても同じなのですが、淳一がビルの間の景色に驚いて感動したときに違和感がありました。
だって、淳一の実家です。
海が見えることを知らなかったなんてあるだろうか
見えることは知っていたけど、海と紅葉と夕陽が重なるのは初めて知った。
まあ、でも、海が見えて、紅葉も見えて、夕陽も見えることくらいは、人生のどこかの時点でわかるのではないか
あっ、でも、家が建っていたから見えなかった。
それならいいか。

妹は知ってるから、空き地になってから数年は経過している。
妹がどんな病気なのか、詳しく書かないにしても、具体的にイメージしたほうがいいか、とも考えました。ちょっと調べたのですが、これだ というものはありません。
でも、なんとなーく、病気についてはもやもやとわかったというか、わかるうちに入ってるのか、という感じではありますが。
にしても、新しい治療法のために半年以上も入院する、というのがあるのかな
具体的にそういうかたがいたのでしたら、教えてくれると嬉しいです。
その病気の治療について読んで、イメージしたいです。

もしも、そういう状況ってあるんじゃないか、と想像したのでありましたら、これもまた想像にすぎないのですが、新しい治療法をやるために一か月くらい入院し、その後、入退院を繰り返すことになる、ということにしてみます。なんかそのほうがありそうです。

今、たとえば、癌の治療でも、ずーっと入院なんてしないですよね。
心臓系とか、血液系とか、内分泌系とかあれこれ見たけど、これだというところまでいかないし。。。
推理小説で、友達がずっと家で療養していて、という話がありました。
その病気名はなんだったろうか。
知りたいけど、タイトルも作者も忘れた。
連作短編だったことは覚えてます。
それと結末も。
主人公の女の子は刑事だったかな
事件を調べる仕事だったような。
そんな主人公の日常のミステリ。。。それ、日常のミステリとは言わないかもですけどね。

とにかく仕事の合間に見舞いに行っていた友達の死を止めることができずに悲しむというラストでした。病死じゃなくて、殺人だったのです。

まあ、とにかく、長く療養しているっていのはありそうなので、それはそれで。
(検索したけど、そういう具体例がヒットしませんでした。)
そもそも枕話ですもんね。短編にするんだったら、決めたほうがいいかもだけど。

でもやはり、どういう場所なのか、ということくらいは把握したくて、結局、どうしたんでしたっけ


(つづく)









Pass :
たみぃ

2019/07/18 (Thu) 08:24:52
枕は当然、一話に一個です。使えない枕や設定が合わない枕は
ドンドン、ゴミ箱に入れて下さい。
今は枕になりそうにない話(観覧車での犯人消失話)を作成中ですが、枕に関連するお題をいただければ、この後から作る枕のとっかかりになるかも知れませんのでキーワードを何個か参考までに上げて下さい
(な~んて言っても、できないかも~)
Pass :
ナトホ

「夕陽」

2019/07/17 (Wed) 23:53:41
すみません。
いつものように書くことによって考えてます。
けっこう意味不明かもです。
(たみぃさんは、わかるかもしれないけど。。。)

もしかして、まずいかも ということに気づきました

密かに舞台にしている北九州の紅葉の時期は、11月初旬から中旬らしいです。
って、東京でもそれくらいですよね。

となると、「夕陽」の話のラストは、11月中旬がよさそうです。
たぶん、初旬では感動的な紅葉はしてないのではないかと。。。

1話「弟」/2月(およそ70枚) ←トリッキー
2話「マジシャン」+鶏と卵の密室事件/4月(およそ90枚)←密室系
3話「地蔵」+別荘争奪戦/5月の終わりころ~6月の梅雨前(およそ95枚)←算数パズルと恋愛系
4話「空き巣+傘」+リゲル王子の話/夏(およそ62枚) ←暗号系
5話「策士」+/秋 ←アリバイ系もしくは横溝系(^^;)←目標90枚以上

4話から間が空きすぎてはいないですか
そもそも11月に骨折したダイゴーは1年後にボルトをとる手術をします。
ちょうどいいような気もするけれど、夕陽のあとには、すぐに民宿に行かないと。。。
すぐに行けばいいのかー

手術って予約が必要なばすだから、手術の前の決着をつける感じで民宿にいけばいいのですね。
(あ、5話の「策士」の舞台が民宿です。)

間が空きすぎると思ったけど、
1話は2月だから冬として、
2話は4月で春。
3話は初夏。
4話は夏。
5話は秋。
おっ、いい感じでしたー。
そんな長く、旅の途中でもたもたしてるってところが、作者都合ですけどね。
まあ、でも、ボルトを取らないとね。
その辺のことも書いておこう。

ここでの暮らしが楽しくなって、ずるずる居候してるって感じですね。
とにかく足の骨を固定していたボルトをとるまで。
その前に、民宿へ行く。
今さら民宿に行かずに、ウヤムヤにしてもいいけど、「夕陽」の兄と妹の話に刺激された。
この兄の話も、昨年の秋に遡ってます。そして冬辺りに問題が発生し、今年の秋になりましたー。

ところで、11月じゃまずくないか、と思う前に悩んでいたのは、妹の部屋から見える景色です。
ビルとビルの間に空き地があって、そこにまたビルが建つのかと思っていたけど、
ちょっとちがったと気づきました。
その裏側に建つんですね。
ビルとビルの間よりも幅が広いビルが、その向こう側に建つ。描写とか言動によりそのように感じました。
変更するのは自由なので、一々報告しないでよろしいとのことでしたが、
ビルとビルの間の空き地に建つことにしようかな。
そんなに広くないことにしないと、ビルに挟まれた場所に見える光景つて感じならないから、そうなると、そんなに大きいビルじゃなくなりますが、ま、いいか。
貸しビルというより、マンションにしてみたし。ワンフロア、二戸くらいかな。
 また妹の部屋から海まで眺めることができるって、どんなシチュエーションかとも思いました。少し高台のほうがいいですね。

ってか、ベッドに転がった状態だと、普通は窓の下になっちゃうぞ。
ベランダ窓ならいけるけど、普通は手摺壁とかあるのでは。
外から見えないように。

この問題はやはり、ベッドから座った状態で見える景色にすればいいだけですね。

窓→扉→扉→窓という設定になってますが、これはなかなか厳しいのではないか、感じてました。そのほうがすごいけど、厳しいのでは という疑惑を少しでも軽減するために、窓→窓にしようかと思ってます。一戸です。玄関扉があるとどうしても視野が狭くなるので、角部屋で玄関は横にある。なので、窓→窓でいける。これだとずいぶん見えるのではないかと。向かいの建物のほうが少し低いところに建っていたほうが、海まで見えるかなー。ほんの少し見下す感じになって。

見えなかったらどうすんだよー、という問題も大丈夫だと思います。
だって、窓を通して景色を見るくらいだったら、そっちに引っ越せばいいんじゃん。
って、普通、思いますよね。もとの話では事務所に使うような感じでしたけど、とにかく一部屋にしたし、マンションだし

しかしながら、これ、枕です。
これを使うとなると、「ウサギとカメ」は、なしかなー。
二つ続けて、小話をいれるのって、なんだか無理がありますよね。
いれることはできますが。いれればいいだけなので。

ぐだぐだと失礼しました。




Pass :
ナトホ

Re: 「夕陽」

2019/07/17 (Wed) 01:49:18
淳一の話をダイゴーが聞いている、という設定でとりあえず書いてます。
うまくいったら、「夕陽」を入れます。

入れるとしたら、最終話の冒頭です。
もともと30枚くらいの話ですが、それより短くする予定なので、単独では無理です。
現在、8枚です
Pass :
ナトホ

「夕陽」

2019/07/17 (Wed) 00:03:15
第5話として、たみぃさんが考えた「夕陽」をそのまんま、ぶち込んじゃおうかなー、などと思いました。ちょっとは書き直しますけどね。

三ツ島シリーズは、すべてダイゴー視点で書いてます。
でも、夕陽だけはちがっちゃいます。
しかも、いわゆる推理小説ではないです。
なんとなく雰囲気で入れてみようかなと。

ダイゴー視点にできなかったんだ、と思われるのも嫌だから、ダイゴー視点にするかな。。。

「聞いた話」にするにしても、淳一視点は無理がある。
相談者の視点なら、オーケーです。
そうなると、やはり亜衣視点かなー。
亜衣が三ツ島に来るのは無理とすると、母親か、亜衣の友達ということで多緒か。。。

誰が話すにしても、亜衣視点がいいですね。
すみません。
また意味不明に呟いてます。

つまりです。
やめることにした「兄(夕陽)」を入れようとしてます。
短いです。
3話「地蔵」の枕の別荘争奪戦くらいかも。
これは三人称で書いて、三ツ島酒店に来た沢田会の人たちが語った話、ということにしてますよね。

「兄(夕陽)」もそんな感じで最終話の冒頭に入れるとか。

現在、兄の淳一視点で語られている部分を妹視点にしてみます。
と思ったけど、ダイゴーが兄に会って話を聞けば、そこも兄視点でいいのかな

そうなると順番的には、
相談を受ける→兄に会う。

いやいや、やっぱり、
兄視点での話。兄の話をダイゴーが聞いた。→家族からの相談に話が戻る。

いやいや、これでは今ひとつか。。。

とにかく最終話に入る前にあれこれやってみますー
Pass :
ナトホ

いよいよ最終話です。

2019/07/16 (Tue) 14:33:25
作者都合で、最終話とも言えますが
またここで、ぶつぶつ書きながら考えます。
ではまたまた全体の構成は、

1話「弟」/2月(およそ70枚) ←トリッキー
2話「マジシャン」+鶏と卵の密室事件/4月(およそ90枚)←密室系
3話「地蔵」+別荘争奪戦/5月の終わりころ~6月の梅雨前(およそ95枚)←算数パズルと恋愛系
4話「空き巣+傘」+リゲル王子の話/夏(およそ62枚) ←暗号系
5話「策士」+/秋 ←アリバイ系もしくは横溝系(^^;)←目標90枚以上

さて、5話をどんなエピソードで始めるか

もともとは、兄と妹の話である「兄(夕陽)」を書いて、妹との問題を抱えているダイゴーの話である「最終話」に入る予定でした。

なので、「兄(夕陽)」を枕にしてもいいかなー、とも思ったのですが、推理クイズである「ウサギとカメ」のほうがミステリとして楽しいかなー、とか。
「兄(夕陽)」はトリッキーではないので。
長さ的には、枕くらいがいいかもなのですが。

それと「ウサギとカメ」はウサギが寝る話。
「策士」は、主人公のダイゴーが導眠剤で寝る話。
>直截すぎますね~(笑)
やっぱり~(笑)

やっぱりという意識をもち、もう一回考えます。
導眠剤を盛るのは非常に怪しいですが、犯人じゃなければもしかしてオーケー
実はまだ犯人を決めてません。
牛沢というのも面白いかもしれないので、候補の一人ではありましたが、
書いてみて、一番、犯人ぽくない人にしようかなー、とか。
ミステリ読者だったら、とても怪しい人は犯人じゃないんだろうな、と思いつつ読むかもしれません。そこの裏をかいて、それを犯人とすると、ヒネリがないという突っ込みが来そうです。
数少ない登場人物の中から、そいつが来たかー、といつも感心します。プロってすごいです。
あっ、そうだ。タイトルは「策士」ですから、ダイゴーが対決する相手は、「策士」じゃないとね。
この場合、「策士」は誰かといいますと、
記憶のいい読者なら、まず思い出すのは、3話「地蔵」の枕に出て来る松原だと思ってます。この人は、策士と呼ばれてます。高校時代だけど。
でも、策略を用いる人、という意味で考えると、やっぱり牛沢ですかね。

そして「ウサギとカメ」の話をする人たちは、推研のメンバーである甘利たち&牛沢です。とくに「ウサギのアリバイ」について語るのは牛沢にしようと考えます。

このそのまんますぎる雰囲気で書くと、ミステリの読者としては絶対にちがうぞ、そのまんますぎる、と思いますね。しかし裏をかいてそのまんまだとヒネリがなさすぎるということに。
牛沢だったとしても、その裏があるからいいか、と考えるのは安易すぎるので、ここは一つ、うーーーーーん。
牛沢の策士としては、この旅の本来の目的である、ダイゴーと妹ために考えたことである。
ということに、もっていけば、そういう意味での主犯であります
寝たフリしたウサギです。
するとカメは
ウサギの話にのったのは、やはりもう一人の策士の松原でしょうかね。
でも松原は、被害者なので。。。

なんとなく「ウサギとカメ」使えそうな気もしてきました。
でも、やっぱり「兄(夕陽)」も入れたいような。。。
その話によって、「策士」が活きるように思えます。

間奏曲的に入れるとか。
間奏話という言い方、ないかなー、と思い、検索したけど、なかったー。

最終話に行く前に、「兄(夕陽)」について、ちょっと考えみます









Pass :
ナトホ

相談処についてのメモ

2019/07/16 (Tue) 09:12:47
第4話でなんと、
相談処のシステムについて、ダイゴーが説明してます
第5話が最終話の予定なのにねー。
事務室で牛沢の話を聞いた第1話から変化もしてます。
とりあえずこのままにして、全体を書き直すときに調整します
Pass :
ナトホ

Re: 眠るつながり?

2019/07/16 (Tue) 09:05:52
>直截すぎますね~(笑)
この枕にダイゴーへの導眠剤を絡ますとなると・・

ありがとうございます。
了解でーす。

本編のほうのリアリティを考えると、ダイゴーには眠ってもらったほうが自然だし、
翌日、その事実がわかったときに謎も深まりそうなので、
導眠剤は導入する予定ではあります。

現在は、4話のほうをやってます。
それで時々、最終話のことをちらっと考えたりしてます。
最終話、どうにかしないと、全部が台無しになってしまうぞ、とちょっと心配になってるからです。

でもそんなには考えてないので、そのうち、考えまーす。

<ちらっとの例>
やっぱ庭の真ん中に日本刀でも突き刺しておこうかなー←おいっ
Pass :
たみぃ

眠るつながり?

2019/07/16 (Tue) 01:13:37
>ダイゴーが目を覚ますと面倒なので、睡眠導入剤でも飲ませちゃおう
>そして「ウサギとカメ」のウサギは寝ます。
>このつながりって、いいのかどうか

直截すぎますね~(笑)
この枕にダイゴーへの導眠剤を絡ますとなると・・

研さん「ウサギとカメの昔話からミステリ的に想像できる事を言ってみ」
ダイゴー「そうっすね(しばし黙考)あっ、こんなのはどうですか?
競争する前にコッソリ、ウサギに睡眠薬を飲ませてしまうってのは?
これ、いいじゃないですか?正解でしょう(えっへん)」
研さん「・・それだけ?」
ダイゴー「そうですね。他には何も思いつかないですよ。これでいいんでないですかい」
研さん「お前なぁ、そんなボーッと生きてるといつか人から睡眠薬でも盛られるぞ」
ちゃん、ちゃん。

【注】 ナトホさん、これ本気のヤツじゃないですから。
ちょっと行き詰っているナトホさんの頭をほぐそうと思っただけですから。すこーしだけ、なごめたらいいなって。オヤスミナサイzzz
Pass :
ナトホ

ウサギとカメ

2019/07/15 (Mon) 23:35:45
よく考えてみたら、最終話ではダイゴーを眠らせるつもりでした。
夜にはいろいろとやることがあるではないですか。
ダイゴーが目を覚ますと面倒なので、睡眠導入剤でも飲ませちゃおうと思ってました。
牛沢が医者に処方してもらった薬をもっていそうです。
というか、持っているので、使います。

そして「ウサギとカメ」のウサギは寝ます。
このつながりって、いいのかどうか
うまくやらないと難しい
それとも関連しているから、ちょうどいい
ちょっと迷ってます。


Pass :
ナトホ

Re: やばし

2019/07/15 (Mon) 18:49:29
むしろ「夕陽の話」を枕話にするとかー
Pass :
ナトホ

やばし

2019/07/15 (Mon) 18:42:25
なんとなく枚数について見通しを立てていたら、8月末までに180枚も書かねばならないと気づき、無理だ、と挫折しました。

対策としましては、4話を書いたら、最終話にいっちゃいます。
それで余裕があったら、5話「兄(夕陽)」にチャレンジします。
どんどん無理だ感が高まってるので、無理な気もしてるんですけど。
なので、現時点では、全5話作戦でいきます。
これでも下限の360枚はクリアして、400枚くらいは行きそうですし。
5話しかなくても、枕話の推理クイズが入ってるから、いろいろ入ってる感はあるということにして

というわけで、全5話の場合の構成です。

1話「弟」/2月(およそ70枚) ←トリッキー
2話「マジシャン」+鶏と卵の密室事件/4月(およそ90枚)←密室系
3話「地蔵」+別荘争奪戦/5月の終わりころ~6月の梅雨前(およそ95枚)←算数パズルと恋愛系
4話「空き巣+傘」+リゲル王子の話/夏(傘とリゲル王子で24枚) ←暗号系←目標60枚以上
5話「策士」+ウサギとカメ/秋 ←アリバイ系もしくは横溝系(^^;)←目標90枚以上

もと5話につけるはずだった「ウサギとカメ」の枕話は、結局、アリバイ系だから、最終話につけてもいいですよねー、なんて呟いてましたよね。
どうするかは未定ですが、とりあえずこんな感じでー
Pass :
ナトホ

4話 ミスディレクションについて

2019/07/15 (Mon) 09:41:59
これは、たみぃさんが考えてくれた骨格通りなので、ミスディレクションも入ってますねー。
さすがです

問題は常に、わたしが考えて投入した部分にあります
それにこの話は、たみぃさんが考えてくれたことを三ツ島に合わせて書き直したから、さらっと見直せばオーケーかな、という感じで予定に組み込んでいたのですが、とんでもなかったです。

①枕を足した。
②美音、牛沢、甘利を登場させた。つまり別の話を絡ませた。
➂枕の「レゲル王子の話」に「星の話」を足した。これを本編に絡ませねばならない。
④研さんが謎を解いていたけど、研さんに「変な助言」をさせて、ダイゴーにやらせねばならない。

今月の目標は、まだ何も書いてない5話の完成だった。。。

とにかく4話をかきあげて、5話に突入せねば
Pass :
ナトホ

3話 ミスディレクションについて

2019/07/15 (Mon) 09:33:56
3話の方向性

◆枕話・算数問題
①時朗と結子と山姥の話←多緒の相談
②時朗、行方不明になる。←結子の相談
➂現場に行く。←ダイゴーの情報収集
④時朗の行方がわかる。
◆研さんの助言
⑤再度、現場に行く。←ダイゴーの情報収集
⑥時朗と対決する。←追及の結果、真相がわかる。

これもまた半捻りくらいはしてますが、読者は辿っていくだけですね。
どこかで推測させてないといかんかなー。

あっ。
結子が時朗に「わたしのこと好きなの」と聞いたとき、
時朗は「全然」と答えます。
いやいや、好きでしょう、と読者は思う、と思うのです。
でも、これはダイゴーも指摘しちゃってます
でも、それはそうであるとともに、想定外の展開をする。
おっ、もしかしてミスディレクション

あとは山姥の話でのミスディレクションをもっと明確にすればいいかな

①県立高校には山姥についての噂話がある。←相談内容
近所の人のことを高校生たちが勝手にそう呼んでる、ということで書いたけど、
よくある学校の伝説という雰囲気にしようかな。
でも、近所の人のことをそう呼んでるというのは事実だからなー
②近くに住む人の話を聞くと、山姥と呼ばれるような人ではない。悲しい事件のせいで、そのように言われた可能性があるそれで山姥という言われたのだとしたらひどい
↑ダイゴーの情報収集の結果
➂しかし、今回の相談内容を考えると、やっぱり山姥っぽい
状況と情報の提示、そしてダイゴーの考え=読者となり、山姥についてのそれ以上の推理は無理だな。

よく考えてみると、ここでの問題は、時朗が行方不明になったことである。
その件について、読者が想定できるようにせねばいけないんですね。
今のところは、状況説明になってます。それと、なぜ行方不明と感じているのかの説明。
あっ、「ダイゴーの中で、事件性が膨らんだ」と書いた記憶が蘇りました。
そうだった。池に落ちたと推測できるあとがあって、監禁されている可能性について示唆してます。そうは書いてないけど、山姥の家のチャイムを押しても反応がない。このときに、時朗がこの家か別の場所に監禁されてるかもしれないという伏線みたいなものを入れておくといいのかな。割とすぐに真相がわかるから、しれっとダミーいれても、怒られない、と考える。むしろ気づかないかも

ミスディレクションするとしたら、時朗の行方だな、という方向で、書き直すときに考えてみます
Pass :
ナトホ

2話 ミスディレクションについて

2019/07/15 (Mon) 08:57:45
2話の方向性

◆枕話・密室問題
①亮は美希の部屋に忍び込んだのか←相談
②現場がいかにも「ミステリーの密室」っぽい。←現場の状況
➂密室を破ることはできる。←ダイゴーの推理
④そもそもなんで忍び込む必要があるのか←ダイゴーの気づき
⑤事情があった。←美希の告白
⑥ダイゴーは亮と対決することになる。←ダイゴーの決定
◆研さんに亮のことを聞く。で、結局、どんなヤツなんじゃー
➆対決

話としてはひねってますが、やはり読者はそれを辿っていくだけとなるので、こうではないかと想定させないとダメですね。

➂のところで、棚のカードスタンドが落ちていても美希は気づかない、という状況をダイゴーは試しているのですが、そのとき窓から侵入できる可能性に読者が気づくようにすればいいかな。今、そのように書いてますが、読者が気づかない気もする。いや、気づくかな クレセント錠トリックだし。その件については、のちほどダイゴーが説明するので、読者には気づいてほしいところです。気づかないで感心してくれてもいいけど。。。

