ナトホ

ミステリ新人賞2

2019/12/31 (Tue) 15:47:48
1月末日 江戸川乱歩賞(講談社)350~550枚/30字×40行で115~185枚
2月末日 アガサ・クリスティー賞(早川書房)300~800枚
3月31日 新潮ミステリー大賞(新潮社)350枚以上
3月31日 ミステリーズ! 新人賞(東京創元社)30~100枚
5月10日 ばらのまち福山ミステリー文学新人賞(原書房・講談社・光文社)350枚以上800枚
5月10日 日本ミステリー文学大賞新人賞(光文社)350枚から600枚
5月31日 「このミステリーがすごい!」大賞(宝島社)40字×40行で100枚~163枚
9月30日 横溝正史ミステリ&ホラー大賞(KADOKAWA)40字×40行で50枚以上175枚
10月31日 鮎川哲也賞(東京創元社)360~650枚/40字×40行で90~162.5枚
11月30日 小説推理新人賞(双葉社)80枚以内
Pass :
たみぃ

Re:

2020/08/03 (Mon) 12:09:42
はい。お客様

ショートショートたくさん。ですね

『かしこまりー!』


ってそんなに簡単に受けちゃっていいのか自分?

『かし困り~』 にならなければいいんだけども。。。
Pass :
ナトホ

Re: ミステリ新人賞2

2020/08/02 (Sun) 15:08:41
純文ミッション期間に入りましたが、
ミステリは今後も目指したいと思ってます。

次は長編だ と意気込んでましたが、無理だわー、と思ってるところです。
ところで、たみぃさんのジャングルジムの話は、そのうちぜひ書きたいと思ってます。
スクランブルもどうにかしたいです。

ジャングルジムみたいなトリッキーなものはもちろん、不思議な出来事がある「謎」タイプとか、またいろいろな面白い話を楽しみにしてますので、よろしくお願いいたします。
ショートショートでいい、というか、ショートショートを楽しく読みたいです

長編にチャレンジする場合は、連続殺人系かな
同じ犯人だと思えるのに、繋がりがわからない、とか。
別々の事件かと思っていたら、繋がっていた、とか。
そういう感じですね。警察モノになっちゃうかな
一つの場所で、事件が起きる というのでもいいけど、
クローズドサークルは難しい

それでもこれはいつかチャレンジしてみたいですよねー
↑ なぜか同意を求めてる

Pass :
ナトホ

Re: スクランブル

2020/05/22 (Fri) 02:28:42
ええと、こういうタイトルだったんだなぁ、と思ってるところです。
この話のどこが気になるか、ということを思い出して書きます。

>あと、わたしがあまり乗り気に見えなかったかもしれませんが、そうでもないんです。
その件については、またゆっくり書きますね

まずとても気になったのは、主人公男の動機です。
ざっくり言ってしまえば、
「振られたのにしつこいぞー!」
世の中では、振られた男が諦めきれずに相手の女性を殺してしまう事件があるじゃないですか
この場合、実際にはやってないのですが、ほぼそういう話なので、主人公に対して、「おまえなぁ」と思ってしまいます。
最後にひどい目にあうから、そういう男でもいいか、とのことなのかもしれませんが、ずっとその男の視点で読むことになるので、つまり感情移入するとしたら、主人公であるその男になると思えます。「おまえなぁ~」と思うばかりで感情移入できないです。。。

それから、そんなことする女には頭に来て当然! という感じになってるようにも思えるのですが、やりたいことやって、いい想いをしたんだからいいじゃん! と思ってしまいます。
女性のことをほんとうに想っていたようには感じられません。

じゃ、一方、そんなことをする女性のほうはどうか、と言いますと、
ちょっとその後の展開は忘れてしまったのですが、
男二人と同時に付き合う状態のところは、そのようなことをする心理をうまく書けたら面白そうだな、と思いました。

そう考えると、上記の男のほうもうまく書くと、面白いかも。
問題は、誰に感情移入するかですねー。

しょうもないけど、案外いいヤツ的に書ければ、その男に感情移入できるかな?
もっとも、ミステリーの場合は、複数視点のほうがいいのかもしれませんが、
いつも一視点で書いてるので。。。
それに、この話の場合も一視点でやったほうが面白いかな

などと考えてたら、面白いという気持ちが高まってきました。
しかし途中の方法や展開は忘れてまーす。
読めよー、とも言えますが、教室のほうの作品を読んだり、講評の動画をみたりして、ズームをやらねばならないので、それが終わってからにします。
それと、純文ミッションやっていたので、エンタメミッションに入る前に、ミステリーでも読みます。
図書館から借りてるヤツから片付けるとすると、連作短編なんですけどー