あっ、そうだ。2話は事件そのものがミスディレクションだったということをラストに明確に書けばいいのかも
現時点では、ぼんやりしてるので。
Pass :
ナトホ

1話 ミスディレクションについて

2019/07/15 (Mon) 08:34:31
たみぃさんのご助言に沿って、しつこく振り返ってみます。

1話の方向性
①弟が兄を殺そうとしているかもしれない。←依頼
②兄弟でそういう話を作ろうとしているのかもしれない。←ダイゴーの推理
➂弟はそんなことを考えていなさそうだ。←ダイゴーの感想
④兄が殺された←事件
◆研さんの変なアドバイス
⑤真相

これだと、出来事やダイゴーの考えを読者が辿っていくだけになるので、いやいや、こうではないか と思わせるものを入れていかないとダメですよね。

②と➂のところですね。
(書き直すときに考えます)
Pass :
ナトホ

Re: ミスディレクションについて

2019/07/15 (Mon) 08:25:18
ミスディレクション、ミスディレクション、と思っていたものだからついに、4話の枕「リゲル王子の話」ではなんと、ミスディレクションという言葉をそのまま使ってまーす。

実は王子の名をリゲルとシリウスにしました。
なんとなく星の名で統一してみたのです。
それでダイゴーが、星の名ですね、と指摘します。
沢田会には天文部の人もいるし。つまり推理研の甘利も親しくしている。
ダイゴーに指摘された甘利は、リゲルとシリウスについて解説します。

って、これ、こんだけ書いて推理クイズの問題に関係ないなんて、読者は絶対に怒るぞー
まあ、でも、作者が自分のための知識としてとりあえず、リゲルとシリウスについて書いてみて、削除してもいいか、という流れで話を進めました。

牛沢に「単に王子の名を星にしただけなのでは」と指摘させ、
ダイゴーには、「ミスディレクションかも」とか、「まったく関係なかったら、推理クイズとして反則」とか、
甘利には、「ダイゴーの指摘に答えただけで、星の話は問題文には含まれてない」とか。
でも、牛沢に「関係ある可能性」について指摘させたところで、美音さんが店に入ってきて話は中断します。
「リゲル王子の話」の謎は美音さんが答えを出すとして、リゲルとシリウスの話は、次の機会に牛沢か甘利がきたときにやろうかな、と思いました。
本編である「空き巣」の話は、相談者が間をおいてくるので、そのときですね。ラストは「空き巣」の話で締めくくります。
あ、でも、美音がきての話ですので、星の話も出さないとなー。
星の話をしたら感心した、くらいでいいかな

それにしても、星の話を本編の中ほどまで引っ張るんだったら、本編に絡んでないとまずいですね。。。
あっ もしかして、本編のヒントになるかも

ところで、星の話について牛沢にこんなことを言わせてます。
「甘利さんは単に王子の名を星にしただけかもしれないが、ダイゴーに説明しているうちにヒントになると気づいたという可能性もある」

作者の気持ち、そのまんまでーす



Pass :
ナトホ

Re: ミスディレクションについて

2019/07/15 (Mon) 07:56:36
またまたありがとうございます。

>ミステリは判り易い「犯人は誰か」というケースだけではないです。

三ツ島の場合、犯人役に該当する人が決まってますしねー。
しかも各話のタイトルになってます

>動機についても「こういう理由ではないか」と思わせて間違った真相方向に絞らせるというミスディレクションもあり、「どうやって」という謎についても色々な可能性を読者に提示してみるのも一つの方法です。

あらためて提示していただけると、ふむふむと意識できます。

>全てはミスディレクションの役割りが真相への付加効果(反動効果)である事は同じです。ミステリではなく、普通のエンタメ小説でも紆余曲折や障壁があってから目的に達した方がカタルシスが高くなります。

その通りですね。

>(計算上、あおなみ線に乗るのはとても時間が掛かるという事を提示してから、他の要因の変化で上手く乗る事が出来たという風にですな)

さすがです

>ミスディレクションが用意できない!とお嘆きのお話についても心配不要です。もっと広く曖昧な範囲で方向性を逆にしてから、反対方向の結末に持っていければ効果は十分です。もう少し、具体的に言えば「バッドエンドを予感させる話の流れ」を意図して挿入させておき「少しだけでもハートフルなエンディング」で〆れば、上げ幅が本来の数字よりも増えて感じます。(読後感が良くなる)

なるほどー
Pass :
たみぃ

ミスディレクションについて

2019/07/15 (Mon) 00:16:52
今さら、ナトホさんには不要な説明なので、不特定多数に対する一般的見地みたいな「ひとりごと」をつぶやきます。

ミスディレクションは作者が意図して読者を誤った方向へと誘導する文章中の罠のようなものですが、それはミステリにおいての狭義みたいなもので、エンタメ小説には多かれ少なかれ必要なファクターです。
ミステリ的な狭義で非常に判り易いケースで言うと
容疑者が数人いて、いかにもその中のAが怪しく見える。でも真犯人はAでは無かった。という結末に対してAを怪しく見せる工夫がミスディレクションです。この場合、いかにも怪しく見えた「事柄」なりが本文中に存在しているはずなので作者は最終的には読者に不満やもやもやを抱かせないように処理が必要となります。
容疑者が複数いてAだけは犯人ではないだろうと読者に思わせて実はAが犯人だという場合も同様です。

狭義のミスディレクションから少しずつ広義に向かいます。

ミステリは判り易い「犯人は誰か」というケースだけではないです。
動機についても「こういう理由ではないか」と思わせて間違った真相方向に絞らせるというミスディレクションもあり、「どうやって」という謎についても色々な可能性を読者に提示してみるのも一つの方法です。

全てはミスディレクションの役割りが真相への付加効果(反動効果)である事は同じです。ミステリではなく、普通のエンタメ小説でも紆余曲折や障壁があってから目的に達した方がカタルシスが高くなります。
(計算上、あおなみ線に乗るのはとても時間が掛かるという事を提示してから、他の要因の変化で上手く乗る事が出来たという風にですな)

ミスディレクションが用意できない!とお嘆きのお話についても心配不要です。もっと広く曖昧な範囲で方向性を逆にしてから、反対方向の結末に持っていければ効果は十分です。もう少し、具体的に言えば「バッドエンドを予感させる話の流れ」を意図して挿入させておき「少しだけでもハートフルなエンディング」で〆れば、上げ幅が本来の数字よりも増えて感じます。(読後感が良くなる)
これはどのエンタメ作家さんも必ずと言っていいほど行っている事なのでそれを三ツ島でも入れていきましょう。
Pass :
ナトホ

Re: 三ツ島

2019/07/15 (Mon) 00:05:10
お忙しいところ書き込みありがとうございます。

>研さんのアドバイスの解答への反映加減という匙加減がとても難しいですが、作者としてやり甲斐のある工程だと思います。

あい。やりがいはありますが、難しそうです。

>謎の本質が判っているのか判っていないのか曖昧な感じで一見無関係なトンチンカンな(直感が言わせた)セリフであると尚、良いです。

そうですよね。
難しいです。
うまくいってるのかどうかも謎ですが、がんばります。

「ウサギとカメ」の話については、5話の枕の予定なので、まだよく考えてません。
4話の枕で、推理研の甘利と牛沢が「リゲル王子」の話をして仲良くなったので、甘利、内田、外山、牛沢で対決させてもいいかなー、などとは思ってますが、やはりまだよくわかりません。
という話で推測できたと思えますが、4話に「リゲル王子の話」の枕をつけることにしました。
今、書いてます。
牛沢と甘利とダイゴーで、「リゲル王子」の話をしているところに、美音さんがやってきて、その話の答えが出る前に、牛沢と甘利が店から退出します。そしてダイゴーから「リゲル王子」の話を聞いた美音さんが、答えを出す、という方向にしようかな、と考えてるところです。そのあと傘の話にもっていく。
またまた枕が長いかなー。。。
現在、美音さんが答えを出す直前のところまで書いて、16枚くらいです。
それに傘の話を足したら、20枚くらいになっちゃうかな。

そうなると本編は40枚以上はほしいけど、現在は、傘の話と本編を足して40枚くらいです。
枕、もう少し、削るかなー。

すみません。またブツブツ言ってしまいした。
失礼しました。







Pass :
たみぃ

三ツ島

2019/07/14 (Sun) 22:51:53
頭脳明晰で快刀乱麻を断つタイプの人間では決してないダイゴーが
研さんの変なアドバイスによって事件の謎を解いてしまうという
通し構想はとても良いですね!研さんのアドバイスの解答への反映加減という匙加減がとても難しいですが、作者としてやり甲斐のある工程だと思います。
その場合、研さんは全てお見通しで的確な指針を示すのではなく、
謎の本質が判っているのか判っていないのか曖昧な感じで一見無関係なトンチンカンな(直感が言わせた)セリフであると尚、良いです。
読者がピンときたのに、ダイゴーがすぐには気付かないというケースを避けたいですね。

「ウサギとカメ」を枕に使うならば、簡潔にしたいですね。
研さんがダイゴーに「ウサギとカメの物語をミステリ的に捉えるとどんなプロット(シナリオ)が考えられるだろうか」と酒を飲みながらぐだぐだと謎を肴に話すくらいで良いかもです。
そして本編でもごくありきたりな噂話がミステリ的に考えると違う側面を呈するみたいな流れだと綺麗です。
Pass :
ナトホ

Re: ミステリ新人賞

2019/07/13 (Sat) 10:58:07
みなさま、すみません。
しつこく記しておきますが、書きながら考えてます
Pass :
ナトホ

4話「空き巣」

2019/07/13 (Sat) 10:55:58
現在、取り組んでるのは、4話「空き巣」です。
正確に言うと、取り組もうとしてる、ところですね。

もともと予定していた4話「川」では、ウシ企画が絡んでいる筏レースにダイゴーが誘われるという形で、牛沢が再登場し、その後、最終話で活躍する予定でした。
この「川」の話をやめてしまったので、別の形で牛沢を登場させないと、と昨日はあれこれ考えてました。

「ウサギとカメ」を投入する場合、3話で登場した沢田会の人たちのうち、甘利、内田、外山の推研の人たちを再登場させて、そこにたまたまいた牛沢と戦わせようかな、と思ってます。
それをたぶん5話「兄(夕陽)」の枕にすると、その前の4話「空き巣」でも牛沢を出しておきないとなー、と思いました。そこで、ダイゴーのこれからのことを心配して、仕事の話でもさせようか、と思ったのですが、ウシ企画って何をやってるのか、ということが問題です。「川」のときには、タウン誌を出していたり、イベントの企画をしたり、とイメージしてました。それで、タウン誌を出すような仕事をしている会社についてちょっと調べてみたのですが、タウン誌を出すのをサポートしている会社のホームページがあり、そういうところはウシ企画より大きい。ではサポートじゃなくて実際に出してるところかどうか
そういうところの実態をこれから調べるとなると、お仕事小説を書く勢いになりそうなので、タウン誌を出している設定は挫折しました。
というか、とりあえず、美音さんが店にくるという設定の書き出しを考えることにして、終了です。
そして、今また、書き出しをどうしようかな、と考え始めたところです。
というわけで、今、このコメントを書きながら考えてるところなんですけど、あっ、そうだ。
タウン誌の手伝いを牛沢がダイゴーに持ち掛けた場合、研さんの周辺ではどんな行事があるのかな、と検索しました。すごい祭りをこれからやるみたいではないですか
それについてちらっとでも書くとなると、それもまた大変そうなので、タウン誌はやめたのでした。もしくは触れないとか。
ちくわさん、きっと忙しいんだろうなぁ。

ちなみに、三ツ島シリーズはあきらかに「ある地域」をイメージして書いてるのですが、地名は出してません。なので、地元の有名な祭りというのを書くとなると、書き方が微妙になるので、そこで頭は使わないことにします。
一般的に、祭りはどこでもありますから、使ってもいいのですが、それを描写して、ミステリとしては使わないっていうのもアレだし。地名を書いてるのなら風物詩として許されるかもですが。

そうそう、「川」を一つ抜いたから、季節も問題です。とにかく5話「兄(夕陽)」は秋ですからね。と書いて気づいたことがありました。
5話「兄(夕陽)」のラストは秋ですが、この問題はもっと前から始まってます。それは過去を書くことによって処理しようと思っていたのですが、相談はいつか
9月の初めくらいでよさそう。
そうなると、4話「空き巣」はざっくり夏で

ざっくり夏だとは、昨日の時点で考えてまして、三ツ島家辺りの気温の記事がグーグルに残ってました。日中35度を超えたという言葉を入れようとして、確認したのです。

それで今は、美音さんがくるとしたら、その日中のほうがいいかな、と思ったところです。
どういう描写で始めるか。
店の扉が開いて、「夏の熱」とともに入ってくる感じかな。
その前に、冷房がきいている店の感じを書く。
そうなると、ダイゴーの足に入ってるボルトのことにも触れることができる。
ボルト摘出手術をすると、しばらく運動できなくなる。
就職したとしても休まねばならないし、その後、不自由になる。
もともとその会社で働いているのならしょうがないけど。
仕事を始めるのなら、手術後だ
そもそもこの旅の目的もまだ果たしてない。
そんな言い訳を並べることができる。
そこに美音さんがはいってくる
2話「マジシャン」の美希ちゃんとのことがどうなったのか、という報告とお礼をする。
ちょっと間が空いてるけど、気持ちが落ち着くのにこれくらいかかってもしょうがない、ということで。大学勤務で、夏休み期間に入ったし。
そこにたまたま牛沢がくる。
カバンの話をさせようという企みもありましたが、美音さんは帰っちゃうー。
じゃ、牛沢が先にいることにするか、となると、美音さんが美希ちゃんのことを話せなーい

うーーーー。

それに牛沢に「カバン」の話をさせるとしたら、夜だ。
気を取り直して、冒頭「カバン」の話を入れるとしよう。
その話が終わったところで、牛沢が話していたことがわかる。
どうしてそんな話を
推理研の甘利もいることにするかな。

そこにふらりと美音さんがくる。
美音さんがくるとしたら、昼間
いやいや、お酒を飲むところという認識で夜にくる。

よーし、それで行ってみるか
(実際に書いて、気が変わるかもだけど)





Pass :
ナトホ

Re: たみぃさん

2019/07/13 (Sat) 08:06:13
お忙しいところ、申し訳ありません。
気をつかっていただき、ありがとうございます。

わたしの数々のコメントは、書くことによって考えてるという部分もありますので、とても読みにくくなってます。余分なところも多いです。そこを見直している余裕もないので、そのままです。すみません。

って、別にいいのではなく、返信しろ、と言ってるのかよ と戸惑うかもしれません。
自分の作品について「どうしたらいいんだろー」とは常に思ってまして、とりあえず自分なりに道を見つけようとしたりはしているのですが、こういう道もあるよ、と言ってくださると助かります。
もしかしたら、すでに自分なりに進んでるように見えても、提案してくださると、あっさり変更したり、やっぱりとりあえず見つけた道を進み続けたり、そこは自由にやらせていただいているので、お時間があるときに何か言ってくださるととても嬉しいです。
ということで、よろしくお願いいたします。
Pass :
たみぃ

こんばんは

2019/07/13 (Sat) 00:19:03
今週は思いがけず公私でバタバタと忙しくなり、ナトホさんの数々の投稿にコメント返せず、スミマセンでした。「公」は済んだのですが「私」は日曜まで続くので、もう少し時間を下さい。軽くコメントして良いワケでもないと思うし、投稿の数々をちゃんと読んでから返答したいと思います。
Pass :
ナトホ

3話「地蔵」 メモ

2019/07/12 (Fri) 16:45:03
枕話は見直しましたが、本編のほうも見直すと停滞するので、あとでやることにして、4話に進みます。

でも、現時点ですでに、チェックポイントがいくつかあるので、メモしておきます。
(すでに忘れかけてるので、記事で確認します。)

●問題提起
aなんで登校のときについてくるのか
bなんで時朗は「全然」ときっぱり答えたのか
それに関する答えがラストでわかります。
読めば答えはわかるけど、推理はできそうにない。
なぜなら、答えが提示されるまで、何が謎なんだかわからくなってる。
→この答えに対する「問題提起」をしっかり書いておく。

●時朗と結子の切ないラヴストーリーであることを意識する。

●酒を生かせるか

●伏線とミスディレクション・チェック
そもそもミスディレクション、入ってない。
行方不明→事情がわかる→しかしそれで終わりか
これはミスディレクションではないので、ひねりが入ってない。
Pass :
ナトホ

三ツ島枚数

2019/07/12 (Fri) 16:29:20
1話「弟」/2月(およそ70枚) ←トリッキー
2話「マジシャン」+鶏と卵の密室事件/4月(およそ90枚)←密室系
3話「地蔵」+別荘争奪戦/5月の終わりころ~6月の梅雨前(およそ95枚)←算数パズルと恋愛系
4話「空き巣」+傘の話/夏(40字原稿用紙換算で、およそ40枚) ←暗号系
5話「兄」+枕/秋 ←系
6話「策士」/秋 ←アリバイ系もしくは横溝系(^^;)←目標90枚以上

3話の枕は、2枚しか削れませんでした。
もっと削るためには大幅な変更が必要になるので、ここで時間をかけるより、
よし♪ ということにします。

本編のほうがそれなりに長くなったので、知人に話したときも、まあ、いいんじゃないか、という雰囲気でありました(削る前の割合ですでに)。

ちなみに、枕は29枚、本編は66枚です。倍以上あるしね。
それと、「イエス」「ノー」で答えるやりとり、しつこく入れました。
「3で割ると、2余るか」というのまで、入ってます

全体では現在、295枚ですね。
Pass :
ナトホ

2019/07/12 (Fri) 02:18:20
三ツ島シリーズについて、あれこれ考えさせていただきました。
長々と失礼しました。

肝心なことは書いてないから、ここでもいいかと思ったのですが、どうでしょう
Pass :
ナトホ

謎「兄」

2019/07/12 (Fri) 02:11:01
まだ全然書いてないから、これからですね。
「地蔵」と「空き巣」も書き直さねばならないですが、次に書くのは「兄」です。
前は「夕陽」というタイトルにしていたのですが、ダイゴーが対決する相手で統一してみました。
って、それじゃ、コロンボかよー、という感じですけどね。
犯人対探偵役(コロンボは刑事)
倒叙ではありませんし、コージーなので犯人というわけでもないですが。

で、「兄」の場合について考えます。
相談者は、多緒ちゃんの友人です。柚美ちゃんという名でしたが、「地蔵」が結子なので、他の名前にしよう、と今、思いました。たみぃさんは「ゆ」がつく名前が好きかな
こんなこと、一々、報告せんでよろしい、と怒られそうですが、新しい名前を考えました。
亜衣ちゃんです。
「あ」から考えてみただけです

亜衣ちゃんの相談は、優しかった「兄」の様子が変だ。前はよく実家に顔を出していたのに、全然こない。来ても疲れているようで不機嫌である。
それでダイゴーが、兄のことを調べてみるのですが。。。
女の子とデートしていた、というのが、ミスディレクションですね。
そして問題は解決するという形となります。

現状では「ウサギとカメ」「カバン」が枕の候補としてあがってます。
なんて書くと、「枕の候補というわけではない」とまたまた怒られそうですが

「ウサギとカメ」では、兄が妹のことを心配してますから、ちょっと意識してますよね。
どちらかというと、ダイゴーと妹に近いですけどね。
でも「ウサギとカメ」だと、ポイントはアリバイになるのかな

アリバイ崩しは、最終話の「策士」のほうになります。あっ、しかも、ダイゴーと妹の話でもあります。最終話は枕なしでいこうと思っていたけど、「ウサギとカメ」をつけるのはいいかも。
この話を、牛沢がする。「ウサギとカメ」の話は対決話になってますが、そっか、三ツ島酒店で、推研のメンバーにやらせればいいのか。
そうなると「アリバイ」の話は研さんがやることになりそうですが、それだと普通なので、やっぱり牛沢にやらせようかな
ダイゴーが牛沢とともに民宿に行くキッカケにもなるし、アリバイ話だし

そうなると、「兄」はどうしよう。「カバン」は暗号ものなので、くっつけるとしたら、「空き巣」かな と考えたりはしてました。でも、傘の話でサンドイッチしてますからね。

そうそう。
「川」の話で、牛沢を出そうと思っていたのですが、これをやめてしまったので、最終話より前の話でも出さないと不自然です。

3話「地蔵」では出る余地がないので、4話「空き巣」か、5話「兄」
「空き巣」の美音さんが出てくる枕で、牛沢もちらっと出しておくか。

そうなると、5話「兄」の枕で、推研の人たちを出して、「ウサギとカメ」の話をして、牛沢も登場させる。それを本編でどう使うかは、書きながら絞り出す
「地蔵」のときみたいに。。。

「兄」は「夕陽」の話なのですが、これで「アリバイ崩し」
関連づけることもできないこともないような。。。

「ウサギとカメ」のアリバイ話が、6話「策士」で使えるといいですよねー。
その場合、5話の枕にそれがあるのはどうか

語ってる人たちが、6話で活躍しているはずの人たちですから、逆に「あり」
それとも、ダメ

ミステリファンのたみぃさんとしては、いかかでしょうか








Pass :
ナトホ

謎「空き巣」

2019/07/12 (Fri) 01:12:41
1話「弟」/2月(およそ70枚) ←トリッキー
2話「マジシャン」+鶏と卵の密室事件/4月(およそ90枚)←密室系
3話「地蔵」+別荘争奪戦/5月GWの後(およそ90枚)←算数パズルと恋愛系
4話「空き巣」+傘の話/夏(40字原稿用紙換算で、およそ40枚) ←暗号系
5話「兄」+枕/秋 ←
6話「策士」/秋 ←アリバイ系もしくは横溝系(^^;)←目標90枚以上

「川」の話はすっ飛ばすことにしたので、次は「空き巣」ですね。
この骨格は、たみぃさんがしっかり考えてくれたものですから、謎の提示と展開はばっちりですね。
「様式美」としての、研さんの変なアドバイスは入ってたかな

あっ、そうそう。
三ツ島シリーズは、研さんがホームズでダイゴーがワトソンのように見えまし、そうかもしれないのですが、実は、ダイゴーがホームズでもあります。
研さんの変なアドバイスによって、ワトソンぽかったダイゴーがホームズに変身するのです。まだ読み直してないのですが、たみぃさんの原案では、研さんが謎を解いていたと思います。これを、ダイゴーが解くように変更したかどうか忘れてしまったのですが(確認しろよー)、とにかくダイゴーが解きます。

研さんの変なアドバイスを入れてなかったとしたら、考えねばなりません。
ミスディレクションはどうかな
しりとりかと思ったら、それだけじゃなかったー、というのでオーケーでしょうか
ラストにもっていく伏線とか情報は、どうかな

「弟」「マジシャン」「地蔵」では、ある意味、構造上のミスディレクションがありました。
「空き巣」の場合はどうか

最初に相談があって、事件があって、事件が解決して、最初の相談の答えが出る。
あっ。この話の場合は、枕が本命だったりして

ダイゴーの恋バナでもある美音さんを枕で出して、ラストにまた出てくるからです。
現状では、美音さんじゃない名無しの女になってるので、書き直す予定です。

第四話は、枕でサンドイッチなのかよー という流れでもいいかなー







Pass :
ナトホ

謎「地蔵」

2019/07/12 (Fri) 00:53:22
現在、執筆中ともいえる「地蔵」が問題ですね。

まずこの相談は、高校生の結子ちゃんが幼馴染の時朗と噂になりたくないと悩んでる、ということを多緒ちゃんがします。
この件については、放っておこうということになります。

翌週、結子ちゃんが相談に来ます。
ある出来事に巻き込まれたあと、時朗が学校を「病欠」して、連絡がつかない。
というわけで、その出来事が起きた場所にダイゴーは行きます。
連絡がつかないのは変だという事情がいくつか提示されますが、ではどうなのか、という部分を読者が推理できるわけではありません。
現地に住む人に話を聞き、ある事情がわかってきます。

結子たちが知ってる話と、地元の人の話はちょっとずれがあります。
ここも、読者は「そうなのね」と思うしかないかも。
それでいよいよ現場に行くのですが、こんなことが起きたのではないか、とダイゴーは考え、その近くに住む人に状況を聞きに行くと、一気に謎は解けます。
ダイゴーが考えたことは読者に提示してますし、近所の人の話もそれを裏付けるものです。
他の人から聞いた事情を書くことによって、もっと詳しいことがわかります。
時朗くんの行方がわかって、めでたし、めでたし。

って、最初の問題は解決してないし、なんか変じゃないか
ここに、研さんの変なアドバイスを入れます

それで現地に行き、再び近所の人の話を聞き、図書館で調べものをしてから(読者には内容を提示)、時朗くんに会いにいきます。

そこでのやりとりの結果、さらに事情はわかるのですが、読者にとってはどうでしょう。
もちろん読者にとってもわかるのですが、「謎を解く」という楽しみはあるのだろうか

多緒ちゃんを通じて提示された最初の結子ちゃんの悩みは、「登校するときに時朗がついてくるから、噂になりそうで嫌だ」ということだったのですが、結子ちゃんが時朗くんに「わたしのこと好きなの?」と単刀直入に聞いたら、「全然」ときっぱり言われて、それはそれで不愉快だった、とのことでした。なので、「放っておこう」ということになったのです。

実は、この問題に対する答えがラストにあるのです。途中、行方不明事件が起きて、その件について結子ちゃんが相談しにきていて解決してるのでうっかりしちゃうのですけど。
そこが明確にわかるように書いてあれば、大丈夫かな

ラストで半ひねりしたつもりだったけど、ひねったわけではないですね

問題
事件
事件の答え
事件の事情
問題の答え
この問題は事件のさらに深い事情に関わっていた。

どっちかっていうと、サンドイッチ

このように整理してみたら、けっこういいように思えてきました。
この構造を意識して推敲すると、よりよくなりそうな気がします。

でも、ラストのための情報とか伏線はちゃんと入ってるだろうか
aなんで登校のときについてくるのか
bなんで時朗は「全然」ときっぱり答えたのか
それに関する答えがラストでわかります。
読めば答えはわかるけど、推理はできそうにない。
なぜなら、答えが提示されるまで、何が謎なんだかわからくなってる。

そっか。
この答えに対する「問題提起」をどこかにしっかり書いておけばいいのか。
途中で事件が起きてわからなくなりそうです。
でもしっかり書いておいて、この話の問題はそれだったよね、と読者が思えばいいのではないか
ミスディレクションはなんだろう

よく考えてみると、構造がミスディレクションになってるのかも。
「弟」と「地蔵」は、同じ形なのです。
最初に「相談」がある。
そのあと、事件が起きて解決する。
ラストで、最初の相談の答えが出る。
事件が大きいので、この話の最初の相談のポイントなんて、霞んでしまいます。
けれどもラストで、最初の相談の答えが出る。

これを、ある意味、ミスディレクションとして考えもいいかなー。

「マジシャン」の場合は、
相談者が来た時点ですでに、マジシャンの掌の上で踊らされてる、という構造ですね。
なので、この相談の答えは探すことが、すでにミスディレクションなのです。
そんなのありかな
そういう構造であることが、わかるように書けばいいかな。
というか、そのように思って、わかるように書きます



●枕話が本編にうまく絡んでるかどうか、という問題もありますけどー










Pass :
ナトホ

謎「マジシャン」

2019/07/11 (Thu) 23:54:43
これの相談は、恋人の亮が部屋に忍び込んで引き出しの中を見たのではないか
そんな心配をしている美希のアパートは複雑な造りになっているので、現場を見に行く。
忍び込める可能性を見つける。

うーーん。
ここ、堂々と全部、書いちゃってるー。
密室に見える部屋に忍び込む方法について。。。

そっか。
ネオンサインピカピカ状態なので、これはフェイクだと考えるところなんですね。
ミステリで密室がフェイクだなんて
いやいや、密室ってそもそもフェイクなものなのですが、読者が解くべき謎ですよねー。
しかしここはフェイクにするしかないのはしょうがないのかも。
知人にこの話をしたときもやはり、それって東野さんのアレじゃないか、と思ったそうですから。東野さんのアレを使ってのトリックはやはりかなりまずい。
なので逆に、東野さんのアレでーす、と書きました。ネオンサインピカピカです。
(実際に「東野さんのアレでーす」と書いてるわけではないですが)

うん。これはやはり、マジシャンさんが右手で何かをやってるときに、ほんとうは左手で何をやってるか、というのがポイントですね。
そこの部分をもっと明確に書けば、よくなるかも。

そうなると、左手で何をやっていたのか、ということがわかる伏線をもう少し入れたほうがいいかな。堂々と。

右手でやってることがかなり派手なので、そうだったのかー、と思えるかもね。


まあ、でも、ある意味、ヒントが堂々と入ってることは入ってるんです。
でも、かなりわかりにくい。
わかってもそういう意味だったのか、なんて、ラストまで読まないとわからーん。
それでもいいのかな

せめて、なんでアパートなのに、トランクルームみたいな名前なのかな
とダイゴーが思えば、いい感じでしょうかね
Pass :
ナトホ

謎「弟」

2019/07/11 (Thu) 23:37:24
さて、三ツ島で考えてみると、
①「弟」
牛沢さんが、弟が自分のことを殺したがっているんじゃないか、という相談に来ます。
弟に会って印象を教えてほしい。

この時点で、読者が考えることは、どうして殺したがっているのか
ということですよね。

牛沢さんが理由は言いたくないというので、
ワトソン的な探偵役のダイゴーが、調べます。
原因はあっさりわかります。
そっか。
あっさりわかってつまらないと思ったけど、情報により原因がわかったことによって、
二つの可能性が提示されます(わたしの記憶によると)。
・弟の妻が死んだ事故のことで弟が自分を恨んで殺したがってるんじゃないかと心配している。
・妻の事故死によって財産を得たので、それをカモフラージュするために、「弟が恨んで殺したがっているんじゃないか」などという相談を持ち込んできた。

ダイゴーが弟に会ってみると、妻を失って悲しんでいるように見える。
探りに来たなんて申し訳なさ過ぎて、早く帰りたーい。
しかしここで事件が起きる。
犯人は弟しかいないっしょー。
ではどうやって

たみぃさんのアイディアがベースになってますから、骨組みは大丈夫ですね。
では、ラストに至る情報や伏線は提示されているか
その前にミスディレクションは入ってるか
二つの可能性のところをもっとしっかり書けば、ミスディレクションぽくなるかな。
って、事件が起きる前だけど。。。
事件が起きてからのミスディレクションは、とくにないというか、もうほぼラストに近いから一気ですよねー。それはしかたがないかな





Pass :
ナトホ

謎「探偵は教室にいない」

2019/07/11 (Thu) 23:35:09
読者はどんな謎を解けばいいのか

たとえば『探偵は教室にいない』なんですけど、
って、それについて書くなら、やっぱり読書部屋のほうでしたね。。。

とにかくとてもよかったです。ミステリとしては、ほんとにほんとに日常の謎なので、あまり評価されてないのかもしれないけど、中学生たちの青春小説としてとてもいいし、ちゃんとミステリーにもなってます。
で、それを参考にさせていただくと、全四話に提示されている問題は
(解くべき謎を書くことについてはいいですね。)

①机にラブレターを入れたのは誰か
②合唱コンで、彼は何を企んでるのか
③彼は浮気をしているのか
④彼女が家出した場所はどこか
という全四話です。
全体を通しての大きなストーリーはとくにないです。
中学校のバスケ部の仲良し四人組。男女二人ずつ。
その一人一人に関係したトラブルが発生します。
ある意味、一つの舞台での四つの短編です。

Pass :
ナトホ

Re: ミステリ新人賞

2019/07/10 (Wed) 00:54:19
その後、何もできてませーん
でも、あれこれ考えはしました。

1話「弟」/2月(40字原稿用紙換算で、およそ70枚)
2話「マジシャン」+鶏と卵の密室事件/4月(40字原稿用紙換算で、およそ89枚)
3話「地蔵」+別荘争奪戦/5月GWの後(40字原稿用紙換算で、およそ90枚)
4話「友」+枕/6月
5話「空き巣」+傘の話/夏(40字原稿用紙換算で、およそ40枚)
6話「兄」+枕/秋
7話「策士」/秋

単純に数えて、現在、すでにおよそ290枚です。
最終話は90枚以上はほしいと考えると、これで380枚。
それに、4話と6話を足すと、500枚超えるー

8月末までに書くのも厳しいということも考えると、一つなくてもいいのではないか
5話はすでにあるから、採用
7話は最終話だから、外せない。
6話は最終話に導く話だから、外せない。

そうなると4話
これはトリッキーだからぜひ入れたいとは思っていたのですが、
実は危険な作品でもありました。
「ちょっと無理だろう」という話を、どうにか納得していただけるように書かねばならない。突っ込まれる危険が一番高い。書き上げるのが難しそうだと思ってました。
そこにチャレンジするということも勉強になるかもしれませんが、枚数的にも期限的にも厳しいのでスキップしていいのではないか、という気持ちになってまーす。
その分、6話と最終話に力を入れるとか。
最終話はびしっと決めなければならないし。

4話がなくても色とりどりの話が揃ってる感じにもなってきました。

1話「弟」/2月(およそ70枚) ←トリッキー
2話「マジシャン」+鶏と卵の密室事件/4月(およそ90枚)←密室系
3話「地蔵」+別荘争奪戦/5月GWの後(およそ90枚)←算数パズルと恋愛系
4話「空き巣」+傘の話/夏(40字原稿用紙換算で、およそ40枚) ←暗号系
5話「兄」+枕/秋 ←
6話「策士」/秋 ←アリバイ系もしくは横溝系(^^;)←目標90枚以上

最終話が短いとバランスが悪いので、90枚はほしい。
120枚くらいあってもいいくらい。

最終話を90枚と考えると、5話が未定でもすでに、380枚です。
5話は少なくとも40枚はないとバランスが悪そうなので、400枚は超えます。

というわけで、全6話にしようかなー。
バランスを考えたら、新4話と新5話を足して、90枚くらいにするといいのだけど。。。
「空き巣」は枕つきで40枚あるから、無理かなー。

頑張るとしたら、新4話の「空き巣+傘」を50枚にする
新5話の「兄+枕」も50枚以上にする
また枕はあと一つですみます。

そうなると、7月に3話を90枚に削って新4話の「空き巣+傘」を書き直して、新5話の「兄+枕」を書いて、
8月に最終話を書く。
わっわー。これでもけっこう大変でした
新5話の「兄+枕」を7月中に書き上げるのは無理だ

ということで。。。
Pass :
ナトホ

第3話

2019/07/09 (Tue) 17:19:11
とりあえず最後まで書きましたー
1行40字で原稿用紙換算すると、97枚くらいです。

枕話31枚+本編66枚くらい。
もう少し枕を削って、全体で90枚くらいにしたいなー、と考えてます

そしたら『探偵は教室にいない』とミステリ傑作短編をちょっと読んで、
第4話にとりかかりたいと思います←気合っ。

Pass :
ナトホ

小タイトル

2019/07/08 (Mon) 11:38:40
連作短編では、それぞれのタイトルも繋がりを感じられるもののほうがいいでは
という意見ももらいました。
今のままではバラバラであります。

そこで閃きました

1話・デッドポイント→「弟」/2月(40字原稿用紙換算で、およそ70枚)
2話・アパート→「マジシャン」+鶏と卵の密室事件/4月(40字原稿用紙換算で、およそ89枚)
3話・山姥→「地蔵」+別荘争奪戦/5月GWの後
4話・川→「飛込者」+枕/6月
5話・泥棒→「空き巣」(どっちでもいいけど)+傘の話/夏(40字原稿用紙換算で、およそ40枚)
6話・夕陽→「兄」+枕/秋←最終話へ行くための話
7話・民宿→「策士」+枕/秋

4話が苦しい
水泳の高飛込をイメージしてみたのですが、英語だと「プラットホームダイビング」というらしいから、「ダイバー」とか。もしくは「友」とか
Pass :
ナトホ

Re: お先、まっ暗

2019/07/05 (Fri) 08:29:05
>シンメトリーになっているのでそれでもokだと思います。

了解です
お言葉に甘えて、最終話は枕なしにしまーす
本格の犯人って、シンメトリーが好きだったりしますよねー

>何とか使おうとか思わないで下さい。

いやー、なんとか使いまーす。

>先に宣言した通り、下手な鉄砲をなるべく数打ちます。
枕に使えるか、三ツ島で使えるか は考慮しません(なんて事だ!)

まったくオーケーです。

>何か拾い物があれば、ご自由に料理してください。

ありがとうございます

>「根性」が無い。というのが残念な私の特徴です。

そうですか
いろいろなことを長くやっていて、すごいです

>まず、素振りからの練習になります。

はい。楽しみにしてます

Pass :
たみぃ
URL

お先、まっ暗

2019/07/04 (Thu) 23:26:24
「お先、真っ暗」というのは当然ながら「枕」を掛けています。
くだらないダジャレは措いといて。

>1話は枕なしなので、最終話も枕なしでも許されるだろうか

シンメトリーになっているのでそれでもokだと思います。

>必ずや、それらの小話はどこかで役に立つでありましょう

何とか使おうとか思わないで下さい。
先に宣言した通り、下手な鉄砲をなるべく数打ちます。
枕に使えるか、三ツ島で使えるか は考慮しません(なんて事だ!)
何か拾い物があれば、ご自由に料理してください。

>たみぃさんのミステリミッションも始まったのでありますしね。

いいえ。このお仕事が終わってからの話です。
でもどちらにしても、まず、素振りからの練習になります。
そこでちょうど良いので、枕話で作文調にして「素振り」にも利用してます。
でも資質の話が出ましたが、色々資質が欠けてる中で結構重要な
「根性」が無い。というのが残念な私の特徴です。
出来る事なら毎週一個は枕の素をアップするべきなんでしょうけども、
その点はやっぱり「お先、まっくら」です。
書けたら「えんぴつの素振り」にアップするようにします。
Pass :
ナトホ

三ツ島の形

2019/07/04 (Thu) 10:50:02
だいたい決まってきました

連作の全体の流れとして、ミステリではないけど。
●ダイゴーの恋愛話。
●ダイゴーが、なぜここに来たか。
どちらも最終話で一応、結末が見える。

様式美として。
●相談が持ち込まれ、ダイゴーが頑張るものの、わからなくなって困ったときに、研さんが「変なアドバイス」をして、その結果、ダイゴーが決着する
●割とトリッキーな枕ネタ。

2話が「鶏と卵の密室」
3話が「算数なぞなぞ?」
いやー、けっこうすごいです。
と私は思ってます

これらに負けないくらいのって、大変ですよねー。←まるで他人事で申し訳ない。

あっ、
5話の傘の話もあった
これは、鶏や算数に比べたらマイルドですが、本編が暗号ネタなので、全体としてトリッキーだからいいかなー。

1話は枕なしなので、最終話も枕なしでも許されるだろうか
などとせこく思ったりもしてます。

わたしよりもおたくなミステリファンのたみぃさんはどう思うでしょう
そこだけ考えられなかったんだなー、とは思わないですか
最終話だし、いきなり、本事件に入っていてもいいかなー。

それでよければ、あと2つですね。

++++++++++
1話・デッドポイント/2月(40字原稿用紙換算で、およそ70枚)
2話・アパート+鶏と卵の密室事件/4月(40字原稿用紙換算で、およそ89枚)
3話・山姥+別荘争奪戦/5月GWの後
4話・川+/6月
5話・泥棒+傘の話/夏(40字原稿用紙換算で、およそ40枚)
6話・夕陽+/秋←最終話へ行くための話
7話・民宿+/秋
+++++++++
必要なのは2つか3つですが、たくさん考えてくれるようですので、申し訳ありません。
(っていうか、考えろと言ってるわけで、すみません)
ありがとうございます。
しかしながら必ずや、それらの小話はどこかで役に立つでありましょう。
たみぃさんのミステリミッションも始まったのでありますしね。

では、よろしくお願いいたします
Pass :
ナトホ

Re: 枕

2019/07/04 (Thu) 10:27:58
>360度寝返りを打ってもどこにも枕があるくらいの状態を目指さねば。

ありがとうございます
よろしくお願いいたします
Pass :
たみぃ

Re:枕

2019/07/02 (Tue) 21:27:52
>2話と3話に枕ネタをつけちゃったから、全部つけないとダメかな

様式美としてはそうしたい所ですね~

>たくさん考えてくれたら

はい。ここ重要ですね。
私の仕事は原料の調達です。それを材料として使えるかどうかの判断はナトホさんになります。使えないと勝手に決めず、巧く調理してくれるかも知れないし、兎に角、数が必要ですよね。下手な鉄砲を撃たねばなりません。360度寝返りを打ってもどこにも枕があるくらいの状態を目指さねば。
Pass :
ナトホ

様式美

2019/07/02 (Tue) 13:38:28
よく考えてみたら、2話と3話に枕ネタをつけちゃったから、全部つけないとダメかな。
1話は最初だからいいとしても。


Pass :
ナトホ

Re: 枕

2019/07/02 (Tue) 09:57:24
1話・デッドポイント/2月(40字原稿用紙換算で、およそ70枚)

2話・アパート+鶏と卵の密室事件/4月(40字原稿用紙換算で、およそ89枚)

3話・山姥+別荘争奪戦/5月GWの後

4話・川+/6月

5話・泥棒+傘の話/夏(40字原稿用紙換算で、およそ40枚)

6話・夕陽+/秋←最終話へ行くための話

7話・民宿+/秋
********************
1話以外に枕をつけるとしたら、あと3つ必要でーす。

二重ロックの問題はどこに入るかなー
本編と関連づけるのがとっても難しそう。
もしかして、書いていくうちにどうにかできるのかもしれないけれど、まだ書いてないし、今のところ、とにかく難しいー、とひしひし感じてます

くっつきそうな枕ネタ、思いつきますか?
逆にくっつきそうにないものをくっつけるこてができらすごいのかな
たくさん(ってどれくらいだ)考えてくれたら、頑張ってみます。

「泥棒」みたいに最初からセットであると、枕であることを忘れてしまうほど、ナチュラルですよねー

「アパート」の枕は、頑張ったなぁ、と密かに自画自賛してます。
Pass :
ナトホ

Re:枕候補

2019/07/02 (Tue) 09:40:38
わー、ありがとうございます!