あっ、そうだ。
「三ツ島」も書かなくちゃ。
でも、現在、世の中は「コロナの世界」になってますけど、
「三ツ島」はコロナなしの状態です。どうしようー


Pass :
ナトホ

Re:スクランブル

2019/12/31 (Tue) 18:36:27
この話「スクランブル」で長編は難しい、と書いたのは、あくまでも「新しいものを足さない場合」です。
そのアイディアをもとにして、いろいろと足せば、長編にすることも可能かもです。
ただ、たみぃさんが、これでどのくらの量になるか知りたい、ということだったので、難しいと答えました。

でも、たとえば、アキ子の動機の部分だけでも、そこを深く考えていくと、長編になりそうでもあります。そうなると、たみぃさんがイメージしていたものとは別のものになります。だから「量を知りたい」という質問から逸れてしまいます。

あと、わたしがあまり乗り気に見えなかったかもしれませんが、そうでもないんです。
その件については、またゆっくり書きますね
Pass :
ナトホ

Re:思い付きを伝える方法

2019/12/31 (Tue) 18:28:00
すごいなぁ
ぱぱぱっと考えちゃうなんて。

>『意識不明下で第二自分と闘って意識取り戻す』

おおーー
どんな話なのか、よくわかります

>何とか100字に~
>これをしたらナトホさんに全体のプロットが伝わるかな?

すみません。これはプロットを伝えるのではなくて、まずはどんな話なのかを伝える方法であります

>上の100字だけで私が思いついた話をナトホさんが物語として再構築できますか?いや、できるのかも知れません。

できるとは思います。

>でも違う方向性の話になってしまっても不思議じゃない気がする。

はい。別の話にはなると思います。
それじゃ意味がないのでは と思うでありましょうが、
どんな話なのか というのと、どんなプロットなのか
というのは、現時点では別と考えてください
文庫本の裏表紙とかに、本の内容が書いてありますよね。
それみたいなものです。
タイトルや表紙にひかれて本屋で手にとり、そこを読んで、なるほど、こんな話か、と思い、表紙をめくって冒頭を読むかどうかを決めるっという分岐点となります
有名な作家さんだったら、その名前が重要でありますが、新人の場合は厳しいです。まず看板にできるのは、〇〇賞受賞作ですね。

書く側で考えると、よし、これで書くぞ ということになったら、もっと詳しく考える

100字でまとめた時点で、すでにもっと詳しくは考えてるはずですけどねー。
ところで申し訳ないお知らせがあります。

この短いアピール文、100字じゃなくて、200字でしたー
プロット研究会に提出する資料でもあるのですが、もともとは某作家さんが、編集者さんに次の作品について話すとき、200字くらいで話のPRを書いて見せると言っていたところから、よーし、それも提出資料にしよう、ということになりました。

というわけで、200字くらいにまとめたPR文なので、プロットとはちがいます。

で、今回の話についてのわたしの個人的な感想なのでありますが、
>『意識不明下で第二自分と闘って意識取り戻す』
という時点で、すでに難しそうだな、と思いました。
書くのが難しいのではなくて、その話で新人賞を突破するような話にするのが、難しい、と思ったのであります。
たみぃさんも、公の場所であるここに書いたのですから、それは意識してる。つまり試しに書いてみたくらいではないか、と思うのでありますが。
なんで難しいと思ったのかといいますと、そういう作品は過去にたくさんあるだろうし、現在進行形でもあれこれアップされてるような話なのではないかと思えるからです。
なので、一つのジャンルとして考えてみます。
そのジャンルの中で、抜き出ることはできるのか
そういう勝負になってきます。

そして、100字のほうを読むと、

「意識を失った少年の内的世界での会話による推理」を長編で読むのは、驚愕の結論と記憶喪失によりリフレインなどがあったとしても、なかなかきついだろうなぁ、と感じました。それを面白く書くことができればすごいけど、夢系の話でもあります。もちろん、こういうタイプの話でとても面白い作品もあるとは思います。しかしそれはすでにある作品です。それらを超える面白さとか、こんな話を読むのは初めてだ と思えないと厳しいし、そもそも会話のやりとりで話を進めて、しかも面白い、というのは難しいです。
そんなふうに思いました
Pass :
ナトホ

思い付きを伝える方法byたみぃ

2019/12/31 (Tue) 16:15:16
前スレのたみぃさんのコメントをコピペしてます
*********
>>長編の思い付きを簡単に伝える方法ってありませんかね?