すごいなぁ。
もちろんこの話は覚えてます
書け と言われても書けませんけどー

入る場所はあるかどうか、と言いますと、

1話・デッドポイント/2月(40字原稿用紙換算で、およそ70枚)

2話・アパート+鶏と卵の密室事件/4月(40字原稿用紙換算で、およそ89枚)

3話・山姥+別荘争奪戦/5月GWの後

4話・川/6月

5話・泥棒/夏(40字原稿用紙換算で、およそ40枚)

6話・夕陽/秋←最終話へ行くための話

7話・民宿/秋

****************
枕がまだないところと考えると、あれこれありますが、問題は本編で使えるか ですね。

すみません。このあと書くことによって考えます。。。
ぐだぐだになります

1話は枕なしにします。
2話の枕は、本編に関係してます。
3話の枕も、考え方の部分でどうにか本編に関係させようとしてます。

5話と6話はくっつけることはできないかなぁ。
6話の枕を5話にする。
でも、5話が40枚もあって、6話も短いから無理かな。。。
そこは保留するとして、
ミステリの連作短編は「様式美」を大切にしている、という気がする、と知人が呟いてました。
それは「三ツ島」のパターンとして、
「ダイゴーがわからなくなって困る」→「研さんに相談する」
→「研さんが、変わったアドバイスをする」→「事件が解決する」
これでいこうと思うと話したからです。
「様式美」を大切にするから、いいねー、とのことでした。

このポイントは、「研さんの変なアドバイス」を考えるのが大変だー、です。
1話では、「猫のケーキと古希のケーキは同じに見えてもちがう」
2話では、「亮は忘年会で手品をした」
3話は、まだなーい。
もちろん、他の話もまだ考えてなーい。
でも、頑張らねば

で枕に話がもどりますが、
2話と3話につけたから、ほんとは全部につけないとダメ
1話は許されるとしてしても。←勝手に許されることにする。

そうなると、全部に枕をつけるか(誰が)、
5話と6話をくっつけて、枕があることにして残りにつけるとなると、
4話と7話ですね。
人が出入りする事件でアリバイをさぐることになる7話で使えるか。。。
そうなると、4話の川(池)の話の枕はどうしよう

暗号話を夕陽の枕にしたら、夕陽にも暗号を入れないとダメですよね。。。
暗号話は、三ツ島酒店内だけなので、枕としてはいいのだけど。
いやいや、「泥棒」は、傘の話が枕として入っていて、本編が暗号話ですね。
トリック的には別物だけど、ちゃんと枕になっている。

そうなると。。。
枕が必要なのは、4話と6話と7話になります。

ちなみに、4話は筏レースのことを書きますが、本編では使わないことにしました。
筏レースの参加者が、個人的であっても筏に試乗しているときに死んだという事故が発生したら、筏レースは開催されない、と指摘されたからです。
なので、ダイゴーたちは筏レースに参加することになる。→その川で死亡事故があった、ということにします。
この筏レースみたいなのが、枕話みたいに入るのではありますが、トリックはないです。ただのエピソードです。トリックを入れることができればすごいけど、今のところは、ダイゴーの恋愛のほうのエピソードになるかなダイゴーの恋愛を入れるなら。。。
まあ、でも、本編の川の話のためのエピソードでもありますよね。
様式美としては、「枕なし」
うーーーん。

話が変わりますが、3話の「山姥」では、池に落ちるという事故を使うので、4話は川に決定します。と思ったけど、池がよくある地域として、池を続ける?

でも、池の設定がすごく難しいと思いました。
そんな池、なさそだよなー、という感じです。
人が日常的に通る道のそばにあったら、危ないから柵がある。
柵がないところは、かなり浅い。
潜水してばれないようにすることはできない。
草木をかき分けて近寄れば、そういう池もあるけど。。。
そうなると川かなー。
あっ、でも橋で渡るなら池でも同じか!

グーグルマップであれこれ見て、橋を渡るときでも、川のほうが町中を流れているから、設定しやすいな、と思ったのでありました。

なぜ、こんなにごちゃごちゃ書いてるのかと言いますと、
できるものならば、どうにか本編に関連づけることができる枕があるとステキだなぁ、と思ったのでありました。

では話(コメント)を区切ります。




Pass :
たみぃ
URL

Re:枕候補

2019/07/02 (Tue) 00:36:19
遅筆だと書きましたが、以前に一度書いたものなのでスラスラと書き終わりました。保存してないので前とは細部が違うでしょうけど、内容は同じです。
友だち限定日記で個人のブログにアップしました。
原案なので文章の間違い・誤字などはノーチェックです。

https://blogs.yahoo.co.jp/hkykasd/15383439.html
Pass :
たみぃ

Re:ミステリ新人賞

2019/07/01 (Mon) 22:08:01
>でもこれでオーケーだったら、第三話の枕話の論理は、まったくオーケーだと思ったそうです。

おおっ、それは勇気付けられますね。
有栖川有栖氏や森博嗣氏などの短編には純粋なパズルが枕や挿話として入ってくるものもあります。
もしも、まだ別の話で枕を入れられる余地があるなら、前に書いた二重ロックの問題も取り込みたい気がしますね。どんな話だったか、書き起こしてみますね。(遅筆ですが・・)
Pass :
ナトホ

Re: ミステリ新人賞

2019/06/30 (Sun) 21:25:02
知人が鮎川賞の『探偵は教室にいない』を読んだそうです。
小説としてとってもうまかったそうです。
「三ツ島」の場合、知人は初期の第一話と第三話の枕を読んでます。
初期の第一話は、トリック部分が小説から浮いているので、「小説として頑張らないとね」とのことでした。たみぃさんのアイディア部分をわたしがうまく描けてないということです。
 そこにつきましては、他の方たちも似たような意見ですので、今後、頑張っていかねばなりません。
「三ツ島」はコージーですから、小説としてもいい という部分でポイントを稼がないと。

ちなみに初期ってどれかな? と思ったのですが、どうやらダイゴーが一気に謎解きするヤツらしいです。
それからけっこうあれこれ書き直しているのですが、さらに書き直しは必要だとは思ってます。


それで『探偵は教室』は論理ミステリ系らしいのですが、その論理展開が突っ込みたくなるような感じらしいのです。でもこれでオーケーだったら、第三話の枕話の論理は、まったくオーケーだと思ったそうです。

とりあえず、『探偵は教室に』を図書館に予約しました。
(読んでる時間がないなー、と思っていたのですが、近々、図書館に行かねばならないので、ついでに借りてきます。)

以上、ミステリミッションからの報告でしたー
Pass :
ナトホ

Re: くんな

2019/06/28 (Fri) 06:51:06
>来るな、なので「くんな」になります。

わっ。そうですよねえー
呟いてみてよかったです。

義父がよく「来んでもええ」とか言ってるので、
「来んな」という文字を見て、つい「こんな」と発想してしまいました。

アフターケアもありがとうございます

よく考えてみると東京でも「くんなー」と言うケースがありましたー
(一般的ではない)
Pass :
匿名ちくわ

Re:ミステリ新人賞

2019/06/27 (Thu) 10:15:28
補足じゃ。

>「いけ、いけん、こんな、いきぃ」

「いけ、いけん、くんな、いきぃ」じゃ。
来るな、なので「くんな」になります。

>「行きぃ」
うんうん。

うんうん♪
すばらしい。
Pass :
ナトホ

Re: 北九州弁

2019/06/27 (Thu) 07:28:05
ありがとうございます!!

>変化が少ないみたいに感じるかもだけど、

まったく少なくないです

北九州弁講座などを読んで、勉強して、
なんとなーくわかりはしたものの、
いざとなるとわからない。

「来るな」の場合、
命令形や否定の説明はあるのですが、
否定命令形なんてなーい

「来んな」かー。なるほどです。
ありがとうございました。

「いけない」は「いけん」かな
とは思いました。
「池、いけん」的に使ってみようかな、とも思いもしたので、
これは確認せねば と考えました。
「いけん」でよかったです。

「いけ、いけん、いけん、いけ」などと呟いていたら、何を言ってるのか
ということになりそうです。←そこが狙い。

そうなると「行け」は何だろう

「行きぃ」
うんうん。

「いけ、いけん、こんな、いきぃ」

考えます


Pass :
匿名ちくわ

Re:ミステリ新人賞

2019/06/27 (Thu) 00:50:59
>「こっちに来るな」
「来たらいけない」


ちょっと短すぎて変化がつけ難いけど。
「こっちに来んな」
「来たらいけん」
ってことになるかな。

>「行きなさい」
「行け」

「行きぃ」
「行かんか」
がニュアンスとしては正しい気がします。

>「池に行ってはダメ」
「池に行くな」

「池に行っちゃいけん」
「池には行くなちゃ」

変化が少ないみたいに感じるかもだけど、だいたいこんなもんだと思うす。

ガレー船というと「ベンハー」を思い出しちゃうちくわです。
「戦闘速度!」ドンデンドンデン♪ (知らない人は何だって思うに違いないけど)
Pass :
ナトホ

ちくわさん

2019/06/26 (Wed) 14:35:45
たびたびすみません。
北九州弁ではなんといいますでしょうか


「こっちに来るな」
「来たらいけない」

「行きなさい」
「行け」

「いけん」はダメですよね。

池は「いけ」?

「池に行ってはダメ」
「池に行くな」

山姥が呟いたり、叫んだりする言葉を考えてるのでありました。
すみません
Pass :
ナトホ

ちくわさん

2019/06/26 (Wed) 06:41:15
さすがですね
ほんとにありがとうございます。

毎晩、お酒を飲んでるという書き込みを読んだこともあるのに、
うっかりしてました。
って、そこが「さすが」のポイントではなくて、ちょっと伏せて書いてます。
研さんのモデルですもんねー。

あんまりあれこれ聞くのも申し訳なくて、一応少し遠慮してました
でも、知人に言わせると、
「奴隷のようにこき使って書いてるのね」

たみぃさんもすみません。

しかしながら、そもそも最初から「小説を書いているたくさんの人たちへ」はガレー船みたいに書き込みをしてくれてる人たちに漕いでもらって進んでます

みんな、がんばれ~~
Pass :
匿名ちくわ

Re:ミステリ新人賞

2019/06/25 (Tue) 00:25:29
ちなみに大吟醸について。
精米歩合を50パーセントまで高めれば(つまり外側を半分まで削った米)、それで仕込んだ酒は大吟醸を名乗れます。
なので大吟醸とひとまとめにしても、そこにヒエラルキーが生じます。
お米を削るということは、それだけ手間がかかるし、なにより原材料費が上がりますものね。一トンのお米でも半分削れば500キロでしか仕込めなくなりますね。
酒造好適米というのは値段も高くて、キロ500円以上致します。(食米でもそれ以上するものはありますけどね)60キロ38000円くらいしたと思います。(記憶曖昧なんじゃが)

なので精米歩合35パーセントの大吟醸と50パーセントの大吟醸は、そもそも同じ立場で論じるべきお酒ではありません。
ありませんが、基準がこれだけしかないので、仕方なく同じカテゴリーに含まれてるんじゃな。(本醸造や純米も同じじゃ。ピンキリなの)

現在のボクシングのチャンピオンみたいな感じって言えばいいですかね。(もっと分かりにくいですか?)
Pass :
匿名ちくわ

Re:ミステリ新人賞

2019/06/25 (Tue) 00:12:53
>普段売られてる冷酒と言われてるモノは、そのどちらかの加熱殺菌を省いた「生詰め」か「生貯蔵酒」でしかありません。つまりはニセモノじゃな。

というようなことを研さんが北九州弁で言ったとき(←翻訳をお願いしている)、
「冷酒って、冷蔵庫で冷やした酒のことじゃなかったんすかー」とダイゴーが驚いたら、なんと答えますか?

「そうやね、それで間違ってはおらんよ。そういうのも冷酒ち呼んでもいいやろね。火入れした酒を冷やして飲むのも立派な冷酒やろうけね」
「ただ、それは字面だけのことやけね。一切の過熱をしてない生の酒こそが本物やろう。小洒落た瓶に入れてある生詰めやら、生貯蔵酒とかもあるけど、あんなんも全部ニセモノやけ。本物は生生だけなんよ」


こんなかな。
Pass :
匿名ちくわ

Re:ミステリ新人賞

2019/06/25 (Tue) 00:02:47
ちょっとおかしいなって思うかもだけど。
強い否定は「違うっちゃ」です。
ぴしーっとした感じは出ませんが、そうです。(笑)
「違うっちゃ、そんなことしとらんけ」みたいに後ろに何か付くことが多いかも。これは過去完了形かな。
「違うっちゃ、(わたしは)そんなことせん(け)」こっちは意志・現在完了形ですかね。
状況を説明する文と一緒に使えば全然変じゃなくなる思います。
Pass :
ナトホ

ちくわさん

2019/06/24 (Mon) 16:34:09
北九州弁講座などを見てますが、実際には使えなくて困ってます。
あとでまとめて聞こうとは思ってますが、ちょっと質問します。

「ちがう!」
 多緒ちゃんにぴしっと言わせたいなー、と思いました。
 どういえばいいでしょう。
「ちゃうわい!」などと、関西風も考えたけど、ネットで確認したら、「ちゃうわい」なんて言わないような。。。
「ちゃうわ」か「ちゃうわいや」とか?
いや、しかしそもそも三ツ島は北九州じゃー。

とりあえず、
ちっちっちっ にしてみたけど、20歳の子がそういうことやるかなー

あとでうちの妹子ちゃんに聞いてみよっと

いやいや、北九州弁で、
「ちがう」というとき、なんて言うでしょうか?

ちっちっちっ、とやったときの研さんの反応も興味がありますけど
Pass :
ナトホ

Re: 日本酒

2019/06/24 (Mon) 14:19:44
ぶつぶつ考えまーす。
(途中とか、最後のほうに、ちくわさんへの質問がありまーす)

生生、生貯蔵、生詰め。

>普段売られてる冷酒と言われてるモノは、そのどちらかの加熱殺菌を省いた「生詰め」か「生貯蔵酒」でしかありません。つまりはニセモノじゃな。

ん?
冷酒って、生酒のことだったんですか

ネットで調べてみました。
冷や→常温
冷酒→冷蔵庫などで冷やした酒

オススメのものとして挙げられてるのは大吟醸が多かったです。

生酒なんか、そんなにその辺では売ってなかったりもしますでしょう。
なので地元だと、冷酒といえば、生酒

その感覚なのではないかと思えましたー。
これは新しい発見です。

どうでしょう。
使ってもいいですかねー

それで、冷酒=生酒という感覚は、ちくわさんの地元では一般的でしょうか
あくまでも研さんの感覚なので、他の人とはちがつてもいいのですが、
確認です。


その後、調べたら、ギフトセットなどに入ってて大きく「生」とラベルにある酒は、その下に小さく貯蔵酒とかいてありましたー。
生貯蔵酒飲み比べセットなんていうのもありました。
生生はなかなかこういう形で売ることはできないですよねー。
流通できる生生も開発されてはいるようですが。。。


ところで、それを本編事件のほうで使うとなると。。。

生酒も生貯蔵も生詰めも生がつくけど、生酒は生生であーる。
逆に言うと、生貯蔵も生詰めも生がつくから、生酒のような気がするが、生酒は生生であーる。
「生」と大きくかいてる酒で一般的に流通してるのは、生のまま貯蔵して、火入れして出荷する生貯蔵であーる。
ううーー、なんか使えそうな。。。うーーーん。

山姥は、、、

あとはテキストエディタにぶつぶつ書いて考えます

ところでちくわさん

>普段売られてる冷酒と言われてるモノは、そのどちらかの加熱殺菌を省いた「生詰め」か「生貯蔵酒」でしかありません。つまりはニセモノじゃな。

というようなことを研さんが北九州弁で言ったとき(←翻訳をお願いしている)、
「冷酒って、冷蔵庫で冷やした酒のことじゃなかったんすかー」とダイゴーが驚いたら、なんと答えますか?
(5月に驚くのは遅いかもですが。。。いや、それまでは常温で飲んでいたというイメージにしよう)


Pass :
ナトホ

日本酒

2019/06/24 (Mon) 10:38:33
特定名称酒とはなんぞやー、というところから始めてます

大吟醸って、そういうものだったのかー、 とか。
純米酒
醸造酒

火入れ

大丈夫かー

わがミステリミッションチームには、ちくわさんという参謀がいるから、平気だもん

トリック担当のたみぃさんは、お酒が苦手で、名古屋弁だから、
酒と北九州弁は任せた

などと、ごちゃごちゃ言ってますけどー、とにかく、
あっ、
日本酒はじめてさんのよくある疑問を解決
日本酒ってなぁに
という記事を見つけたので、そこからいきます

(それで酒屋を舞台にして、すでに短編を2つ書いてるなんて、恐ろしー)
Pass :
ナトホ

Re: 生なま

2019/06/23 (Sun) 23:57:21
客に飲ませることはできますが、
それを「事件」に絡ませるのが至難の業です。

5月は、第3話です。
冒頭算数なぞなぞの、山姥です。

なまはげじゃなくて、山姥ですからねー。
なまはげでも、生なまは無理だけど。

うーーーーーーーん…( ̄  ̄;)ウーン←がんばります
Pass :
ナトホ

Re: 生なま

2019/06/23 (Sun) 23:51:04
すごーーーい。

生なまで、絡めることができるか、考えてみます
Pass :
ナトホ

日本酒

2019/06/23 (Sun) 23:48:48
とりあえず「天心」といのうが引っ掛かったので、紹介記事を読みました。
これはちくわさんとこでは扱ってますか?

なんか、おすすめの地酒はありますか?

その酒にまつわる話をうまく使えたらなー、などと思ってるのですが、
何が使えるのかわからないので、どんなものでもいいです
Pass :
匿名ちくわ

Re:ミステリ新人賞

2019/06/23 (Sun) 23:44:54
5月くらいまでは「生酒」が販売されていますな。
「生」と名前は付いていますが、本物の生というのは管理が難しいのでじゃね、だいたいがスポット販売なのじゃ。

日本酒は貯蔵する前と、瓶に入れる際に加熱いたします。(つまり二度加熱殺菌するんじゃよ、普通はね)←「火入れ」って言います。
なのでやね普段売られてる冷酒と言われてるモノは、そのどちらかの加熱殺菌を省いた「生詰め」か「生貯蔵酒」でしかありません。
つまりはニセモノじゃな。
しかし、どちらも行わない「生々」という商品がその時期には出回りますよ。
それらはね、すごく甘く感じます。日本酒度のプラス表示であってもかなり甘めに感じますし、「生」の香りを強く感じます。
それの好き好きはあるんだけどじゃな。

5月の特殊商品をお考えならば、そういうのって良くはないですか?
Pass :
ナトホ

三ツ島

2019/06/23 (Sun) 23:26:28
考えるポイントをまとめてみます。

●角打ちなんだから、酒の話を絡める~
酒を絡めていくのはキツイので、なーんて言っていてはいけないのですが、
とにかく店の商品でいいかなー

一話 猫のケーキと古希祝いのケーキ
二話 みかんジュース、飲んでるけど、絡んでないなー。。。
三話 そろそろ日本酒を登場させたいですね

日本酒について調べよう。
できるものならば、地酒で。
通年あるのでもいいし、五月くらいに出回るヤツでもー。
逆にいうと、五月に出てないヤツだとまずいですね。。。

●全体の話の流れを考える。
謎や事件を仕込めたらいいのですが無理なので、
ダイゴーがここにやってきた理由路線でいきます。
何をどこで伏線にするか、考えます。
隠すほどのことでもないので、ばばーんと最初のほうで理由をかいてもいいのでは、
という意見も一瞬ありましたが、
それをやっちゃうと、他の問題を解決している場合でなくなるので、
小出しにして最終話にもっていく方向でいきまーす
Pass :
ナトホ

Re: 3の倍数

2019/06/21 (Fri) 08:41:49
3の倍数の件、説明しない方向でいきます
ありがとうございました。


>思いもよらない方法で2択を3択に変えたという意味では
想定外だったという事になり、間が空いたのはその手法に気付いたからという事になります。

その点についても説明したのですが。。。

ミステリのトリックというのは、「書き方によって納得できる」ということですので、知人の場合はどこに疑問を感じたか、ということを教えてもらったということで、短くしつつ調整を頑張りまーす。

しかしまずは本編ですが。。。
こちらは、枕が使えるようにがんばりま~す
Pass :
たみぃ

3の倍数

2019/06/21 (Fri) 01:47:35
>それぞれのケタを足して3の倍数なら3の倍数だから

二桁ならば足し算も簡単ですね。
最大でも99の18です。3.6.9.12.15.18くらいまでは
誰でも3の倍数ってわかりますもんね。

>3の倍数は即答できるの説明、しなくてもいいかなー

何人かの人は10の位と1の位を足した数字が3.6.9.12.15.18(これも3の倍数)ならば元の数字も3の倍数だよと聞くと「へ~~」と感心するかも知れません。それは研さんが、算数が苦手な部員の誰かに説明する事で3の倍数かどうかをすぐに見極める事が出来るというシーンを追加出来るんですが、ますます、枕が長くなります(困った、つお)

それよりもその説明を入れるともっと困った事になります。
甘利との打ち合わせ段階でそれを入れると、半分ネタバレというか
三ツ島が沢田にする最初の質問、これがこの枕のキモですがその鮮度が落ちます。先にその説明を入れるワケにはなりません。
かと言って質問した後の判断基準の説明(ネタばらし的な部分)に追加するのも邪魔な感じで「キレ」が落ちます。

数学教師なら足さなくても2ケタの3の倍数くらいは即答できるはずですし、説明は不要と思います。

>間があいたとき、想定外で驚いたのか、余りのせいか、わからない、とも言われたのでした

これについては思いもよらない方法で2択を3択に変えたという意味では
想定外だったという事になり、間が空いたのはその手法に気付いたからという事になります。余りのある数字で一瞬、返答が遅れ、さらにその手法の意図に気付いたので驚いた為、明らかな間が空いた。という感じですね。
Pass :
ナトホ

Re: ミステリ新人賞

2019/06/21 (Fri) 01:05:52
>「エレガントとは思えない」については

それも説明したのですが。。。

まあ、でも、たみぃさんの反応を見て、とにかく「いけるかなー」という気にもなりました。
知人は納得できなかったけれど、いろいろと前提も入ってるし。

>それは小松辰雄!