>ありまーす

おっ!そうですか

>まず、どんな話なのか20字くらいで言います。

え!でも一応、やってみよう。
まずは新しい話を思い付きます。
(思い付きだけは早いのです)
で、なるべく短く書いてみる。
だーー!軽く40文字になってしまった!
無理して20文字にしてみる。

『意識不明下で第二自分と闘って意識取り戻す』

何のこっちゃ? 第二自分?
「意識不明状態で出会うもう一人の自分」を無理やり短くした結果です。

>それから、100字くらいで話の内容を説明します

帯は飛ばして100字ならどうかな?5倍あるから・・・
半分も説明しないうちに100字オーバー!!
これも無理やり100字にしてみる

『意識を失った少年の内的世界での会話による推理と驚愕の結論。
しかし一定時間経過後、記憶はリセットされ、阻害要因の自分を
排除出来ない。だが医師による外的措置が影響を及ぼしリフレイン
からの脱出に成功する』

何とか100字に~

>そういう意味の質問ではなかったかな

うん。多分、認識のズレがありそう。
これをしたらナトホさんに全体のプロットが伝わるかな?
上の100字だけで私が思いついた話をナトホさんが物語として
再構築できますか?いや、できるのかも知れません。
でも違う方向性の話になってしまっても不思議じゃない気がする。

大筋を汲み取って長編作として書けそうですか?
Pass :
ナトホ

Re:スクランブル

2019/12/31 (Tue) 16:08:08
>コレは惜しくもないので捨てましょう。
>人に聞くより一度、長編の分量の枚数を何でもいいから書いてみろって話ですよね。

せっかく考えたので、何枚くらいになるか書いてみたらどうでしょう

>長編の思い付きを簡単に伝える方法ってありませんかね?

ありまーす

まず、どんな話なのか20字くらいで言います。
それで面白そうだったらすごいです。

それから本になったときの帯に書かれるような言葉を考えます。
手にとってみたくなるようなことだったらすごいです。

それから、100字くらいで話の内容を説明します。この話の売りは何だということがわかるように書く。
とりあえずは、そんな感じであります。


ハリウッド映画のシナリオの書き方という本があるのですが、その中にこんなことがありました。
エレベーターでたまたま映画のプロデューサーといっしよになって、「今、どんな話を書いてるの?」と運よく訊かれたとき、そのプロデューサーが目的の階で降りるまでに、「こんな話です」と話すことができないと聞いてもらえない。時間内に聞いてもらえて、面白そうだ、と思ってもらえないとダメです。

プロデューサーに話す必要がなくても、長編の思いつきは簡単に伝えるられることが重要なようです。短く語らないとどんな話なのかわかりにくい。もしくはわからない。ばっと聞いてどんな話なのか把握してもらえるのがいい。それで面白そうだと思ってもらえたら、細部を固めていくのがいいのかも。
(できてないですけどねー)

そういう意味の質問ではなかったかな

そうそう、それと、映画の「ログラインのテンプレート」というのもその本にあったので、参考にしてみてください。

≪静止――死≫の瞬間に≪瀕して≫、≪欠点を抱えた主人公≫は≪第一ターニング・ポイント≫へと入っていくのだが、≪ミッド・ポイント≫に来ると、彼/彼女は≪提示されたテーマ≫を学ばなくてはならない、すべてを失う前に。

≪瀕して≫はストーリーの始まりのとき、主人公がどこにいるのかを示している。往々にして彼は結末に到着する場所とはまるでちがう方向に進む。この便利なフレーズはまた、何が彼の問題なのかも設定する。

≪静止――死≫については後に検討することになるが、現時点では映画の前半で主人公が自分の人生に何かが欠けているのではと疑う瞬間、と心得ておけばいい。変化が必要であることをほのめかす、感情面のスターティング・ポイント。

つまり、
●主人公が物語のスタートの時点でどんな状況にいるか
●どんな「欠点」を抱えてるのか←これ重要

≪第一ターニング・ポイント≫というのは、事件が本格的に始まるところと考えるといいのかもです。それまでの状況から大きく変化するところです。


確か、ミステリー映画もこのログラインの例として書いてありましたが、そのメモはないです。わたしが参考にメモしたのは映画の一つは、「エイリアン」です。

通常任務を終え、地球へ帰ろうというときに、ルール至上主義の航海士は未知のエイリアンを宇宙船に入れてしまうが、不気味な生物がクルーのひとりを殺し、どんどんパワーを増し始めると、乗組員全員が死すべき運命に呑み込まれるのを回避するため、彼女は言われたことをやるのではなく、適切な判断を下し行動しなくてはなくなる。