なんだかとっても大丈夫そう


>ここでの質問は数字に対する質問なのが想定内です。

正解はあったのかどうか聞かれたので、64で分ける方法は先生の想定内だったけど、三ツ島の発想は想定外だったから、その方法を聞いただけで感心した、と説明したので、間があいたとき、想定外で驚いたのか、余りのせいか、わからない、とも言われたのでしたー。


あっ、それと、3の倍数が即答できるというところでも実は引っかかっていたみたいだから、その説明も一言入れておいたほうがいいかな

数学の教師だからできるはずだ、という流れと感じていたようで、
3の倍数なら記憶してなくても、それぞれのケタを足して3の倍数なら3の倍数だから、わたしでもわかるし、数学の教師だったら足さなくてもわかるでありましょう、と説明したら、そんなことすっかり忘れてたけど「思い出したー」と言ってました。

まあ、とにかく、両方聞けば、ちがいはわかるけど、片方だけだと判断できないんじゃないか、と引っかかったようです。
ほんのちょっとの差とも書いてますし。

それでもとにかく「小松辰雄」の反応を見て、これでいくぞ、という気にはなってます。
オヤジギャグにはそういう効能もあるんですねー

それと、この話は早く提出すれば、10月の前半に講評してもらえるので、応募前に講師の感想を聞くことができます。それを踏まえて、修正できるので、とにかく書きます。
でも、枕にするのはやはりもう少し短くしたほうがいいのでしょうねー。
とにかく本編が50枚以上になることを祈ります

●質問の確認
3の倍数は即答できるの説明、しなくてもいいかなー
Pass :
たみぃ

Re:7つの扉

2019/06/20 (Thu) 23:59:10
>3の倍数と余り1の見分け方が納得できないそうです。

それは小松辰雄!

>それが想定外の質問で面食らった間か、余り1のせいなのか、わからないから、論理的じゃない

ここでの質問は数字に対する質問なのが想定内です。
そして答えるのが数学教師。よって「その数字は3で割って1余る数字ですか?」という質問自体は想定ジャンル内の質問(数に対する質問)である事は多くの人が認める所でしょう。
「昨日の晩御飯は寿司ですか?」とかいう質問なら面食らって間が空くかも知れませんね。

「エレガントとは思えない」についてはその前に「6回の質問で特定出来たら文句なしに勝ち」という言質を取っているので、エレガントでなくても大丈夫です。実際、エレガントな質問の仕方というのは他の部の人たちの質問がそうなのですから。
Pass :
ナトホ

Re: 7つの扉

2019/06/20 (Thu) 21:59:47
知人に読んでもらったのですが、やはり枕としては長いんじゃないか、と指摘されました。
たとえば30枚だったら全体で100枚くらいないと、とざっくり言っていたので、それは無理じゃー、と反論しました。
それでその後計算したのですが、3対7と考えるのなら、21対49枚。
21枚に縮小すれば、49枚書けばいけるのかなぁ。

それと、3の倍数と余り1の見分け方が納得できないそうです。
答えるのにちょっと時間がかかっとして、それが想定外の質問で面食らった間か、余り1のせいなのか、わからないから、論理的じゃないと思ったようです。
いろいろな点について説明しましたが、やっぱりエレガントとは思えないとのことでした。
ただ、そのように納得できない人がどれくらいいるのかはわからないとのことです。

つまり、比較できないから、ぱっと聞いたときにそれがどっちなのか判断できるのか? ということです。

即答しなければならないのに考えてしまい、その発想に感心したから、負けを認めた、という考え方でも納得できないみたい。他の同好会で最初の質問だけ聞いて、判断してる、ということとかその他の設定を入れても。

わたしの書き方では納得できなかったわけですから、もう少しどうにかしたいと考えてます。

それから、枕ネタが本文のほうで有効的に書ければすごいのですが、今のところダメですね。
別々の話にしようかと思いましたが、とりあえずは本文のほうを書きます。それから考えます。

およそ32枚の枕を21枚にするのって、無理ー、と叫びたくなってますが、
会話で進行しているところを地の文で説明してしまえば、数行で済むと言われました。
どこを地の文の数行にすればいいかなー。

もしくは、映研と推研の対決にして、会話で展開せずに地の文で説明して短くするとか。
でも、どっちにしろ、ここで展開している考え方を本編で使えないと。使えたらすごい

ぶつぶつと愚痴をこぼしました。
すみません。

Pass :
ナトホ

Re: 3話枕

2019/06/17 (Mon) 14:21:22
なれそめの件、ありがとうございます
がんばって続きを考えるこができます

研さんは、素晴らしく見事だったので、やっぱり水野に何かを叫ばせたいなー、と思いました。
その勢いで結婚ですね
でも、多緒ちゃんが20歳くらいなので、生まれたときは、研さんも水野さんも32歳くらいかなー、と考えると、経歴が難しいです。
多緒ちゃんが小学校高学年のときに、フランスに行くとすると、水野さんは40歳を過ぎてます。ずーっと日本にいたら、フランスの天文台に入るのは難しいのではないかと思い、大学はフランスで行ってもらい、東大にでも来るイメージにしてみました。東京の大学に来たときに研さんと再会し、12年くらい日本にいて、でも研さんの父親が亡くなって酒屋を継ぐという問題が起きたとき、フランスでのチャンスも持ち上がり、なーんていう裏設定を考えたのでした

裏設定はよしとして、三ツ島としての話とか、その前に、第3話の話をどうにかせねば。
と言っても、まずはプロット研のプロットを片付けなくては、という状況です


Pass :
たみぃ

3話枕

2019/06/17 (Mon) 12:40:25
第3話の枕に研さんと妻(水野)の「なれそめ」の役割りを追加したんですね。算数話だけでは浮きやすいので、巧い捌き(処方)だと思います。
枕についてはまた、夜にでもコメントしたいと思います。では。
Pass :
ナトホ

タケノコ姫

2019/06/17 (Mon) 09:28:13
元妻がフランスにいるなんて設定をしてしまったら、そこだけじゃなくて、ラストまでにどうにか展開させなければならないんじゃないか、という気がしてきました。
しかし日本のどこかにいても、展開しなければならないのは、同じかな。。。
つまり、元妻には触れないのが一番ですか?

「離婚しているらしい」と書いてまま、一切、触れないなんて、それも微妙ですよね。
「たみぃさん案」に研さんの恋愛話があったのは、その辺の展開でしょうか?

水野さん→天文部→天文台という流れの設定です。
天文台を日本とかアメリカにすると、もしかしして天文台についても書かねばならないのではないか、と心配になり、フランスにしてみました。
それと、フランスのほうが多緒が日本を選びそうです。
実際に知人が離婚してフランスに帰ったとき、中学生のお姉ちゃんたちはついていかず、末っ子だけフランスに行きましたー。
やはりフランス語の壁は高いです。
それと、「7つの扉」の姫の最後の一言が思いつかなかったので、フランス語にしてみました。(オカ研じゃないですからねー。)

フランスとのハーフ(ハーフという言葉も使わないほうがいいのかな、と思うとちょっと困ってますが)のまま、日本にいるケースと、フランスのケースで、その後の展開も考えてみます。

「7つの扉」で研さんを「ふるさと食堂」に連れていった映研の策士の松原は、ラストの章ででてくる松原です。

そっかー。。。
沢田先生と水野アンナを夫婦役で映画に出すとか?
沢田先生は70歳を少し過ぎたくらいなので、いかにも外国出身のような妻を連れて、松原の親戚として登場するとか。アメリカ人の愛人にして、ずっと英語で話しているっていうのもいいかなー。

ダイゴーはその(研さんの)件についてはあまり活躍できないけれど。
ダイゴーが映画だと知っていたら、読者を騙すことになるので、
ダイゴーは知らないほうがいい。

ひゃー、難しー。
映画を諦めるという選択肢もありますが。。。
せっかく32枚も使って、松原たちも出しているのだから、ラストはやはりその路線がいいかなー。

この話の最終章は、いかにも探偵小説風にして盛り上がりたいという気持ちもあるんです
Pass :
ナトホ

Re: 7つの扉

2019/06/17 (Mon) 00:08:40
>ナトホさんは結構、マメに確認を入れてくれますが
原材料はどう料理しようと一向に構いませんよ~

はい。「構わない」とは思うのですが、ついつい報告したくなってしまうのであります。
それで、「7つの扉」はやっと書きましたー。
会話の部分は、標準語系でいこうと思っていたのですが、研さんが登場するので困りました。
ひとりだけ北九州弁というわけにもいかないし、でも、まあ、ほんのり適当にやってみて、あとはちくわさんに読んでもらうときにチェックしていただこうかなー。
でも、あまりにも怪しい北九州弁なところもあるので、うーーーむです。
ちょっとだけ、ここで添削してもらうとか。。。

それはまた後程書くことにして、これでいいのか、と迷ってるところの報告をします。
「7つの扉」に出てくる水野さんと研さんが結婚したことにしましたー

そこに迷いはないのですが、問題は水野さんの設定です。
水野さんは、水野アンナという名前にしまして、なんと母親はフランス人です。
娘の多緒ちゃんが小学生のときは東京にいたのですが、研さんは地元に帰って酒屋を継ぐことになり、アンナはフランスに帰りましたー。アンナは天文学者でして、現在、フランスの天文台で働いてまーす。

なんていう設定は凄すぎるかなー、と悩んでます。
あと、研さんは実は離婚してないとか。なんでかっていうと、とくに入籍してなかったので……。

ところで天文部の水野さんは小学生のとき地元特産の竹の子を宣伝するためのタケノコ姫に選ばれたことがあるので、みんなから姫と呼ばれてました。
というわけで、かぐや姫のイメージなのであります。
姫はしばし日本で暮らしたのち、フランスへ帰っていきましたー。
正確には、小学校の途中できて、中高を過ごしてフランスの大学へいき、
その、再び日本の大学へきたとき、研さんと再会する、という感じですね。


どうでしょう?
ミステリにまったく関係のない部分です。
もっと普通の設定のほうがいいですかね?

そうそう、とりあえず、某所にアップしておきますね
Pass :
たみぃ

Re:7つの扉

2019/06/10 (Mon) 19:27:57
>「合宿所争奪戦」の話に変更しましたー。

ナトホさんは結構、マメに確認を入れてくれますが
原材料はどう料理しようと一向に構いませんよ~
調理担当は大変でしょうけど、頑張ってくださ~い!
Pass :
ナトホ

Re: 「7つの扉」

2019/06/10 (Mon) 17:42:31
なんとなーく、けっこう枚数があるように思えて、20×20で確認したら、32枚もありましたー

冒頭の辺りを書き直して枚数が減ってますが、それでも29枚もあります。
これから先、どれだけ減らすことができるか、謎ですが、
それなりに長くなると、枕ネタではなくなってしまいます。
「山姥」の本編は、大して長くなさそうですし。

3話を、研さんの過去話として単独にして、
4話を、同じ高校を舞台にした現在の話として、
短めの話を2つ並べるか、
同じ高校の過去と現在ということで、一つのところでまとめるか?

天文部の水野さんが教頭になっていてもいいですよねー。
もしくは、沢田先生か、顧問争奪戦に出ている誰かと結婚してるとか。

とにかくとりあえず、
「部活顧問争奪戦」を最後まで書いてみます。
といいましても、顧問がいないと同好会は存続できないので、それはかわいそうです。
人がいい沢田が、一度引き受けた顧問を断って、同好会を潰してしまうなんてことはしないでありましょう。他の先生がやってくれればいいですけどね。
その辺の事情を書くとややこしくなるので、「合宿所争奪戦」の話に変更しましたー。



Pass :
ナトホ

Re: ミステリ新人賞

2019/06/09 (Sun) 23:04:31
>みたいな余韻と「枕」を少しだけ利かしたラストが入れば充分だと思います。

うっわーーー、ステキすぎる~~
ぜひぜひそういうやりとり入れたいですー~(>_<。)~

>本編解決に応用出来なくても…略…枕の役割としては上出来だと思います。

そ、そですか よかったー

本編には応用できてない系の枕ですので、なるべく短くできるように頑張ります。
ほんとは枚数を稼ぎたいところですけど。。。
でも、だらだら書かないほうが面白いですよね。
なるべく短めにして、読者が理解できるように書けるかどうかは謎です。
とりあえずそこだけでも、誰かに読んでもらおうかなー。
(「7つの扉」を読んでないか、ちらっと見たものの、熟読できてない人に♪)
Pass :
たみぃ

Re:7つの扉

2019/06/09 (Sun) 22:08:24
こんばんは。ナトホさん。
「7つの扉」を枕に使った場合ですが、本編解決に応用出来なくても小道具的にラストで使うのが私の好みでもあり、枕の役割としては上出来だと思います。

「泥棒」の話では「鍵の隠し場所」が枕で、最後にそのシチュエーションだけを使うことで「遅延効果」を出しました。長編ではなく、短編だからこそ、軽い「枕」と忘れた頃に出る「締め」で使うという時間差(遅延効果)が活きます。長編だとかなり大き目な伏線にしないとラストでは忘れられるので、短編ならではです。では、「7つの扉」の場合の軽い締めにはどんなものが適当かと言うと・・・

事件が終わって最後の描写だとします。
B男がつぶやく
「彼女にとってはこれで良かったんだろうな」
「ああ」
言葉は短いがA太は即答した。
B男はその言葉に頷いてA太の顔を見ながら言った。
「オマエはどうなんだ。オマエにとっても、これで良かったのか」
少しだけ間があいてからA太は答えた。
「ああ」

みたいな余韻と「枕」を少しだけ利かしたラストが入れば充分だと思います。と、書く側でもないのに勝手言っちゃってます。すみません。
Pass :
ナトホ

7つの扉

2019/06/09 (Sun) 14:50:34
あらためてじっくり読みました。
これはたみぃさんの傑作掌編です。

実は、前に読んだときも他のサークルの人たちが考えてるところを理解するのが大変で、さらっと流してしまったんです。それでイタミくんのところを読んですごいなー、と感動しました。
今回は他のサークルのところもちゃんと理解せねば、と思って読んだのですが、わからなーい いえいえ、結果的には理解したのですが、メモしながら読んでやっとわかりましたー

わたしの脳みそよ、「がんばってくれー」でした。

ここをどう書くか、という問題もありますが、
せっかくだから、この考え方をどうにか少しでも使って本編を書きたいものですよねー。

「山姥」だと、無理かなー。

1話・デッドポイント/2月(40字原稿用紙換算で、およそ70枚)
2話・アパート+鶏と卵の密室事件/4月(40字原稿用紙換算で、およそ89枚)
3話・山姥+部活顧問争奪戦/5月GWの後
4話・川/6月
5話・泥棒/夏(40字原稿用紙換算で、およそ40枚)
6話・夕陽/秋←最終話へ行くための話
7話・民宿/秋

もしかして、可能性があるとしたら、「民宿」?
質問をぶつけて、反応で判断する。
でも、これはミステリ劇だからなー。。。

それと、3話を「山姥」だけにしちゃうとすごく短くなりそうです。
でも、三ツ島は、連作でも分載されるわけでもないのですから、
3話で部活顧問争奪戦を入れて、7話でその方法を使ってもいいかなー。
いや、よくないか。。。

とりあえず、高校生の話っていうつながりで、3話の冒頭ネタとしての「部活顧問争奪戦」を書いてみます

研さんの高校時代→多緒の家庭教師→その生徒が高校生、という繋がりだけですけどね

Pass :
ナトホ

Re: 毒薬ミステリー

2019/06/09 (Sun) 14:20:28
>ジャンルとして毒殺ものって長編にはなりにくいです。

わたしが借りてきたのも、短編集でーす。
アナフィラキシーショックを使ったミステリーはどんなのがあるかな
と思って検索したら、「キプロスの蜂」というのがヒットしました。

それが入っていたのが、「毒薬ミステリ傑作選」です。
「世界短編傑作集」江戸川乱歩編というのにも入ってるので、それも借りました。
それからついでに、世界ベストミステリー50選の上巻も。
でもまだ、毒薬ミステリの序論ですからねー



Pass :
たみぃ

Re:毒薬ミステリー

2019/06/07 (Fri) 22:57:15
>毒薬ミステリー傑作選的なものを少しずつ読んでる

ジャンルとして毒殺ものって長編にはなりにくいです。
毒殺だけだとトリックがこじんまりとしてしまうからでしょうね。
殺害方法として印象にも残りにくい気がします。
すぐに思い浮かぶのは「毒入りチョコレート事件」バークリー ですが
この傑作が世に残っているのは別の理由からで、毒殺が眼目ではありません。では、どういうものかと言うと「多重解答」というロジックの応酬が読み応えを支える形です。要は別解の提出→論破を繰り返して真相に至るという、その回数を別にすればミステリの基本とも言えるものです。
一つの事件から複数の仮説が出されて論理的検討を行う。
魅力的なスタイルの古典で必読の書の一つと言えるでしょう。

何故、こんなにもこの件にしつこく絡むのかと言うと、丁度、今そういう類いのミステリを読んでいるからです。近々読書報告にも書きます。
Pass :
ナトホ

Re: ミステリ新人賞

2019/06/07 (Fri) 21:28:35
ミステリーミッション

ただ今、絶賛停滞中でーす
単に、次の話に取りかかってないということなんてすけど。。。
とりあえず今週はブロット研のプロットを読んで、
三ツ島第3話は来週から頑張りまーす

あと、毒薬ミステリー傑作選的なものを少しずつ読んでるのですが、本編に入る前に「毒殺の歴史」についての章があるんです。というか、まだそこを読んでるだけなのですが、面白いです。要するに実話なんです。人類の歴史でどんだけの人が毒殺されてきたんでしょう。恐ろしいです。戦争での死者に比べれば、わずかでありますが。。。
Pass :
ナトホ

Re: ミステリ新人賞

2019/06/04 (Tue) 09:35:40
>最終話について。
いくつか疑問点があるのですが、勿論、それは向こうに書きます。

ありがとうございます。

>ただの解読力不足なのかも知れませんので、

いえいえ。疑問に思うところは絶対にあると思います。
逆に、これだけではわからないよなー、と思いつつ、書いてたりもします。
なぜ、そんな半端なことになってるかと言いますと、
うまく書ききれないから、とりあえずざざっと全体像を提示しました。

実際に考え切れてないところがあちこちあります。
実際に書き始めないと、考えることができなかったりもします。
詳しく考えることになると、七話を書き始めてしまうことになるかも。
七話を先に書いてもいいけど、その前に出てくることを活かす可能性もあるかもしれないので、やはり順番に書こう、という感じ。

たみぃさんが疑問に思う点をあげてくれるのは大歓迎です。
とにかく七話を書けるかどうかが、とても不安なので、どうにかいけそうだ、という形にはしておきたいのです。場合によってはちがう話にしてもいいです。
ただ、ダイゴーが自転車の旅に出て、その目的地に到着する前にケガをした。
そしてついに目的地へ行く
という形にはしたいなー、と思ってます。
一年間も保留にしてしまう状況をオーケーにせねばならないというハードルもあります。
今のパターンでもそのハードルはありますが、あれこれ書くことによってそれはクリアしようと思います。そのあれこれは何かとなると、頭の中にはありますが、実際には心理描写とか、他の人とのやりとりで描いていく感じですので、実際に書かないと無理かもー。それでも箇条書にもできるかもしれません。ただ、たみぃさんの疑問点はそこではないような気もするので、やりません。全員の動機についても、そこが疑問ならざっくり書くことはできます。でも、そこは別に気にならないのなら、書かないです。というわけで、疑問点がどこにあるのか、教えてもらえることは、とてもありがたいのでありました。


>それ、むっちゃ不安!アレを小さな伏線にしても
活かせる見込みがあるとはとても思えない~

やはり、ミステリファンとしては、伏線になってないと、ダメですかー
現状では伏線になってません

しいていえば、
研さんがミステリ研だったよー的な昔話です。
それで、数字にも強いところを披露して、でも娘の多緒は文系。
だけど、中学生の英語と数学の過程教師、やりました。
大丈夫なのか!?→無事に志望校へ合格。
その高校生からの依頼です

神社の話に、部活顧問争奪戦で使った考え方を活かすことは考えてませんが、
数学から離れて、可能性を消去していく形はもしかして使えたりしてー。
しつこく繰り返しますが、使えるかどうかはまだ考えてないです。
深層心理ですね。考えてないけど、もしかして使えるといいなぁ。案外、使えるかもしれない。でもやっぱり考えてなーい。

それから、部活争奪戦のときに出てくる他の部活の人を最終話で使うのもいいかなと。
このときに、映画研究会か、演劇サークルを混ぜて、そこの部長を民宿の主にします。

この程度ではダメでしょうか


ちなみに映画製作というのは、自主制作の短編映画です。
「ウシ企画」は、「川」のときに出てくるタウン誌を作っていたり、筏レースの企画にかかわっていたりもします。それと、第二話で牛沢は、「杖道の会」に入ってるので、ある意味、研さんの弟子にもなってます。


Pass :
たみぃ

Re:最終話

2019/06/03 (Mon) 23:48:51
最終話について。
読みました。
いくつか疑問点があるのですが、勿論、それは向こうに書きます。
ただの解読力不足なのかも知れませんので、もう一度精読してから
明日以降に疑問点を書きます。

>第三話の導入部ネタは、それで行きたいと考えてます

それ、むっちゃ不安!アレを小さな伏線にしても
活かせる見込みがあるとはとても思えない~
まだ間に合うなら他にも「枕」を何個か用意するので
そこから選んで欲しいっす。
すでに何か考えがあって使えるのであれば勿論、使って貰って構わないですけど。
Pass :
ナトホ

Re: ミステリ新人賞

2019/06/03 (Mon) 16:39:12
たみぃさんへ

業務連絡です。
第七話(最終話)についての記事も書きましたので、よろしくお願いいたします。
それから、部活顧問の話もありがとうございました

第三話の導入部ネタは、それで行きたいと考えてます
Pass :
ナトホ

Re: ミステリ新人賞

2019/06/03 (Mon) 08:50:14
>ところで今の所、私には特に指令は出てないですよね?
>のほほんと待機していて良いですよね??

ありがとうございます!
とっても活躍したそう?な感じもするので、お願いするとしたら、
前からぶつぶつ言ってる最終話でしょうか?