たみいさんの話に当てはめると、
①どんな状況(未定)にある、➁どんな欠点(未定)のある主人公が、契約彼女に振られたとき、彼は③〇〇のためにこうせねばならなくなる。④△△になってしまう前に。

現状では、①~④のポイントがない状態で細部を考えてくれてます。
もしかしたら、①~④をうまく決めることがてきれば、もっと面白くなるのかもしれないです。
そんな風に思いました

で、おまえは、コレできてるのか と訊かれると、難しいでーす、とお答えします。でもこのテンプレートを意識して、話を考えてみたりもしてます。

もちろん、これがあれば話を書けるというわけてはないですが、背骨にはなりそうであります。
試しに考えてみてください。
たみぃさんだったらできそうです
Pass :
ナトホ

スクランブルbyたみぃ

2019/12/31 (Tue) 16:03:28
前スレのたみぃさんのコメントをコピペしてます
*********
え~と、動機は非常に弱いです。そこは相当補強が必要です。

>ミステリかサスペンスか

ご指摘の通り、お話の着地点がサスペンス手法です。
本格ミステリかどうかであれば明らかに違いますね
広義のミステリとなれば該当すると思います
例えが大き過ぎて恐縮ですが、鮎川賞だと大きくはずれたボールで
乱歩賞なら迷う事無くストライクのコールを貰えると思います。

まあ、でも思い付き段階ですので細部は考えてないですし、
矛盾を生じる点も多々ありそうです。
コレは惜しくもないので捨てましょう。

>長編は難しいと感じました

質的ではなく、量的にも不足なんですね。
素案では全く触れませんでしたが、シキナがアキコにアプローチして
内情や企みを知るとか、最後の結末の為の「材料提供」をするシーンも必要です。それでも紙幅不足だとすると、長編ってホント大変!
まあ、人に聞くより一度、長編の分量の枚数を何でもいいから書いてみろって話ですよね。

ま、また何か思いついたら連絡します。
そうやって沢山、候補を出せば何か引っ掛かるかも知れませんので。
(ヘタな鉄砲を数打つ)

長編の思い付きを簡単に伝える方法ってありませんかね?
Pass :
ナトホ

Re: すごーい

2019/12/31 (Tue) 15:59:42
ありがとうございます!
さっそく拝読させていただきました

すごいなぁ
よくこんなにも話を考えることができますね。
感心しました。
で、質問の件につきまして、こちらに書きます。

>これで質・量を聞こうと思ったのが最初の動機でしたので、長編となり得る量を内包しているか教えて下さい。

このあらすじに(新たな要素=別の事件とかを加えずに)肉をつけていくことによって、わたしが頑張って書く、と考えると、長編は難しいと感じました。
他のかたがどう感じるかはわからないです。

で、質につきましては、質というより素朴に疑問を感じた部分があります。
それは、これはミステリーだろうか

たみぃさんが、本屋でこの本を購入し、この話を読んだとき、ミステリーだと思いますか
たくさんのミステリーを読んでるので、お聞きしたいと思いました。

わたしはどちらかというと、サスペンス系 と感じました。
ミステリーもサスペンスでもどっちでもいいのかもしれませんけれど。

わたしの場合、ミステリーは、謎なり事件なり問題があって、探偵役がその答えを探していくという形をとるのではないか、と感じてます。
探偵役は、探偵とか刑事とかでなくても、一般市民の場合もあると思います。
その探偵役が、巻き込まれる形となる場合もあります。
被害者になりそうになったり、加害者になりそうになったりもする場合もあると思います。
それでも基本的には、「謎なり事件なり」を解決しようとする形をとると思うのであります。
それで、今の話の形だと、「謎なり事件なり」は何だろうか と思いました。
最初に事件らしきものが提示されますが、そのあとは過去に遡りそこに至るまでの話になります。そういう形の話はあるとは思うのですが、現在の形ですと、そこに戻るまでのところはミステリーというより、事情の説明という形になってると思います。あらすじだからしかたがないかもしれないけれど、肉付けしたとしても、ミステリーというよりは恋愛系話になってます。それは動機の部分になる土台を描いているとしましょう。
その先はどうなるか
主人公たちは目標に向かって進んでいきます。
どうやってその目標を達成するか、という話であります。
そしていよいよ目標を達成しようとしたときに、「できない」という状況に陥り、さらに困ったことになりました。
それは「こういう理由だったから」とわかります。

読者が答えを知りたいと思う謎の提示は、「できない」という状況に陥ったときに、「どうしてこんなことに?」という形で提示され、肉付けしたとしてもすぐに事情がわかります。
つまり謎や事件や問題を解決する方向の話ではなく、
目標(犯罪)をどうやって達成するかという話です。
ラストで失敗したところで、なぜ というのは出てきますけど。

というわけで、ミステリー(推理小説)ではなくて、サスペンスなのかなと思いました。

で、サスペンスでもいいじゃないか、と考えた場合、サスペンスだと、ハラハラドキドキ系になるのではないか、と思うのでありますが。

そんなこと、ほんとにやっちゃうの という意味ではハラハラしますが、主人公に感情移入して、ハラハラするのは難しいと思いました。
うまくできるかな という心配はあるかもしれないですけど、主人公はとくにピンチになってない。あきらめきれないっていうのはサスペンスのピンチとはちがうとも思います。個人的には、ピンチがないとサスペンスだと思えないのであります。ラストではピンチですが。そうなると、むしろそのピンチをどうやって切り抜けるか、という話のほうがサスペンスになるのかも。そうか。それで意外な展開と謎とどんでん返しの解決があれば、ミステリにもなるかもしれないですね。

ところで、一番の疑問点は動機だと思いました。
主人公がどうしてそんなことをしたのか 
という点につきましては、最初の部分で書いてるとは思います。
そういう動機で、そのようなことをする人に感情移入できるかというと難しいところではありますが、そこより気になるのは、アキ子さんがなんでそんなことをしたのか、という部分です。
まず、そこが知りたいな、と感じました。
恋愛系の動機なのかもしれないですが、
この事件のもとになっているところなので、知りたいです。
まだ考えてないだけだとは思いますが。
もしかして、そんなに重要なところではないと考えてるかもしれないな、とも思いました。
でも、すごく気になりました。

ああだこうだと書きましたが、
こんなに考えちゃうなんて、ほんとにすごいと思ってます
Pass :
ナトホ

Re:ミステリ新人賞2

2019/12/31 (Tue) 15:54:50
新しい話題を、こちらにコピペして、続けます。

そんなモンの件byたみぃ
一応、書いてみました。長編用なのでなるべく骨組みだけを箇条書きしようと思ったのですが、上手く書けず、結局、後半はいつものように物語風に最後まで書いてしまいました。
いつもの事ですが思い付いてから段々ツマラナク見えてきて、アップしようかどうか迷いました。
とても長文となってますので自分の方(FC2の雑談室・要パスワード)
に載せました。
時間があったらで結構ですのでサイトを覗いて下さい。
読むかどうかは勿論、お任せします。

もし、読んだならこれで質・量を聞こうと思ったのが最初の動機でしたので、長編となり得る量を内包しているか教えて下さい。
質については辛口で斬り捨てて下さい。ノーコメントでも勿論良いです。

尚、今回の案は「普通の場所で普通の人が起こす普通のミステリ」です
コンテストには不向きだという自覚はありますが、今の時点で
専門的な人物像を用意できない
正しい警察の動きが判らないので警察を出さない
また、
特殊な状況下も避けた
非現実的な設定も避けた
ので、普通のタイプのミステリ素案です。
Pass :
Name
Mail
URL
icon
99
Pass
*編集・削除用(任意:英数字4~8文字)
Subject
絵文字
画像添付
[ e:349][ e:442][ e:446][ e:454][ e:456][ e:786][ e:451][ s:472D][ s:472E][ s:4731]
[ e:731][ e:732][ s:4740][ s:4741][ e:51][ e:265][ e:266][ e:262][ e:267][ s:453D]
[ s:4F34][ s:4532][ s:4F32][ e:45][ e:219][ s:4F62][ s:4540][ s:4763][ s:4766][ s:4767]
[ s:476A][ s:4769][ s:476B][ s:4768] [ s:476C][ s:476D][ s:4538][ s:504E][ s:473E][ s:473D]
[ s:4F2D][ e:263][ s:5151][ s:4526][ s:4528][ s:452B][ s:4775][ s:453C][ s:453A][ s:453B]