丸ごと、お願いするのではなく、ある程度の枠組みが決まってる中で、
こんなのはどうか? とかアドバイスするというのは、どうでしょう?

前は、研さんの恋愛話を例にして、展開の方法を教えてくれました。
それを参考にできているかどうか、微妙なところではありますが、
1話から6話までに出てる人を出すことはできます。
と言いましても、まずは牛沢です。
ダイゴーの自転車旅の目的地である民宿へ行きます。

ここまで書いて、そういえばプロット研に提出した「あらすじ」を読んでもらってないことを思い出しました

第2話「アパート」とプロット研あらすじを、小説ミッションにアップしました。
もしお時間をとることができましたら、読んでください。


*****
「小説ミッション」は、主にミステリを書くために内容を検討しているところです。
というわけで、非公開です。
公開しているここに、そこについて書くなよー、と思うかたもいるかもしれませんが、非公開ブログで内容について考えながら小説を書いている、という活動報告してるつもりでもあります



Pass :
たみぃ

Re:ミステリ新人賞

2019/06/02 (Sun) 19:47:36
ナトホさんの某ブログを見てその熱量と
これからの予定の分量に圧倒されました。
がんばって下さいね~。

ところで今の所、私には特に指令は出てないですよね?
(気付いていないだけだといけないので確認です)
のほほんと待機していて良いですよね??
Pass :
ナトホ

Re: 太っ腹のちくわさんへ

2019/05/30 (Thu) 09:22:42
「泥棒」を書いて、「アパート」と足してみたら、105枚になってしまいました。
「泥棒」を加えると、「アパート」も書き直さなくてはならないのだけど、5枚削るのは無理そうです。
上限が100枚なんです。

なので、教室への提出は「アパート」だけにしようと思いました。
翻訳はお願いしたいですが、急がなくても大丈夫です。
(急げって言ってたんかい)

お時間がとれるときに、よろしくお願いいたします。

************
追伸

たみぃさんの原案にあるオヤジギャグネタに新たなものを足してみたけど、とっも苦しいです。
いつか、全体を読んでいただくときに、ちくわさんやたみぃさんにチェックしてもらいたいです。もちろんチェックは、オヤジギャグネタだけではありませんが。

そのときはまた、よろしくお願いいたします。
Pass :
ナトホ

太っ腹のちくわさんへ

2019/05/30 (Thu) 01:58:28
第2話の「アパート」に入れるかもしれない「泥棒」の話をほぼ書き換えました。
そしたら、研さんのセリフが多くて、降参です。
申し訳ないですが、翻訳をお願いできますでしょうか?
(お伺いしてるけど、台詞も書くという。。。)

「それにしてもこの角打ちに暗号ものが持ち込まれるとは驚いたよ」

「物語の世界というかミステリーのようなフィクションには、時々暗号が出てきてそれを探偵が解いたりする話がある。でも、暗号なんてのは自分と相手だけがわかればいいものだ。第三者が考えて解けるような暗号を使うなんて現実的じゃない」

「お互いがやりとりする暗号はそうだな。乱数表とかを使ってやれば理論で解けるはずがない。でも一方からだけ発信されていて、ほんとうは相手に気づいてほしい暗号もある。そういうときは暗号という言葉は似合わないな。『ほのめかし』とでも言った方が合っているかな」

「そんなに難解ホークスな謎じゃないんだけどもなあ」

「なあ、ダイゴー、短歌って知っとうか」

「その感じじゃ折り句も知らないだろうなぁ。まあ知らなくても気づくと思うんだけどね。そのお母さんのメッセージに」

「それは間違いないな。そのお母さんは最初はちょっとどんな暮らしをしているのか気になっただけなんだと思うよ。それでこっそり留守の時間に覗いて見た。恐らく今さら名乗り出る顔を持ち合わせていないし、何の痕跡も残さずに覗いてすぐに帰るつもりだったんだろう。でもその考えが少し変わったのが、台所に煮干しがあったこと、そして決定的なのがマッチが置いてあったことだ。だからと言ってすぐに会いに行くとまではできなくて遠回しに遠回しにメッセージを残したんだろうよ」


「その通りだ。毎回、その場で何を持って行くのかを考えたんじゃない。最初に五品揃っているからそれを決行した。それに気づかせるためと、物を持って行かれる嫌な感じを少なくするために部屋をきれいにしてな」

「ほんとうは自分で気づいて欲しいところなんだけどな」と研さんは少し残念そうに呟いた。

「そうだな。じゃあ、ダイゴー、おまえ、考えてみろ」

「考えたくないか。ヒントは出したやろ」

「うちの新鋭に任せたから、何かあったら声をかけてくれ」

************
たみぃさんへ

三ツ島シリーズでは、研さんは直接的には謎を解かず、ダイゴーにヒントを与える、という形にしました。それで、ダイゴーが謎を解く。

某F先生が、ワトソン役なくてもいいんじゃないか的なことを言っていたので。
ワトソンぽいダイゴーが、研さんの助言に助けられて、ホームズになる感じでいきます。
読者も、そこで答えを出せるように作りたいところですが、どうかなー?



Pass :
ナトホ

Re: 三ツ島

2019/05/29 (Wed) 15:20:01
「アパート」の推敲をしました。
減るつもりだったけど、増えましたー。

1行40字で、原稿用紙換算およそ87枚です。
1行20字だと、原稿用紙換算およそ70枚です。

ちょっと寝かせて、もう一度、見直して、提出しようと思いますが、
その間に、「泥棒」にチャレンジしてみます。

あと、「満願」も読み終えて、返却せねばならないのだけど、どうしよう
(って、返却しろよ)
Pass :
ナトホ

Re: なんていうかな

2019/05/29 (Wed) 01:41:48
一人称の件も、ありがとうございます。

新三ツ島は、三人称ダイゴー視点で書いてます。
それで一人称は、
ダイゴーが「オレ」なので、研さんは「俺」にします。
アパートで登場する亮という若者が「自分」です。
ちらっと出てきた牛沢も「俺」なのですが、
ちらっとなので一人称を使うほど喋ってません。
よかったー

一つの話にたくさんの人物がでて、一人称を使って話さないことを祈りたいです

ところで、研さんはすっかりオヤジギャグなキャラになってしまいました。
これからも毎話、ギャグを入れていかねばならぬと考えると、
ハードルが高いでーす

がんばりまーす
Pass :
ナトホ

Re:

2019/05/29 (Wed) 01:28:54
ちくわさん、お忙しいところ、ありがとうございました。

「アパート」は、どうにかラストまで書けました。
20×20で、なんと68枚です。
1行40字だと、854行。

鮎川の応募規定だと、1行40字で3600行以上です。
つまり、つまり1行40字×10行で、原稿用換算で1枚と考えればいいのでありまして、
「アパート」はおよそ85枚となります。
ちなみに、第一話の「デッドスポット」は、1行40字だと70枚でーす。

これから推敲していくと減りそうではありますが、
目標360枚以上として、いい感じであります。
(応募締め切りまでに書き上げることはできるのか? という問題はありますが。)
(今はわたしにしては、すごい勢いで書いてます。)

明日は、北九州弁を取り入れさせていただき、推敲します。
余分なことをいっぱい書いたような気がするので、ばっさばっさと行かないとー

切りすぎて骨だけになってしまうから、加減が難しいです。
ミステリーとしてどうか、という問題もありますしね。
そこは背伸びせず、「タンヤオ・ピンフ」か「リー」のみくらいで、頑張ります
Pass :
匿名ちくわ

なんていうかな

2019/05/29 (Wed) 00:02:06
>とくになければ、「わし」か「俺」にしようかな。
ちくわさんは、自分のことをなんと言ってますか?
研さんって、ちくわさんみたいな人でもあります。


そういえば、主語としてなに使うかなあ。えーっとね。
「自分は」(健さんみたいだなあ、研さんじゃなくて)
「俺さ」(これかもしんない、公式な場じゃない場合はこれかな)
でも、考えちゃうくらい自分のことを指す言葉使わないで生活してますね。日本語は便利だわ。
「みどもは」公式にはこれだね。(ウソじゃけど)
Pass :
匿名ちくわ

Re:ミステリ新人賞

2019/05/28 (Tue) 23:55:03
「そうやな。忘年会で、シルクハットにタキシードを着て、あいつは手品をやったち。衣装は青いラメですごかったけ、ぎこちのうて、大丈夫やろか、と心配したけんど、見事やった。そうとう練習したんやな」
>そうやね、忘年会で、シルクハットにタキシード着てから、あいつは手品をやったんよ。衣装は青ラメで凄かったんやけど、なんかぎこちのうて、こら大丈夫やろかち心配したっちゃけど、そら見事なもんやったよ。ありゃあ相当練習したんやろうね。

「ぎこちないのも、演技のうちだったんですか」
「そうやな。それに手品っちゅうのは、右手で何かをやっとうときは、左手で何かをやっとうもんけ」
>「そうなんやろね。そもそも手品っちゅうもんは、右手でなにかをやっとうときに、左手はもっと核心めいたなんかをやっとるもんやけな」
「服掛けを見せても、問題はそこじゃない的な!」
「いや、あれは、すごいやろ」←こっちでいいです。
(あれは、すごいたい)←?

「なんで、亮のことを訊く?」

「亮はそういうやっちゃ」
>「亮はそういうやつやけ」
すみません。
牛沢が再登場しましたー。

「相手にも、己にも真摯に向き合うことになり、よかとです」
>「相手にも、己にも真摯に向き合うことになるけ、いいんちゃね」



ちょっと付け加えました(笑)
けど、だいたいこんな感じです。

アナウンサーの羽鳥慎一さんを福岡へ呼んで、いろいろ知ってもらおうというローカル企画のテレビ番組がありましてじゃね。(最近はこんなのが多すぎるなあ)
北九州の挨拶として「なんしよん」が挙げられてました。
そういえば使う(笑)友人間限定だけど。
博多に行くと「なんしよーと」になりまして、博多華丸大吉さんが番組名として使ってます。
「なんしよん」は挨拶だけでなく、軽い怒りや否定としても使えます。やれやれという意味でも使えるし、万能じゃな。(それぞれイントネーションが変わる)
もっと怒ってる時は「なんしよんかちゃっ!」ってなります。こう言われたら「どうもすんません」ってとりあえず謝っておきましょう。
Pass :
ナトホ

北九州弁

2019/05/27 (Mon) 15:22:55
追記◆現在の状況◆
第二話「アパート」を60枚書いて、教室提出の下限はクリアしましたが、話が終わってませーん

**********

研さんの一人称ですが、北九州弁でよさげなものはありますか?

とくになければ、「わし」か「俺」にしようかな。
ちくわさんは、自分のことをなんと言ってますか?
研さんって、ちくわさんみたいな人でもあります。

さて。
またまた研さんがでてきたので、方言一覧表というのも見ながら、ちょっとがんばってみました。

添削お願いします。

 ダイゴーは研さんに電話し、亮がどんなヤツなのか訊いた。
「そうやな。忘年会で、シルクハットにタキシードを着て、あいつは手品をやったち。衣装は青いラメですごかったけ、ぎこちのうて、大丈夫やろか、と心配したけんど、見事やった。そうとう練習したんやな」
「ぎこちないのも、演技のうちだったんですか」
「そうやな。それに手品っちゅうのは、右手で何かをやっとうときは、左手で何かをやっとうもんけ」
「服掛けを見せても、問題はそこじゃない的な!」
「いや、あれは、すごいやろ」
(あれは、すごいたい)←?

「なんで、亮のことを訊く?」

「亮はそういうやっちゃ」

すみません。
牛沢が再登場しましたー。

「相手にも、己にも真摯に向き合うことになり、よかとです」

**********
万が一、時間に余裕があったら、「アパート」の前に「泥棒」も加えます。
「泥棒」では、アラサーの女が角打ちで酒を呑みます。酒でも焼酎でもいいのですが、何がおススメでしょうか? 時期は3月です。
地元のもの小鉢的なものも教えていただけると、嬉しいです。ちくわさん、時々、海に行って、何か拾ってきたりもしてましたよね。
3月だとどうでしょう。海藻の酢の物とか、海の生き物?
なんかの野菜炒めとか。フキとかタケノコとか菜の花とかは早いかな? 地元の野菜つてありますか?
お忙しいところ、質問をたくさんしてしまい、申し訳ないです。
Pass :
ナトホ

Re: ノルマ

2019/05/27 (Mon) 00:16:41
現在、48枚クリアです

いよいよ、ラストの対決かなー
と書くと、ミステリーの場合は、探偵がみんなの前で、事件について語り、
犯人を名指しするって感じでありまして、ミスディレクションを混ぜたりもしますよね。

読者にこの人と思わせて、さらにもうひとひねりする

しかしながら、三ツ島「アパート」の場合、
「一対一」でーす。
ひねるも何も、コロンボ状態です。

だいたいそもそも犯人なんているのかー
ええと、この話は、女の子のアパートに忍び込んで、引き出しの中のものを見たのかどうなのかというのが事件でして、容疑者は一人です。
(このように書くと、とてもしょぼい話のようです)

その容疑者とワトソン役の主人公が対決するのです。
あっ、ワトソンじゃなかった探偵役です。って感じの主人公であります。

どんな勝負になるんでしょうねー。
今日の目標枚数をクリアした時点で力つき、錦織くんの試合を観て、
さらに疲れましたー。

まったくほとんど余裕の試合だったのですが、「ほとんど」というところで疲れました。
うっかりしたら、ヤバいんじゃないか、と心配したわけです。

「三ツ島」に話は戻ります。
まだ対決の場所に行くことになる前の状態で、
それまで伏せられていた事情が明かされ、
容疑者と対決することになります。

容疑者は、研さんの杖道の弟子で、居合道もやってます。
なんだか勝てそうになーい。
って、闘うわけじゃないけどー。

真剣で何かをばっさり切るシーンも入れたら面白いかな、とも思ったのですが、
余計な部分でもあります。

イメージとしては、「るろうに剣心」の緋村剣心かなー。
居合術って、抜刀術とも言うようです。
緋村剣心は「人斬り抜刀斎」として恐れられた伝説の剣客。
でもなんだかへらへしてる。。。
実写版のたけるん、カッコよかったなー

こいつにダイゴーは勝てるのか?
(どんな勝負)

50枚は超えそうです
Pass :
ナトホ

Re: プロット

2019/05/26 (Sun) 13:50:48
字数オーバーですので、削ってください、と言われてしまいました。
わたしのワードで見ると、ぴったりなのに、8行もオーバーしてるそうです。
がんばって、削りましたー。
やればできる
Pass :
ナトホ

Re: 愛知弁

2019/05/26 (Sun) 09:21:49
>「行こう」は「行かまい」、「食べよう」は「食べまい」です。
これも結構、間違いの元になるよね~
ひょっとしてナトホ夫さんも使う?

わからーん、と思ったことがないので、ナトホ夫一族は使ってないように思えます。

ただ、ナトホ夫の場合、Aと考えてるのに、Bと言ってることが時々あり、
「?」と思うので、
わからーん、と思うことにも慣れてまってるかもしれません。
(それは、ちがうか。。。)

方言で印象に残るってるのは。
車の運転してるときにはよく「ぼったれー、ぼったれー」とか「ぼったるー、ぼったるー」と叫んでましたね。。。

それと「どぞい」という言葉も使っていたような気がしたのですが、試しに検索してみたら、ヒットしませんでした。。。

「ぼったる」も確認したら、ぼう=追うで、三河弁だと書いてありました。
Pass :
ナトホ

Re: 北九州弁

2019/05/26 (Sun) 09:06:59
ちくわさん!
お忙しいところありがとうございました!!

やっぱわたしには無理だー、と痛感してるところであります。
でも、他の人たちはほぼ標準語で、研さんだけ、この味のあるセリフ
というのもいいかなー

もしくは年齢が上気味の人は、研さんに近い北九州弁にするとか。。。
案外、若めの人が多い気もします。

とくに北九州弁にしたいのは、

1話・デッドポイント
2話・泥棒
3話・アパート+鶏と卵の密室(リンゴ密室)
4話・山姥+研さんの高校時代の話(部活顧問争奪戦)
5話・川←牛沢再登場
6話・夕陽←全体の話に絡む。
7話・民宿←牛沢が絡む。

けっこういるかもー
若めでも家族の会話シーンがはいるところもありそうです。。。

研さんの登場は、割と少ないのですが、
とくに7話の民宿の人たちは、かなり北九州弁にしたほうがいいかな

>研さんの一人称は「わたし」なの?

何がいいでしょうか
(あとで翻訳してもらうつもりで、とりあえず書いたようだ。。。)

Pass :
たみぃ

Re:博多弁

2019/05/25 (Sat) 16:39:36
「廊下に出なさい」→「廊下に出ない」

おお~これは、驚きの言い回し。
逆に捉えられるかもですね。
愛知の一部地方では
標準語の「やりましょう」「やろう」が
「やろまい」となり、「やるまい」と否定形にとられる方言があります。
「行こう」は「行かまい」、「食べよう」は「食べまい」です。

これも結構、間違いの元になるよね~
ひょっとしてナトホ夫さんも使う?
Pass :
匿名ちくわ

Re:ミステリ新人賞

2019/05/25 (Sat) 16:15:02
「ダイゴー、いるかー」→「おるかー」ですかね。

「これから、いるうじょんを披露しよう」→「これからいるうじょんを見してやろう」

「まず、これだ。わたしが作った」→「まずはこれ。わたしが作ったと」

「服掛けだ」→「服掛けや」

「箪笥は職人が作ったものだ」→「いや、箪笥は職人が作ったんやけどな」

「しかし、人は入れない」→「しかし、人は入れん」

「ここは布団でいっぱいだ」→「ここは布団でいっぱいやろう」

「窓の外を見なさい」→「窓の外を見りい」

「では部屋の外に出よう」→「なら、外に出るばい」

「廊下に出なさい」→「廊下に出ない」

「おまえ、マゴの意味、知っとるか」→「おまえ、マゴの意味、知っとおか」

「馬子というのは、馬に荷物や人を載せて運ぶ人だ」→「馬子っちゆうんはさ、馬に荷物や人を載せて運ぶ、そっちの方たい」

「それじゃ、サンマ、で数えたら、部屋に入りなさい」→「そいじゃ、サンマ、で数えたら、部屋に入っていいよ」「入りい」でも可。

「鶏が卵を産み、ヒナがかえったのだ」→「鶏が卵を産んで、ヒナが孵ったとよ」

「どうだ? わかったか」→「どうね? わかった?」

「鶏の謎事件では、ダイゴーが余計なことを言わなければ多緒はキャビネットから出てこなかった。時間があればきっと謎は解けたはずだ」→「鶏の謎事件では、ダイゴーが余計なこと言わんやったら、多緒はキャビネットから出てこんやった。時間があったならきっと謎は解けたやろう」

「時間はあるんだ。ダイゴーなら、必ずできる」→「時間はあるっちゃけ。ダイゴー(おまえ)なら、必ずできるけ」


、研さんの一人称は「わたし」なの?
短文の場合、そんなに変わらない気もしますじゃね。
ただ全体で見たらかなり違うんじゃないかな思います。




Pass :
ナトホ

北九州弁

2019/05/25 (Sat) 11:15:13
ちくわさん

三ツ島の北九州弁は、一話の場合、トリックにtガチッとはいってもいましたが、二話以降はほんのり雰囲気だけでいいかなぁ、という感じなので、一話を参考にして書こうかと思ったのでありますが、いきなり、研さんの第一声をどうしたらいいのかわからなくて、困りました。

なので、ちょっとここに書きますので、ほんのりと翻訳をお願いいたします。
(言葉が短いので、語尾を変化させたりすればいいのかな、と思ったのでありますが、ちくわさんをイメージしてしまうと、「なになにじゃ」が浮かんでしまいます)
***********
「ダイゴー、いるかー」
 二階から階段を降りてきた研さんが、ダイゴーを見て妙に明るい声音で言った。
**********
「ちょっと上に来い」と研さんが微笑んだ。
**********
「これから、いるうじょんを披露しよう」
 研さんが真顔で言った。
 数秒後、ダイゴーはイリュージョンと認識する。
「まず、これだ。わたしが作った」←研さん★
「へっ?」
「服掛けだ」←研さん★
********** 
ダイゴーの視線の動きを見てとった研さんは、「箪笥は職人が作ったものだ」と低い声で応えた。
 そんなことは言われなくてもわかるが、
「これは年季が入ってますよねえ」と感心した。
「しかし、人は入れない」
 研さんが箪笥をぴしりと叩いた。
 おそらくオヤジギャグだ、と判断としたダイゴーは口を開いたが、いい突っ込みが思いつかなかった。
 研さんは何ごともなかったように部屋の反対側に行き、押し入れのふすまを開いた。
「ここは布団でいっぱいだ」←研さん★
「確かに人は入れない」
 箪笥の続きをやった。
 研さんは、うむ、と渋く頷いた。
 どうやら受けなかったらしい。ギャグになってないな、とダイゴーは痛切に思う。
「窓の外を見なさい」←研さん★
*********
「では部屋の外に出よう」←研さん★
「窓から?」
 ここは二階だ。
「廊下に出なさい」
 研さんは、やれやれといった様子で首を振った。
***********
「おまえ、マゴの意味、知っとるか」←研さん★
「孫じゃなくて、娘でした」
「馬子というのは、馬に荷物や人を載せて運ぶ人だ」←研さん★
******
「それじゃ、サンマ、で数えたら、部屋に入りなさい」
********
「鶏が卵を産み、ヒナがかえったのだ」
*****
「どうだ? わかったか」
******
「鶏の謎事件では、ダイゴーが余計なことを言わなければ多緒はキャビネットから出てこなかった。時間があればきっと謎は解けたはずだ」
****
「若い娘の恋愛問題は、若いものに任せる」
******
「時間はあるんだ。ダイゴーなら、必ずできる」
******************
わー、ちょっとじゃなかったですね、すみません
でも、今のところ、研さんのセリフはこれですべてでしたー。

他の人のセリフは、研さんを参考にして、語尾とか助詞をちょっと変化させることにしようと思ってます。

その特徴的な語尾が今ひとつわかりません。

たとえば、「そうなんやー」などのように、「や」はつけるのかな? とか。
↑ これはどこの言葉だろうか?

お手数ですが、よろしくお願いいたします。
Pass :
ナトホ

Re: 三ツ島「アパート」

2019/05/25 (Sat) 02:15:47
しばしプロット研用プロットで、いかに短く書くか、ということに取り組んでいたものですから、久しぶりに「アパート」を読んだら、やたらと冗長で、まずいぞ、とひしひし感じました

しかしすっきり削るのは後程にして、とにかく最後まで書かないとね。
それと、現在はアパートの現場がどうなってるのか話を聞いてるところです。
必要なことは書かねばならないし、でも読者がかったるくなったらダメだし、難しいなぁ。
(とにかく、書くことを書いて、最後までいかないとー)
Pass :
ナトホ

Re: 三ツ島

2019/05/25 (Sat) 00:29:16
プロット提出しましたー

一話・デッドポイント
二話・アパート
三話・山姥
四話・川
五話・夕陽
六話・民宿

メンタンピンドラドラドラという数え方でいいですか
Pass :
ナトホ

Re: 最終話

2019/05/24 (Fri) 01:19:21
ありがとうございます!

途中の話がわからないのに、申し訳ないです。
細かく返信します。


>連作短編の最終話は総動員が好みです。

なるほど。わたしも好きです。

>勿論、欲を言えばその前の話をひっくり返してさらに大きな謎をかぶせたりする。個別のそれぞれの話が実は繋がっていて意図された連続ものだった。などのウルトラCを狙えれば「賞もの」では有利ですけど、

話はバラバラですー。

強いていうなら、第五話の「夕陽」では、兄は妹のためを思って行動していたが、逆に妹に心配させた。→ダイゴーは自分の妹のために自転車の旅に出たが、妹は心配してるかもー。
という話の流れで、最終話に突入し、なぜダイゴーは自転車の旅に出たのか。その目的は?
という感じで、いつのまにか親しくなってる牛沢に背をおされ、目的の地に向かい、「本陣殺人事件」の世界に突入しようかと思ったけど無理なので、別の事件に遭遇することにしました。
鮎川賞受賞の「ななつのこ」はコージーですが、全体がうまく作られてます。そんなのを目指したかったけど、無理ー。でも「ななつのこ」の場合は、挿入されてる話の作者は誰なのか、どんな人なのか、主人公とどうかかわってくるのか? という謎について、読者は興味をもちます。きっとその問題での展開もあるんだろうな、と最初のほうから想定できます。そういう想定があって、読み進んでいくのって、面白い。というわけで、「三ツ島」の場合は、なんでダイゴーは自転車の旅に出たのか? そして、どうして三ツ島に居座ってるのか。その理由はありそうだ、と読者が思うように書いて、最終話で納得する
という形にしたいと考えてます。ほんとに納得できるかどうは別として



>最後の一篇は大きな謎にせずに総まとめではダメですか?それもハートフル方向で。

現状ではそっちの方向になってるかも。
鮎川を目指してるので、最終話に大トリックをもってきたかったのですが、「本陣殺人事件」→「まだらの紐」→「ハチ」と流れてきまして、ハチに関するミステリってあるかな、と調べたら、傑作ミステリ選に入ってるというので、隣駅にある図書館に行ってきましたートリックはそれほどではなくても、見せ方によって楽しく読めるものだなー、と思いました。時代のちがいもあるかもですけど(当時はアナフィラキシーショックなんて有名ではなかったからすごいかも)。

>例をあげます。(コレが良い!と思ってるワケじゃないですが)
最終話は「研さんの恋の行方」にします。

前も例としてあげてくれましたね。

>その話の中でそれぞれの短編のその後を織り交ぜます。
私は他の短編を判っていないのでとりあえず、夕陽と泥棒で言いますね。

なるほどです。
そのように考えることはできてませんが、最終話では牛沢が活躍します。その伏線?として、牛沢は第四話の「川」で再登場します。

そもそもプロットの字数制限が厳しく、導入部のネタも書けません。
いかに字数を削るかで苦労してます。
第三話から第六話は、事件(出来事)と真相だけです。どのような形でダイゴーたちが謎解きをするか、なんて書けませんでした。そこを考えるのも難しいということもありますが、どうせ字数的に書けないので、やめました。

A4フォーマット2枚にまとめた「あらすじ」を読んでみますか?
現在、おさまるように削ってるところなんですけど。。。
短編6コ分+全体の話を短くまとめなくてはいけないので、削りすぎて話の内容がわからなくなってるかもー
Pass :
たみぃ

最終話

2019/05/23 (Thu) 22:55:50
個人的な好みを言わせてもらうと
連作短編の最終話は総動員が好みです。
最後にドカンと大きな謎解きを持ってくるという方向性もあるかと
思いますが、一番しっくりするのが1話~最終話の一つ前までの
人が再び登場したり、後日談が語られたりするヤツです。
普通と言えば普通ですが、気持ちよい(読後感が良い)のが取り柄です。

勿論、欲を言えばその前の話をひっくり返してさらに大きな謎をかぶせたりする。個別のそれぞれの話が実は繋がっていて意図された連続ものだった。などのウルトラCを狙えれば「賞もの」では有利ですけど、大抵はどんでん返しだけの為の作為的な話になり、全体の印象を薄くさせてしまう事にもなりかねません。創作難度が高いのにバランスを崩すリスクが高いです。

話を戻しますが、最後の一篇は大きな謎にせずに総まとめではダメですか?それもハートフル方向で。

例をあげます。(コレが良い!と思ってるワケじゃないですが)
最終話は「研さんの恋の行方」にします。
作中のどこかの短編に出て来る登場人物を研さんが好きになってしまい
その恋をダイゴーその他短編に出た登場人物が応援する形です。
その話の中でそれぞれの短編のその後を織り交ぜます。
私は他の短編を判っていないのでとりあえず、夕陽と泥棒で言いますね。

研さんがA子さんと少しいい雰囲気になってA子さんの誕生日にプレゼントする話になったとします。A子さんは研さんの何でもいいから欲しいものを言ってくれとか言います。A子さんは昔読んだ本で凄く好きな本があったはずなんだけど、タイトルが思い出せず、内容も断片的にしか思い出せません。もしも出来るならその本が欲しいと言います。ダイゴーと研さんは小説に余り詳しくないので、答えに行き詰まります。(長くなるので詳細は省きますが)その謎を「夕陽」の病気だった妹に相談します。その子は治療の甲斐があって、快方に向かっている事もそこで判るようにします。その子が本の題名を突き止める。
このような話を過去に出た短編のその後が気になる話の分、用意しましょう。
研さんがA子さんと初めてデートするのを心配して陰から様子を窺っているダイゴーが初デートを成功させるように障壁を取り除くような話でも良いかもです。
カップルが多いスポットをダイゴーが教えて、そこに行ったら、カップルに混じって、親子(母と息子)でシートを敷いてお弁当を食べてる場面に遭遇した。母親が嬉しそうに息子と話す様子を見たダイゴーがその息子が祐樹である事に気付く。そんな簡単なエピソードを挿むだけで、あれからどうなったんだろう?と思っている読者へのフォローサービスとなり得ます。まだほかにも色々と思いつくけどとても長くなるのでこの辺でやめます。失礼。
Pass :
ナトホ

Re: 三ツ島

2019/05/23 (Thu) 13:17:54
最終話のトリック、たみぃさんに考えてもらおーっ
と思っていたけど、プロットに書かねばならなかったー

しくしく。
とりあえず考えてみますー。
あとでもっといいものに改善してください。。。


ミステリファンが、楽しめる「ネタ」がいいなぁ、と思ってるのですが。

しょうがないので、現時点では、
「本陣殺人事件」みたいな世界観(雰囲気)の路線でどうにかー。

民宿の離れで、民宿の主人が死んでたー(?)、という感じです。
Pass :
ナトホ

Re: 三ツ島

2019/05/23 (Thu) 09:12:08
>一人が二人、二人が一人、ということで、デッドと川、
向かいの家が工事、というところで、アパートと夕陽、
離婚した母親で、アパートと泥棒(ブロットにはないけど)
などなど、いろいろと被ってますが、
夕陽と全体の話で、兄と妹が被るので、伏線的にわざとやってる的なー

第一話と最終話も被ってるのだー
Pass :
ナトホ

三ツ島

2019/05/23 (Thu) 08:13:31
現在はプロット提出を目指してます。
それで、「神社」の話は、神社に寄るところを他の形に変更することにしたので、報告します。
プロットだから、また変えるかもしれないのですが、とりあえず「山姥」にします。

ショートストーリーだと、なぜ神社? と思えて面白いのですが、短編にするとなると、毎日、登下校のときに神社へ行くのは無理ではないか、という気がひしひしとしてきました。親は一応真剣に神社へ寄ってもらいたいのです。もっと「池のほうに行かない」で済む方法を考えました。神社のほうが面白いんですが、リアリティのあるほうにします。

というわけで、現在の三ツ島プロットは、
一話・デッドポイント
二話・アパート
三話・山姥
四話・川
五話・夕陽
六話・民宿

一人が二人、二人が一人、ということで、デッドと川、
向かいの家が工事、というところで、アパートと夕陽、
離婚した母親で、アパートと泥棒(ブロットにはないけど)
などなど、いろいろと被ってますが、
夕陽と全体の話で、兄と妹が被るので、伏線的にわざとやってる的なー
Pass :
ナトホ

Re: リンゴ密室 もうちょっとマシな案

2019/05/23 (Thu) 07:59:14
理解するのが大変そうに見えるので、プロット提出してから読むことにします。
ありがとうございます。

ところで、ダイゴーの自転車趣味のついては、たみぃさんの一人部活を参考にさせていただいてたので、一瞬、焦りましたー

ほかの部活も消さないでくださいねー
Pass :
たみぃ
URL

リンゴ密室 もうちょっとマシな案

2019/05/22 (Wed) 21:11:05
少し前にリンゴ密室のもうちょっとマシな案があると書きました。
やっと書き終えました。
図や写真で補足説明が必要だったので、個人のブログ(ヤフーブログ)
に『友だち限定』で書きました。

尚、個人のブログである『一人部活』は終了し、ミステリ原案の連絡用としてあのブログを今後も使おうと思います(ヤフーブログは8月で終わるけど)

ちくわ師匠はこういう文章は好まないと思いますが、理論ミスなどの指摘事項があればお願いしたいです。

https://blogs.yahoo.co.jp/hkykasd/15366753.html
Pass :
たみぃ

Re:ドロ

2019/05/21 (Tue) 01:57:13
>締め切りまで「泥棒」を入れることができなさそうで、残念です。
申し訳ありません。

いえ、それは全く。
そもそも、私が遅かったので、こちらこそスミマセン
Pass :
ナトホ

Re: 泥棒

2019/05/21 (Tue) 01:00:53
アパートの話が40枚くらい書けたところで、泥棒の話をその前に入れられるかどうか、やってみようと思いました。
試行錯誤の末、どうにか泥棒の冒頭を書き足して、連作短編に混ぜることができそうだなー、という感じにはなったのですが、文体というか口調を他のものと合わせて書き直さなくてはならないですよね。それがけっこうなかなかのものでして、締め切りまでに無理かも、という気がしてきました。
書き直すことはできても、50枚以上にするには、泥棒+アパートを書かねばならず、アパートの話を最後まで書けるかどうかが問題です。締め切りまでに。

というわけでやはり。
今週、締め切りのプロットは、泥棒なしでいきます。
それで、アパートの話を最後まで書きます。
もしも余裕があったら、泥棒+アパートにします。
「泥棒」は、ほとんど会話で話が進んでるので、地の文に変更するかもしれません。
そうなると、けっこう短くなってしまうのですが、もともと6話構成で連作を目指しているところに1話増やすのだから、問題ないです。
会話が多いと長くなるのは普通です。
そのように長くなってるところを地の文で書いて話を進めるようにしなさい、ということはよく聞きますので、ちょっと考えます。

しかしながらまずは、「アパート」を書きます。
いやいやその前に、そろそろプロットを書いて、提出しちゃったほうがいいかもしれません。

締め切りまで「泥棒」を入れることができなさそうで、残念です。
申し訳ありません。

Pass :
ナトホ

泥棒

2019/05/19 (Sun) 17:52:29
>「泥棒」の話は薄着の季節を想定しています。

ひゃ~。そうだったー。

>夏以外で設定するなら、過去にポケットにカギを入れておいて
落として失くした経験があるという追記が必要かと思います。

「アパート」よりも前に入れたいので、それでいくしかない。
というか、その手があってよかったー

出掛けてたので、その後、まだ何も考えてないです
Pass :
たみぃ

季節の設定

2019/05/19 (Sun) 14:36:06
「泥棒」の話は薄着の季節を想定しています。
上着が必要な時季ならばカギはポケットに入れると思うので。
夏以外で設定するなら、過去にポケットにカギを入れておいて
落として失くした経験があるという追記が必要かと思います。
Pass :
ナトホ

Re:「泥棒話」

2019/05/19 (Sun) 14:04:36
>ナトホさんが考えた密室のアイデアですよね?

いえ―。
リンゴ密室を使っただけです

アパートの話の冒頭部分を、小説ミッションのほうにアップしますね。
(応募用原稿について考えるところなので、読者限定のブログとなってます。)

でも、この冒頭は変更するかもです。
なぜなら。
「泥棒」の話を2話に入れてみようか、と考えたところなのであります。

現在、「アパート」の話には、ダイゴーの状況が入ってます。
その前に、「泥棒」の話を入れるとなると、その辺のことがずれてきます。
「アパート」の話は4月を想定してまして、その前の「デッドポイント」は2月です。
「泥棒」は、3月かなー。
ここで問題になるのは、ダイゴーの足の治り具合です。
杖もとれて、自転車に乗り始めたくらいにする予定です。
4月の「アパート」でもまだたらたら走ってる感じですが、現場のアパートまで自転車で行く設定になってます。このとき、自転車についてあれこれ書き込んだのでありますが、その辺のことも「泥棒」のほうに入れることになるでしょう。

ちょっとやってみます。

Pass :
たみぃ

Re:「泥棒話」

2019/05/19 (Sun) 13:12:30
>これはぜひぜひ三ツ島に入れたいです

書き物初心者の私が何とか書いたので、使ってあげようと
思ったのではないなら、良かったです。

>原稿用紙換算およそ38枚でした。

結構、長めになった(自分からして)と思ったのですが
それだけだったんですね~
一体、長編を一本書くのってどんだけの執筆体力が要るんだろう?
恐ろしいなぁ・・

>ちなみに研さんは高校時代は、推理研にいたことにしました。
> 大学時代は、杖道部です。

もしも、「親切な泥棒」(もっといい仮題は無いのか?)が
骨として使えるのであれば、ナトホさん。肉付けと添え物と
味の調え、さらに正しい器に盛り付けるという作業をお願いします。
(殆ど丸投げ~ やっぱり骨を拾ってくるだけで共作とはおこがましいです。)

一つ前のレスになりますが 密室の件で

>試しにそこだけ読んでみますか?

ナトホさんが考えた密室のアイデアですよね?
そりゃ、もう是非是非、読みたいです。
Pass :
ナトホ

Re: 「泥棒話」

2019/05/19 (Sun) 10:44:11
読みましたー

すごーい。これはぜひぜひ三ツ島に入れたいです
枚数を数えたら、原稿用紙換算およそ38枚でした。

パターンとしましては。
①ちょっと短めの単独の話とする。
②導入部にネタを入れる。
↑「アパートの話」は導入部として、「鶏と卵の密室」というのが入ってまして、その後、本体の事件に突入します。一応、伏線になってます。

なので、ちょっとした「謎&解答」を入れまして、本体の「どろぼうの話」にもっていく、という形式もいいかもしれませんが、その「謎&解答」を考えるのは誰だー


●プロット研のプロットのほうは、字数が厳しく、7話分は無理です。
だったら、実際の話のどれかを削除すればいいのではないか、と気づきました。

1話・デッドポイント←牛沢登場
2話・泥棒
3話・アパート+鶏と卵の密室(リンゴ密室)
4話・神社+研さんの高校時代の話(部活顧問争奪戦)←これか
5話・川(池の話)←牛沢再登場
6話・夕陽←全体の話に絡む。
7話・民宿(偽刑事の話)←牛沢が絡む。


あっ。
しかしそうなると、5月末に「どろぼうの話」と「アパートの話」を提出せねばー

やっぱ、プロットは泥棒なしでいくかー


ちなみに研さんは高校時代は、推理研にいたことにしました。
大学時代は、杖道部です。


Pass :
ナトホ

Re: ミステリ新人賞

2019/05/19 (Sun) 09:55:43
>あくまでナトホさんが自分の整理の為に書いているのだと理解しています。

いえ。たみぃさんに相談するつもりで書いていたのですが、
書きながら考えているうちに自分の考えを整理するためとなってしまいましたー

>まさか、あの暖房器具の外した部分の話ですか?

そうでーす
暖房器具ではないものを使いまして、割といい感じになってまーす
(自己満足かもしれませんが、導入部分なのでいいかなぁ、という感じです。ほぼおやじギャグですし。。。)

試しにそこだけ読んでみますか?

>もうちょっとマシな密室の形があります。(既に考え済です)

すごーーーい。

ところで、最終話の「民宿」ですが、現時点では「偽刑事の話」を設定にしてます。
ということは、それ以外のトリックはほぼないので、ぜひぜひよろしくお願いしたいのであります。

最終話ですからねー。
もちろん物語全体の問題点も、ここである意味解決にもっていきますので、ここで起きる事件はそこに関係ないこもないのですが、どつらかというとまったく独立してる事件と考えてオーケーです。

大きく関係しているのは、登場人物です。それと「民宿」という舞台です。
宿泊施設でしたら、他のモノでもオーケーですが、個人が経営しているところ、という条件がつきます。

場所は、海岸の近くです。海岸を見渡せる丘の上とか、山の中腹とかでもいいです。
グーグル地図を見て、この辺かなー、と決めました。

そこで、大仕掛けな事件が起きてくれるといいなー。
やっぱ、そうなると、密室系かなぁ。

もしくは周りに人が近寄って形跡がない半密室とか。
和室の密室とか。

凶器は日本刀を使ってくれてもいいですが、
第1話と同じパターンでいきたいと思ってます。

つまり人が倒れていて、「死んでるー」という感じですね。
第1話とちがうところは、近所にいる「駐在さん」と「医者」が駆けつけて、
「すでに死んでる」と言います。
そこでちょっと話が見えてきたのではないかと思いますが、
とにかく、ここで密室を成立させていただきたいのでありました。

すっかり忘れてるのですが、確か日本刀を使っていたような「本陣殺人事件」みたいなやつとか

でも、同じじゃダメだから、別の仕掛けですね。。。

やっぱり「本陣」の内容を確認しました。ふむふむ、なるほどー。
それにしても、「本陣」は時代がかわれば予想外になる動機だな、とある意味、感心しました(^^;)

●●まとめ●●
密室よろしくです

Pass :
たみぃ

全体の構想

2019/05/18 (Sat) 19:47:27
こんばんは。ナトホさん。

>三ツ島に入れたいです

おおっと。そうですか?最後まで読んでからダメだと思ったら
遠慮なくハズシて下さいね。とにかく最後まで書きます。
これから書いてみますが、頭の中では一字一句まで出来ていても
とにかく文字にするのに時間が掛かるヤツなんでスミマセン。

全体の構想については私が口を挟むような事ではないと思うので
勿論、お任せします。ここに書いているのはあくまでナトホさんが
自分の整理の為に書いているのだと理解しています。

が、ざざざとしか見てなかった(失礼)のですがその中に
鶏と卵の密室というのがあってどんなのか知らなかったのですが
括弧で(リンゴ密室)と書いてあります。
まさか、あの暖房器具の外した部分の話ですか?
いや、アレは冗談問題で、もしもそれをどんな形で使うにしても
もうちょっとマシな密室の形があります。(既に考え済です)
それも参考にしたうえで取捨選択して下さい。
「親切な泥棒」が書き終わったらそれも続けて書きますね。
(また待たせたら申し訳なし)
Pass :
ナトホ

Re: 親切な泥棒

2019/05/18 (Sat) 10:10:19
ありがとうございます!
面白いです

まだ途中なので、あれこれ言うのもどうか、と思ったのですが、
モチベーションが上がる方向のことを書きます。
(一見、下がるようなことを言われているのかと勘違いするかもなので、上がる方向の話です、と明記します。)

●面白いから、三ツ島に入れたいですー
そう考えた場合の問題点は?

現在三ツ島は以下の6話構成です。
1話デッドポイント
2話アパート+鶏と卵の密室(リンゴ密室)
3話神社+研さんの高校時代の話(部活顧問争奪戦)
4話川(池の話)
5話夕陽
6話民宿(偽刑事の話)

どこに入れるか?
全7話にすればいいだけ

●話は変わりますが、ほぼ会話で進行していくのは今一つと聞いてます。
「泥棒」の場合はまだ下書きではありますが、「謎&解答」の部分はやはり会話中心となりそうです。
しかしながら、本格の場合、たとえば鮎川受賞の「ビリヤード」の話は、ビリヤード場でのやりとりで、「謎&解答」をやってるそうなので、会話が中心でも大丈夫なのかな、とも思えました。
他の話には地の文を入れてるので、調整したほうはいいかもですが、
アパートの場合は、「ダイゴーのこと」をかなり入れることによって、枚数を増やしてます。
ちなみに「泥棒」を字数計算したら、現時点では原稿用紙換算25枚くらいなので、30枚以上は行きそうですね。40枚くらいになるかな?

●ところで、「泥棒」の話は、離婚した母親のことが絡んでるようです。
実は、「アパート」も、離婚した母親のことを絡めました。
謎の根幹を支えるものとなってます。

「三ツ島」では、「二人かと思ったら一人だった」という話と、「一人かと思ったら二人だった」という話が入ってます。
だから逆にもしかして、「離婚した母親」が絡む話が2つあってもいいかも。

そうなると、「離婚した母親が絡んでる」ということが早めにわかる「泥棒」を先にもってきたほうがいいか?
「離婚した母親」のことが絡んでいたのか、と後半でわかる「アパート」との順番が気になります。
「泥棒」も「母親のことがわかるのは」後半ですけどね。
「アパート」のほうが「謎」に深く絡んでるので、「あとのほうでわかる」という感じがします。

●「泥棒」を先に入れた場合は、「アパート」の伏線になるかもしれません。「母親が絡んでいた」ということで。おそらく現状では、「アパート」のほうがややこしい絡み方なんです。

でも、「アパート」の話では、ダイゴーの個人的な情報をかなり入れて書いてるんです。
やはりこれは2話にもってきたいかなー。
それとも「泥棒」は今のたみぃさんの書き方みたいで、いっちゃうとか。
それでダイゴーの個人的なことは、3話に書く。


●「泥棒」を入れた場合は、
1話デッドポイント
2話泥棒
3話アパート+鶏と卵の密室(リンゴ密室)
4話神社+研さんの高校時代の話(部活顧問争奪戦)
5話川(池の話)
6話夕陽
7話民宿(偽刑事の話)

2話と3話で「母親の話」が続いちゃうけど、2つで一つ的な。。。(^^;)
それにアパートの話の冒頭は、「鶏と卵の密室」ですから、間に密室が挟んであるみたいだし。アパートは「密室事件」と見せかけて、「恋愛系母親の話だったー」となってるので、実は2話も伏線っていいかもー。←ほんとにいいのか?

さて、ここで大きな問題が。

●「泥棒」の話を入れるとしたらプロット研のプロットに入れることができるか? です。
プロットに入れたら、5月末提出のものにも入れることになります。

つまり、「泥棒」ありで、「アパート」も書くことになります。そして、「泥棒」もいっしょに提出します。

うーーーーーーーん。
もしかして、めっちゃプレッシャーをかけてますよね。
申し訳ないです。

泥棒なしで、プロットを出して、5月末も泥棒なしでいこうかな。
それで、入れるとしたら、あとで入れる。
ここに書くことによって、あれこれ考えてます。
すみません
Pass :
たみぃ

Re:ミステリ新人賞

2019/05/18 (Sat) 00:01:17
ミステリ新人賞の動きとは関連しない可能性大ですが
「親切な泥棒④」をアップしました。あと1~2回で終わります。
いや~本当に文章を書くのって時間が掛かりますね。
見直しも推敲も全くしていない下書き段階ですら、こんなですから。

>ちくわさんとたみぃさんのおかげで、わたしの作品は「おやじギャグ小説」になりつつあります

どきっ!
まさにその「おやじギャグ小説」なのかも知れない。。。
Pass :
ナトホ

Re: ミステリ新人賞

2019/05/12 (Sun) 10:02:07
B案プロットの件、了解です。

実は知人にB案の話をしたら、
それはミステリの一つのパターンだし、とても面白そうだねー、と言われました。
なので、三ツ島が終わったら、挑戦するのもいいかもです。
一番の問題は、「トリック」ですね。。。
とにかく、数がないと。
多めににあると、その中からピックアップして全体像を考えることができるかも。

それから、いつか、連作じゃない長編にもチャレンジしたいですよねー。
って、それも中心になる「トリック」が必要です。
殺人系だったら、その殺害方法とそれに対するトリックというヤツです。
長編だとやっぱり殺人系ですよね。。。
トリックを考えるのは大変なので、まずはそこを考えてから、他を作っていくほうがよかったりもするみたいです。
B案も結局、謎を揃えてからのほうがよさそうですし。

って、チャレンジしたいなら、自分で考えろよ~、となりそうですが、そこはたみぃさん担当ということで(^^;)

>ナトホさんには迷惑ばっかり掛けてスミマセンです。

とんでもないです。ミステリミッションを続けるのなら、大変なのはたみいさんです。
申し訳ないです。

今後の予定を書きます。

5月
プロット&テキスト締め切り…三ツ島
8月
テキスト締め切り…三ツ島
10月
鮎川…三ツ島
↑ これに出せるかどうか、微妙なところ。
11月
テキスト締め切り…新しい純文系①
12月
太宰…「駅」←5月の締め切り後に、これの改稿をせねば。
1月(もしかしたら12月)
プロット研のプロット締め切り…未定
2月
テキスト締め切り…新しい純文系②
3月
新潮ミステリ…鮎川に出せなかった場合
5月
テキスト締め切り…新しい純文系③
プロット研締め切り…未定
Pass :
たみぃ

Re:ミステリ新人賞

2019/05/11 (Sat) 12:43:15
>なんて難度の高い言い回しなんでしょう!

スミマセン。もっと判り易く書いた方が良かったのですが
色々な意味で失望させるのではと思い・・・本音は

諦めても良いのなら、(喜んで)速攻で諦めます!

です。

>プロット研にB案を出すかどうかは、22日くらいまで

B案は降参です。出せないです。
まだ素振りが必要な段階で挑んだのがそもそもの間違いでした。
でも今、途中掛けの「(仮題)しりとり泥棒」は
何の参考にもならないとは思いますが、最後まで書かせて下さい。

ナトホさんには迷惑ばっかり掛けてスミマセンです。
Pass :
ナトホ

Re: ミステリ新人賞

2019/05/11 (Sat) 09:34:04
>諦めても良いのなら、速攻で諦めます!

わー、なんて難度の高い言い回しなんでしょう!
今、考える能力がないので、来月に~~。

>了解しました。という事は急を要しないという事だと捉えて良いですか。

はい。新しいものをプロット研のプロットに組み込むより、とりあえず今のまま出しちゃってもいいので。とにかく提出が目標です。とりあえず出して、他の形がよければ変更します。プロットは変わっていくものなのであります

>今週末を目標にはしますが。

それはもちろんオーケーです。

プロット研にB案を出すかどうかは、22日くらいまでに決めてくれると助かります。
プロット研に出しても、作品化できてない、もしくはやってない人なんて、たくさんいるので、出したもののあきらめても問題ないです。

「三ツ島」のプロット研用プロットも作っておきます。
プロット研プロットと、実際に書くためのプロットのどこがちがうかといいますと、
実際に書くためのプロットは、自分のためのメモみたいなものなので、人が読んだときに意味不明でもいいのですが、プロット研のプロットは、プロットというより「あらすじ」で、人が読んだときに「わかる」ように作らねばならないし、講師によると、その作品の面白さをアピールでするものでなければならぬ、とのことです。でも実際問題としましては、連作短編にとっては「決められた字数が少ない」ので、その範囲内でどんな話なのかわかるように書くことになります。つまりとっても短く説明することになるので、今、あるものを「実際に書くために詳しく考えなくても」「とりあえずまとめればいいか」という感じなのでありましたー。

なのでたみぃさんもプロットを作るときは、料理と酒の話について触れていたら、字数が足りなくなります。会話も描写もせずに、どんな話なのかざっくり説明すればいいのであります。←逆にいうと、会話や描写を入れてはいけない。結末はきちんと書きます。

わたしは「アパート」に専念しますねー
Pass :
たみぃ

Re:代案

2019/05/10 (Fri) 19:17:58
>B案は諦めたわけではないですよね?

諦めても良いのなら、速攻で諦めます!

>本体のほうは現時点では揃ってますが、この話をラストまで読んでから、3話以降で使えるかどうか、考えたいです。

了解しました。という事は急を要しないという事だと捉えて良いですか。
今週末を目標にはしますが。
Pass :
ナトホ

Re: ミステリ新人賞

2019/05/10 (Fri) 13:11:54
たみぃさん

腰の状態、よくなってるようで、よかったです。

>1時間で書けるのは精々3枚程度。

すごーい。
わたしは、前に時間を見たとき、時速2枚くらいだったかなー。
もちろん、もっと少ない時もあります。
調べたいものが出てくると、停滞しちゃうし。
1日、10枚書けた! やばーい♪
なんてときは、時速3枚くらいは書いてるかも。
でも、それはたいてい、話の後ろのほうですね。
前のほうは書きながら考えてることが多いので、そんなわけにはいきません。
だから心からすごいなー、と思ってます。
(現在、今さらですが、骨折について調べてます)

>それで、早く白旗を上げねばならないと思ったのですが、小説ミッションで短編数が不足しているというのを見てせめてB案で書き始めたのものを三ツ島に書き換えられないか?

ありがとうございます!

それで細かく確認したり、注文?したりしてしまいますが、すみません。

●50枚書くのはやめたとして、プロット研のプロットはどうしますかー?
①教室の書式でB案のプロットを作ってみる?
②プロット研は三ツ島で行く?

●B案は諦めたわけではないですよね?
①時間はかかるかもしれないけれど、たみぃさんがプロットを作る?
②三ツ島みたいに、たみぃさんのプロットに他の要素とかを加えて、わたしも考えて書く?

●三ツ島用短編の件
現在、三ツ島は下記のような感じです(前にも書きましたが)。

第1話「デッドポイント」
第2話「アパート」
・導入部で「リンゴ密室」をベースにした別のエピソード
・「アパートの話」をベースにした別の話
第3話「神社」
・導入部で「部活顧問の話」←データがないので、保存してあったら、ブログの「神社」のコメントにコピペしほしいです。
・「神社の話」をベースにした話
第4話「川」
・トリックが絡んだ導入部はない。
・「池の話」をベースにした話
第5話「夕陽」
・トリックが絡んだ導入部はない。
・「夕陽の話」をベースにした話
第6話「民宿」
・トリックが絡んだ導入部はない。
・「にせ警官」の設定を利用したまったく別の話

4~6の導入部で、トリックが絡んだエピソードがないのは、手持ちのトリック小話がないからです。

とくに第6話は、たみぃさんのアイディアもいただいて、もっとどうにかしたいのですが、いずれにしても、今は「アパート」を考えねばならないので、保留です。

>この後、ブログの方に送ってみます。

読みました。
面白そう~。
ありがとうございます

しかしながら、ここで問題があります。
これは、導入部で使える小話系なのか?
本体で使ったほうがいいのか?

本体のほうは現時点では揃ってますが、この話をラストまで読んでから、3話以降で使えるかどうか、考えたいです。

もし使わなかったとしましても、アイディアは別の場所でも活かせますので、考えてくれるととても嬉しいですー。

こういうアイディアが溜まれば、B案が成立すると思えます。
(もともとB案のために考えた話ですね。)

5月末までは、三ツ島に集中します。とくに「アパート」です。
プロット研のプロットも「三ツ島」を出す場合も、今あるもので、作ります。
あらすじと登場人物などで最大A4で2枚です。
タイトル、テーマ、登場人物と、1話と2話ですでにA4で1枚になってしまいました。
残りの3~6話はA4でまとめねばなりません。少し長くなってしまった2話の場合も、導入部の小話にはまったく触れてないのですから、残りに費やせる字数はほんのわずかです。なので、詳しい内容を考えられてなくても大丈夫そう。それにプロット研に出すだけですもんね。

引き続きたみぃさんがミステリミッションをやっていただけるということでしたら、B案のほうかなー。
上に書きました通り、
プロット研をイメージしてプロットを作るか、
好きなように「謎&解答」を考えるとか?

この「謎&解答」は無駄にはなりません。
現在の「三ツ島」も、他の機会に考えてくれた「謎&解答」をかき集めて、どうにかしようとしてるところです。

「アパート」を提出したら、他の「三ツ島」のことや「B案」について相談できると思います。
Pass :
たみぃ

Re:ミステリ新人賞

2019/05/10 (Fri) 01:47:58
ナトホさん、こんばんは。
こちらで返答してしまいますが、腰の状態はよくはなっているのですが
座る姿勢が苦痛でなかなかPCの前に長くはいられません。
それでも兎に角、50枚を書いて体感してみようと始めたのですが
腰と根気の問題で全然ダメでした。(腰が治ってもダメだと思います)
この3日くらいに少しずつ書いてみて(9枚しか書けなかったけど)それで判った事は1時間で書けるのは精々3枚程度。一日のトータル時間が1時間ほど。その時間あたり3枚というのも、考え無しに体裁も整えず、書き殴っただけの文章です。これでは全く無理でした。
それで、早く白旗を上げねばならないと思ったのですが、小説ミッションで短編数が不足しているというのを見てせめてB案で書き始めたのものを
三ツ島に書き換えられないか?それで三ツ島の短編の選択肢を増やせ無いかという事です。
簡単に言ってしまえば、B案の挫折を三ツ島の短編提案で穴埋めさせて貰えないだろうか?という事です。
それで本日、三ツ島用に書直し始めました。まだ途中ですがミステリのジャンルで言うと「暗号系」です。この後、ブログの方に送ってみます。
Pass :
ナトホ

たみぃさん

2019/05/09 (Thu) 21:59:10
現在、プロット研用の三ツ島のプロットを作成中です。
第1話「デッドポイント」は書きました。
すでにある作品なので、ちょっと長くなってしまい、「削らねば」と思ってるところです。
第2話「アパート」
これは本文を書いて5月末のテキスト締め切りに出す予定で、エピソード表を書いたら、これもまた長くなってしまいました(と言いましても、原稿用紙換算7枚くらいなので、50枚書けるかどうかは引き続き不安です)。これからあらすじを短くまとめます。
第3話「神社」
第4話「川」
第5話「夕陽」
第6話「民宿」
この4つのプロット研用プロットを作るより、「アパート」に取かからないとヤバい。
というわけで、「アパート」のあらすじをまとめたら、それを書き出します。

たみぃさんのプロットが、もしも無理そうだったら、お知らせください。
そしたら、三ツ島の残りのプロットを作りまーす。
Pass :
ナトホ

ちくわさん

2019/05/09 (Thu) 21:41:57
三ツ島酒店の第2話をそろそろ書こうと思ってます。
これは5月末提出なのですが、台詞の翻訳をちくわさんにお願いしたいです。
でも、まだ書き始めてなーい。
現在、プロット作成中。

ちくわさんの今月のご予定はどんな感じでしょうか?
もしも無理そうでいざとなったら、第1話を読み直して、語尾とかをちょっと加工してみようとは思いますが、できればプロのかたに。。。すみませーん。
Pass :
ネズミ

Re:ミステリ新人賞

2019/05/08 (Wed) 20:05:27
ナトホさんちくわさんこんにちは。

返信を読ませて頂いて、“ハイエース”にお二人とも反応してらして、(ハイエースって割に「強い」言葉なんだ!)、と感心しておるところです。おもしろい発見です。
“プリウス”なんかもそろそろ力を付けてきている気がします。
プリウス→ご年配の方が運転を誤る車、コンビニに突っ込む車…
という。引き連れるイメージがある、まとう印象がある。
プリウスをプリウス以上の言葉にしつつある、という。この車の場合は悲しいものですけれど。

競馬も専門用語いっぱいですよね。
末脚なんて好きです。

それにしてもジョージ・マッケンジー(笑)
すんごい強いわこれ!

Pass :
匿名ちくわ

Re: ミステリ新人賞

2019/05/07 (Tue) 16:57:11
こんにちはネズミさん。

ちくわこないだテレビ観てたら「タイラバ」という言葉にぶちあたりました。
釣り番組です。
疑似餌の一種のことらしいのじゃが、見たことも聞いたことも無いものでしたよ。出演してる元野球選手ジョージ・マッケンジー(城島健司)がやね、「こんなもんで魚が釣れるとは思えないけど、釣れるんだよなー」って言ってて、もしかしたらかなり新しいものなのかもしんないな思いました。
ラメ入りの眼玉のおやじみたいのにやね、ゴムの短冊みたいのがいくつか下がっていて、仙台の七夕祭りのアレみたいなやつでした。
「魚はこれ、なんだと思ってるんでしょうね」
そうね、なんだと思ってるんじゃろ。

ちくわはいま釣りをしていないので、いろいろと疎いのじゃけれど、あの世界も専門用語っていっぱいあるよね。
それぞれの説明の塩梅は判らないですけれど、小出しにしてなんとなく読者に分かるように書くのがいいのかなって思っています。(知らないやつはほっとけ、ってスタンスも好きですけれど)


ところでじゃ、ハイエースは日本で盗まれやすい車種で、五本の指に入るらしいよ。めっさ盗まれてるらしい。
きっと世界で人気なんじゃと思います。なのでもしも買っちゃうならば防犯を十分にしてくださいね。
Pass :
ナトホ

Re:車

2019/05/07 (Tue) 08:56:06
ハイエース!
次に購入するときは、座席が三列になってる車もいいなぁ、と思ってたんです。

ハイエースは、もっとプロっぽい感じなのですね。
DQNと呼ばれる人が乗る車などという偏見があるなんて知りませんでした。
脚立でも積んでそうですけどね。
いろいろなものを積めて、楽しそうです♪

子供のころ、バンの荷台に布団を敷いて寝ていたことがあるので(移動中)、車の中で寝るのも楽しそうだなー、と思っちゃいます。

>車小説で新人賞かぁ…

ミステリミッションのスレに書いてるので、事件が起きるのでしょうか?
面白そうです。
(もちろん純文系でもいけそうですが。)

おっと。
書き込みありがとうございます。
再会できて嬉しいです
何かご希望のものがありましたら画像添付してください。
アイコンとして登録しますー


Pass :
ネズミ

Re:ミステリ新人賞

2019/05/06 (Mon) 19:17:48
新しくゲーム機を購入し、レーシングゲームにはまったことがきっかけで、車そのものに夢中になっておるここ数ヶ月です。ゲーム内では自分の購入した車(レースに勝つごとに得られる賞金で買う。フェラーリP4、20億、ひゃ!)を好みにセッティングできまして、馬力やトルク、車重、車高、サスペンション、タイヤ、変・減速比等々、より良い、より速い車にチューンアップしていきます。しかしながら車の構造を知らないと中々バランスの良い車両に仕上がりませんで、そこから自動車の仕組みを解説した本を買ったり、自動車メーカーに資料請求したり、中古車情報誌買ったりしてスペック表(総排気量何cc、直列何気筒、6速AT云々とかいうあれです)から車の性能を読み取れるように勉強して楽しんでます。

ふと、車の魅力が存分に描かれた小説はないものかと色々検索なんかもしてみたんですが、案外ないものでして。だったら自分で書いてやれ、なんてね(笑)
検索する中で『小説家が書いたカタログ』という読み物があることを知りました。ボルボが企画したもので、90シリーズに焦点を当てた短編小説を五人の作家に書いてもらうというもの。それを文庫本の形にして、各店舗で配布するという。ただしこれは二年前の企画でして、ボルボのショールームに問い合わせましたら案の定「もうございません…」と…。残念。ますます自分で書いてやれ、なんてね(笑)

しかしここに書いた車に関する用語、言葉をね、関心のない(わからない)人にでもおもしろく読ませるようにするには、ってね思うわけです。

中学一年生の夏休み終わりギリギリに、宿題の作文をあわてて書いたことがあって、それは父と海釣りに行った話でね、ほんとに間に合わせの為だけに書いたような急拵えの作文で、何ヵ所も出てくる釣りの専門用語にほとんど説明をつけない不親切なものだったんですが、
「すごく良いよ、釣り用語がたくさん出てきて、そこがすごく良いよ」
国語の女の先生に褒められて、文化祭の作文コンクールの学年代表の一人になって、そのまま上の学年の人達おさえて一等をとりました。

この経験があるから、専門用語に説明は必ずしも必要じゃないんだろなぁって感覚がいまだにあって(専門用語自体に言葉としての力・魅力がある場合がある、というようなね)、それが正しいかどうかはよくわかんないんですが、なんかね、どうにか車離れの若者に届くようなね、なにかやってみたいなぁって思ったりしてます。

ちなみに実生活ではクロスビーという車を買うことにほぼ決まってたんですが、他のが欲しくなってしまって保留、まだ買い換えてません。というのもハ、ハイエースが欲しくなってしまって、とても、ええ、自家用車として(笑)
しかし色々調べてみると、あまりイメージの良い車ではないらしいですハイエース(いわゆるDQNと呼ばれる人が乗る車などという偏見が!)、このイメージ払拭にも一役買いたいなぁ、とてもいい車なのに 。

「だーかーらぁ、なんで家の車がハイエースなん? 脚立でも積んでドライブ行くん? あかん!」
ま、まずは女房の頭から あれは仕事用の車 というイメージを取っ払わねばなりますまい…
(いい車なんだぞぉ)


車小説で新人賞かぁ…
Pass :
Name
Mail
URL
icon
99
Pass
*編集・削除用(任意:英数字4~8文字)
Subject
絵文字
画像添付
[ e:349][ e:442][ e:446][ e:454][ e:456][ e:786][ e:451][ s:472D][ s:472E][ s:4731]
[ e:731][ e:732][ s:4740][ s:4741][ e:51][ e:265][ e:266][ e:262][ e:267][ s:453D]
[ s:4F34][ s:4532][ s:4F32][ e:45][ e:219][ s:4F62][ s:4540][ s:4763][ s:4766][ s:4767]
[ s:476A][ s:4769][ s:476B][ s:4768] [ s:476C][ s:476D][ s:4538][ s:504E][ s:473E][ s:473D]
[ s:4F2D][ e:263][ s:5151][ s:4526][ s:4528][ s:452B][ s:4775][ s:453C][ s:453A][ s:453B]